前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たボブ・サップ

    2004年1月、前年の大晦日に見たというボブ・サップ vs 曙戦に触発されたボビーが、『さんまのSUPERからくりTV』のコーナー「セインのファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦と試合をしたが、組み合った瞬間に古賀が「物凄い力だ」と驚愕し、負けはしたものの秘めたる才能を見せつけた。このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「年末の格闘技イベント(K-1 Dynamite!!)出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから、2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』の出場を目指す企画がスタート。番組内ではさまざまな格闘技の指導を受け、同年2月には格闘チーム「GRABAKA」に入門。菊田早苗の下で本格的に格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたものの、ホイスを出血させるなど健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後も修行を続け、柔道では黒帯を取得。K-1から正式にオファーを受け、同年12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合でキックボクサーマイク・ベルナルドとの対戦が決定する。その後ベルナルドの負傷欠場によりシリル・アビディとの対戦に変更された。試合では、菊田とタレントの関根勤(番組レギュラー)をセコンドに迎え入場。3R判定勝ち。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た曙太郎

    ナイジェリアの公用語である英語とヨルバ語、日本語が話せる。前述の通り、「さんせい(先生)」「ボビーだと思います」「ナイジェリアはイッポンヤサイ(一夫多妻)」「揚げ物()さん」などといった微妙に間違った日本語の言い回しを多用したり、乱暴な口調や無軌道な振る舞いを見せるタレントとして認知されているが、実際は非常に聡明で流暢な日本語を話すことができる。最近は番組やインタビューなどで正しい日本語を話す機会も多くなってきた。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たテレビ朝日

    これぞ!ニッポン流!(テレビ朝日、2014年4月12日 - 9月28日)ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た要潤

    エバラ食品工業「エバラ・豆乳キムチ鍋の素」 - 要潤、神戸みゆきらと共演。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たあき竹城

    SoftBank「偽戸家」(2011年7月) - 渡辺直美、あき竹城、朝丘雪路らと共演。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た朝丘雪路

    SoftBank「偽戸家」(2011年7月) - 渡辺直美、あき竹城、朝丘雪路らと共演。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たセイン・カミュ

    2004年1月、ファニエスト外語学院の先生セイン・カミュ、生徒のアドゴニー、アミールらとともに、ユニット「The Students」の一員として初CDシングル『ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜』をリリース。作詞・作曲・プロデュースは槇原敬之、振り付けはKABA.ちゃんといった顔ぶれであった。また、この番組からは2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』への出場を目指す企画もスタート。ついには本当に格闘家デビューを果たす(後述)。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た上戸彩

    大塚製薬「オロナミンC」(2005年) - 上戸彩、アドゴニーらと共演。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た槇原敬之

    2004年1月、ファニエスト外語学院の先生セイン・カミュ、生徒のアドゴニー、アミールらとともに、ユニット「The Students」の一員として初CDシングル『ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜』をリリース。作詞・作曲・プロデュースは槇原敬之、振り付けはKABA.ちゃんといった顔ぶれであった。また、この番組からは2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』への出場を目指す企画もスタート。ついには本当に格闘家デビューを果たす(後述)。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た古賀稔彦

    2004年1月、前年の大晦日に見たというボブ・サップ vs 曙戦に触発されたボビーが、『さんまのSUPERからくりTV』のコーナー「セインのファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦と試合をしたが、組み合った瞬間に古賀が「物凄い力だ」と驚愕し、負けはしたものの秘めたる才能を見せつけた。このVTRを見た番組司会者の明石家さんまが、「年末の格闘技イベント(K-1 Dynamite!!)出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから、2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』の出場を目指す企画がスタート。番組内ではさまざまな格闘技の指導を受け、同年2月には格闘チーム「GRABAKA」に入門。菊田早苗の下で本格的に格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたものの、ホイスを出血させるなど健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後も修行を続け、柔道では黒帯を取得。K-1から正式にオファーを受け、同年12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合でキックボクサーマイク・ベルナルドとの対戦が決定する。その後ベルナルドの負傷欠場によりシリル・アビディとの対戦に変更された。試合では、菊田とタレントの関根勤(番組レギュラー)をセコンドに迎え入場。3R判定勝ち。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード