125件中 61 - 70件表示
  • アンディ・オロゴン

    アンディ・オロゴンから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    アンディ・オロゴン(Andy Ologun、1983年6月11日 - )は、ナイジェリアの男性元プロボクサー、キックボクサー、総合格闘家、タレント。オヨ州イバダン出身。キックボクサー時代は加藤督朗の指導を受け、K-1ミドル級王者アンディ・サワーからダウンを奪うなどの活躍を見せた。その後、プロボクサーに転身した。タレント活動も行っており、兄ボビー・オロゴンとともに『いきなり!黄金伝説。』などのバラエティ番組に出演するなどしている。アンディ・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • サタハピ しずおか

    サタハピ しずおかから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    亮のシズオカレンダー - ロンブー亮が県内各地で農業・漁業の体験をする。事前収録。2017年8月7日には特別番組『サタハピSP 亮のシズオカレンダー?真夏のゴールデン祭り?』(ゲスト:ボビー・オロゴン、椿鬼奴)が放送された。サタハピ しずおか フレッシュアイペディアより)

  • 新春かくし芸大会

    新春かくし芸大会から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    再放送では特別チャレンジ演目に出演したボビー・オロゴンが所属事務所内で暴行事件を起こしたことを受け、ボビーの出演部分をカットすると共に当時放送した3局の番組表ではボビーの名前などを省略した。新春かくし芸大会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤麻美

    佐藤麻美から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    カラオケの十八番は岩崎良美の「タッチ」 。「魅せられて」や「愛が生まれた日」も良く歌う。得意なモノマネはボビー・オロゴン と真矢みきだが似ていないと評される。佐藤麻美 フレッシュアイペディアより)

  • ボビー

    ボビーから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴン - ナイジェリアのタレント・格闘家ボビー フレッシュアイペディアより)

  • オリキュン

    オリキュンから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    第二回:安田(転校生・ボビー・オロゴンオリキュン フレッシュアイペディアより)

  • シリル・アビディ

    シリル・アビディから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2004年12月31日、『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』ではボビー・オロゴンと対戦し、0-3の判定負け。当初ボビーの対戦予定であったマイク・ベルナルドが首の負傷により欠場し、代理出場となった。シリル・アビディ フレッシュアイペディアより)

  • 石井綾子

    石井綾子から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    九官鳥、ボビー・オロゴンのマネが得意である。石井綾子 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2回目ではマリオ完全攻略に挑戦。ゲームオーバーの人は罰として辛いキノコ料理から1品食べる。途中から観客の手も借りながら進んでいったが、罰ゲームの強さが観客と自分とで強さが異なることにキレたボビー・オロゴンが暴走。配線を切ってしまったため強制終了となり、他の出演者から抗議が殺到した。実際には強制終了直前にボビーがファミコンの配線に手を触れていたため他の出演者がファミコンをプレイ中に画面が真っ暗であることに気付き犯人を探したら犯人がボビーであることが判明した。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • K-1

    K-1から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2003年に谷川貞治がK-1プロデューサーに就任して以来、曙太郎などの身体が大きくて実力よりも話題性のある選手やボビー・オロゴンなどのタレントを参戦させるなど、K-1をスポーツ競技として発展させることよりも目先の視聴率を優先して、実力よりもキャラクター先行の色物選手を優先した『谷川モンスター路線』が始まった(詳細は谷川貞治の「谷川モンスター路線」の項を参照)。なお、モンスター路線開始当初は一般層への話題性もあって高視聴率を獲得した。K-1 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード