2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た代官山町

    2001年、代官山のカフェの厨房でアルバイトをしていたころ、TBSの『さんまのSUPERからくりTV』の「ファニエスト・ジャパニーズ」のコーナーに、素人として初めて出演。のち同番組の企画「セインのファニエスト外語学院」に学院生としてレギュラー出演するようになる。「ボビーと思います」「もす!」など無茶苦茶な日本語と天然ボケが評判となり、ファニエスト外語学院は『からくりTV』きっての人気企画となった。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た黒帯

    2004年1月、前年の大晦日に見たという『K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!』のボブ・サップ vs 曙に影響されたボビーが「ファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。組み合った瞬間、古賀稔彦に「物凄い力だ」と言わしめるなど、ボビーが予想外に奮闘したVTRを見た同番組の司会者の明石家さんまが「年末の格闘技イベント出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから発展し、番組内でさまざまな格闘技の指導を受ける企画がスタート。同年2月には、格闘チームGRABAKAに入門。菊田早苗のもとで格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたもののホイスを出血させる予想を上回る健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後もさらに修行を続け、柔道では黒帯を取得し、12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合で、菊田と関根勤をセコンドに迎えたうえで、キックボクサーシリル・アビディと対戦。3R判定勝ちし、格闘家として注目を集めたが、本人は再び試合に臨む気は当面ないと公言し、タレント活動に専念する。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たオロナミンCドリンク

    大塚製薬 オロナミンC - 上戸彩、アドゴニーらと共演(2005年)ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たK-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!

    2004年1月、前年の大晦日に見たという『K-1 PREMIUM 2003 Dynamite!!』のボブ・サップ vs 曙に影響されたボビーが「ファニエスト外語学院」で柔道を体験する企画に挑戦。組み合った瞬間、古賀稔彦に「物凄い力だ」と言わしめるなど、ボビーが予想外に奮闘したVTRを見た同番組の司会者の明石家さんまが「年末の格闘技イベント出場も夢ではない」と冗談半分で言ったことから発展し、番組内でさまざまな格闘技の指導を受ける企画がスタート。同年2月には、格闘チームGRABAKAに入門。菊田早苗のもとで格闘技を学ぶ。3月にはディファ有明でホイス・グレイシーとのスパーリングマッチ(3分3R)で対戦し、2Rに腕ひしぎ十字固めで一本負けしたもののホイスを出血させる予想を上回る健闘を見せた(同年4月4日放送)。その後もさらに修行を続け、柔道では黒帯を取得し、12月31日の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』第0試合で、菊田と関根勤をセコンドに迎えたうえで、キックボクサーシリル・アビディと対戦。3R判定勝ちし、格闘家として注目を集めたが、本人は再び試合に臨む気は当面ないと公言し、タレント活動に専念する。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たいきなり!黄金伝説。

    2005年からは本格的なタレント活動を始め、『いきなり!黄金伝説。』『森田一義アワー 笑っていいとも!』などにゲスト出演した。同時期に「からくりTV」からは卒業し、ファニエスト外語学院はボビーに代わる人気者が現れず自然消滅した。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たリズム・アンド・ブルース

    ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身、埼玉県さいたま市浦和区在住の、日本国籍のタレント・格闘家。アレムコプロダクション所属。血液型はO型。本名は近田 ボビー(こんだ ボビー)、旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。帰化前の通称でもある名前のボビーはR&B歌手ボビー・ブラウンが由来。格闘家のアンディ・オロゴンは弟。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たヨルバ語

    ナイジェリアの公用語である英語、ヨルバ語、日本語が話せる。「もす!」など独特の口癖や、間違った日本語の言い回しを多用したり、言葉使いがやや悪く相手を問わず傍若無人な態度をとることで有名だが、これはあくまでも芸風で、実際は流暢に日本語を話せるらしく、わざとおかしな口調を作っているとネタにされることも多く、近年ではどのバラエティ番組の上でも正しい日本語を話す機会が多くなってきた。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たグラップリング

    2011年には自身の練習するGRABAKAの初の自主興行GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACKにてミノワマンとグラップリングルールで約5年ぶりに公に格闘技の試合をした。試合結果は時間切れドローに終わるが、試合後に日本ボクシングコミッション(JBC)から、同組織の定める「ボクシングのセコンドライセンスを保持しながら、他の格闘技興行に関わることを禁止する」という規定に反し、他種格闘技のプロ興行で試合をしたことにより、ライセンス取り消しなどの厳重処分が下される発表がされた。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たジェットコースター

    2012年2月24日放送の「たけしのニッポン人白書」にて行われた実験でジェットコースターに乗ったが、戻って降りた後に「怖かった」と言っており、ジェットコースター嫌いが判明する。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た帰化

    2007年、妻の姓「近田」と、ニックネームであった「ボビー」を個人名とし、「近田ボビー」として日本に帰化。弟のアンディは兄の帰化に関して「複雑な気持ち」とコメントしている。『世界の果てまでイッテQ!』番組内でナイジェリアを訪れ厳格な父に国籍帰化の報告を行った際は、最初は父も「勝手なことをして!なぜオロゴンの名を持たない人間がこの家にいるんだ」と怒っていたが最終的には了承された。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード