102件中 81 - 90件表示
  • いきなり!黄金伝説。

    いきなり!黄金伝説。から見たボビーオロゴンボビー・オロゴン

    2010年12月30日放送分でも、昨年同様、東西南北へ行ってサバイバル生活を行った。今回は,南がオードリー,西がタカトシ,北が新たに参戦したU字工事,東がブラマヨ,そして,田中は中央という分かれ方で,それぞれのチームの助っ人として、ミッツ・マングローブ、安田大サーカス・HIRO、楽しんご、ボビーオロゴン、叶姉妹(すぐに帰ってしまい,はんにゃに変更された)が登場した。ちなみにオードリー以外は全員助っ人を呼んだが,オードリーだけは何故か最後まで呼ばなかったので3日間合流もできずに待機していたミッツがラストにクレームをつけに来てしまった。いきなり!黄金伝説。 フレッシュアイペディアより)

  • 改名

    改名から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    日本への国籍変更の際に一般的な改名の方法は、自分の姓に適当な漢字を当てる方法である(例:ツルネン・マルテイ(弦念丸呈)や三都主アレサンドロ、クロード・チアリ(智有蔵上人)など)。その他、元々日本風の苗字を持っている日系人の場合は、それをそのまま使う方法がある(例:田中マルクス闘莉王など)。また二重国籍者の場合、日本人の親の姓(婚姻により姓が変更されている場合は旧姓)を用いる方法もある(例:マーク・パンサー(酒井龍一)など)。さらに日本人と結婚して帰化した場合、配偶者の姓を使用する方法もある(例:ボビー・オロゴン(近田ボビー)など)。改名 フレッシュアイペディアより)

  • アドレな!ガレッジ

    アドレな!ガレッジから見たボビーオロゴンボビー・オロゴン

    ゴリが自分にしかできない技を見せ、それが本当にゴリジナルが池谷幸雄、ボビーオロゴン、小島よしおが挑戦し、1人でも成功すれば認定失敗。全員失敗で認定となる。アドレな!ガレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 曙太郎

    曙太郎から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2005年12月31日、「K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!」でボビー・オロゴンと総合格闘技ルールで対戦し判定負け。曙太郎 フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・セギノール

    フェルナンド・セギノールから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2005年6月13日に大阪から札幌へ移動する際、伊丹空港で観光客からボビー・オロゴンと間違えられるハプニングに遭遇したが、笑顔を返し、度量の大きさを見せた。のちにアレックス・ラミレスに間違われた際は、"Yes, I'm Ramirez."(そう、俺はラミレスだ)と返答している。フェルナンド・セギノール フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤麻美

    佐藤麻美から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    カラオケの十八番は岩崎良美の「タッチ」 。「魅せられて」や「愛が生まれた日」も良く歌う。得意なモノマネはボビー・オロゴン と真矢みき(ただし似ていないと評される)。佐藤麻美 フレッシュアイペディアより)

  • 4月8日

    4月8日から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    1973年 - ボビー・オロゴン、タレント・格闘家4月8日 フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!の企画

    めちゃ×2イケてるッ!の企画から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    挑戦者はジャルジャル後藤(妻はパックで顔を隠し出演)、オリエンタルラジオ藤森(同居している兄と、偶然上京していた母)、ボビー・オロゴン(子供4人、妻はテレビ出演NGのため出演なし)。3組とも終了した後、独身のエスパーの家にも寄り予告寝起きを行うが、企画趣旨を理解せず普通の寝起きをしたため場が白けてしまう。めちゃ×2イケてるッ!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    名前は「一朗」だが次男である。4歳年上の兄・鈴木一泰は、グラフィックデザイナー。イチローが現在使用する野球用品には、彼がデザインした専用ロゴが刻まれている。主な作品に日本BS放送のマスコット「BEAMO」、ボビー・オロゴンの「もす!」Tシャツのロゴなどがある。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • K-1

    K-1から見たボビー・オロゴンボビー・オロゴン

    2003年に谷川貞治がK-1プロデューサーに就任して以来、曙太郎などの身体が大きくて実力よりも話題性のある選手やボビー・オロゴンなどのタレントを参戦させるなど、K-1をスポーツ競技として発展させることよりも目先の視聴率を優先して、実力よりもキャラクター先行の色物選手を優先した『谷川モンスター路線』が始まった(詳細は谷川貞治の「谷川モンスター路線」の項を参照)。なお、モンスター路線開始当初は一般層への話題性もあって高視聴率を獲得した。K-1 フレッシュアイペディアより)

102件中 81 - 90件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード