104件中 41 - 50件表示
  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た謎解きはディナーのあとで

    謎解きはディナーのあとで スペシャル(フジテレビ) - 2012年 - パンチアウトジョー役ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たタイヤ

    1998年にタイヤチューブ買い付けのため再来日するも、資金をパチンコで使い果たしたうえ、日本の自動車のタイヤはチューブを使用しないタイプが多いことが判明したため買えず、そのまま日本にとどまる。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たカフェ

    2001年、代官山のカフェの厨房でアルバイトをしていたころ、TBSの『さんまのSUPERからくりTV』の「ファニエスト・ジャパニーズ」のコーナーに、素人として初めて出演。のち同番組の企画「セインのファニエスト外語学院」に学院生としてレギュラー出演するようになる。「ボビーと思います」「もす!」など無茶苦茶な日本語と天然ボケが評判となり、ファニエスト外語学院は『からくりTV』きっての人気企画となった。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た大学

    ナイジェリアの国立大学を卒業後、父が経営する貿易会社の手伝いでドイツを始め世界各国を回り、1995年に糸の買い付けを目的に初来日。500万円とパスポートをバスの中に置き忘れる事件を起こしたが、幸運にも戻ってきて糸を買い付け帰国。このとき、日本人の優しさに感動したという。著書によると、父親が親日家で子供の頃から「日本人は皆優しく正直でいい人たちだ」と聞かされていたため日本に興味を持っており、この事件の際に「父の言葉は本当だった」と思ったとのこと。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た歌手

    ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身、埼玉県さいたま市浦和区在住の、日本国籍のタレント・格闘家。アレムコプロダクション所属。血液型はO型。本名は近田 ボビー(こんだ ボビー)、旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。帰化前の通称でもある名前のボビーはR&B歌手ボビー・ブラウンが由来。格闘家のアンディ・オロゴンは弟。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たワニブックス

    ボビーだと思います。(ワニブックス、2005年6月8日)ISBN 4847016076ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たTBSテレビ

    2001年、代官山のカフェの厨房でアルバイトをしていたころ、TBSの『さんまのSUPERからくりTV』の「ファニエスト・ジャパニーズ」のコーナーに、素人として初めて出演。のち同番組の企画「セインのファニエスト外語学院」に学院生としてレギュラー出演するようになる。「ボビーと思います」「もす!」など無茶苦茶な日本語と天然ボケが評判となり、ファニエスト外語学院は『からくりTV』きっての人気企画となった。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たポニーキャニオン

    2004年1月21日、ファニエスト外語学院の先生セイン・カミュ、生徒のアドゴニー・ロロ、アミールらとともにThe Studentsの一員として初CDシングルの『ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜』をポニーキャニオンよりリリース。作詞・作曲・プロデュースは槇原敬之、振り付けはKABA.ちゃん。またこの年からは格闘家としても活動を始め、「史上最強の素人」「最強の初心者」とも呼ばれるようになる。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たプラチカ

    2006年1月、出演料などをめぐり所属事務所のアールアンドエープロモーションと対立し、事務所内で暴れジョン・ムウェテ・ムルアカに軽い怪我を負わせたとされる。以降、芸能活動の休止を余儀なくされていたが、同5月、アールアンドエープロモーションからの独立を宣言。同社は契約が2007年末まで残っているとして対立。マネージャーも事務所から解雇されたが7月に一転して新たな芸能事務所フェイスネットワークへの「円満移籍」が報じられた。2008年4月、フェイスネットワークから芸能部がプラチカに分社化するに伴い転籍。2011年1月にはアレムコプロダクションへ移籍した。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たR&Aプロモーション

    2006年1月、出演料などをめぐり所属事務所のアールアンドエープロモーションと対立し、事務所内で暴れジョン・ムウェテ・ムルアカに軽い怪我を負わせたとされる。以降、芸能活動の休止を余儀なくされていたが、同5月、アールアンドエープロモーションからの独立を宣言。同社は契約が2007年末まで残っているとして対立。マネージャーも事務所から解雇されたが7月に一転して新たな芸能事務所フェイスネットワークへの「円満移籍」が報じられた。2008年4月、フェイスネットワークから芸能部がプラチカに分社化するに伴い転籍。2011年1月にはアレムコプロダクションへ移籍した。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード