140件中 61 - 70件表示
  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たJ-WAVE

    東京REMIX族(J-WAVE) - コーナーナレーションボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たプラチカ

    2006年1月、当時の所属事務所・アールアンドエープロモーションと出演料などをめぐり対立。事務所内で暴れ、その場に居合わせた鈴木宗男衆議院議員(当時)の元私設秘書ジョン・ムウェテ・ムルアカに軽い怪我を負わせる事件を起こし、芸能活動の休止を余儀なくされる。同年5月、ボビーは同事務所からの独立を一方的に宣言するも、同社は「契約が2007年末まで残っており、それまでタレント活動はできない」と主張し対立が深まったが、同年7月、両者と利害関係のないフェイスネットワークへ移籍することで決着した。その後、同社の芸能部から分社したプラチカに転籍。現在は個人事務所・アレムコプロダクションに所属。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たフェイスネットワーク

    2006年1月、当時の所属事務所・アールアンドエープロモーションと出演料などをめぐり対立。事務所内で暴れ、その場に居合わせた鈴木宗男衆議院議員(当時)の元私設秘書ジョン・ムウェテ・ムルアカに軽い怪我を負わせる事件を起こし、芸能活動の休止を余儀なくされる。同年5月、ボビーは同事務所からの独立を一方的に宣言するも、同社は「契約が2007年末まで残っており、それまでタレント活動はできない」と主張し対立が深まったが、同年7月、両者と利害関係のないフェイスネットワークへ移籍することで決着した。その後、同社の芸能部から分社したプラチカに転籍。現在は個人事務所・アレムコプロダクションに所属。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た格闘技

    ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身のヨルバ人で、埼玉県さいたま市浦和区(旧・浦和市)在住のナイジェリア系日本人のタレント、格闘家、実業家。アレムコプロダクション所属。2007年に日本国籍を取得しており、本名(日本名)は近田 ボビー(こんだ ボビー)。ナイジェリア国籍時代の旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。実弟は元格闘家のアンディ・オロゴン。血液型O型。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たK-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!

    2004年1月、ファニエスト外語学院の先生セイン・カミュ、生徒のアドゴニー、アミールらとともに、ユニット「The Students」の一員として初CDシングル『ハトマメ 〜Say Hello To The World.〜』をリリース。作詞・作曲・プロデュースは槇原敬之、振り付けはKABA.ちゃんといった顔ぶれであった。また、この番組からは2004年末の『K-1 PREMIUM 2004 Dynamite!!』への出場を目指す企画もスタート。ついには本当に格闘家デビューを果たす(後述)。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た日本国籍

    ボビー・オロゴン(Bobby Ologun、1973年4月8日 - )は、ナイジェリア連邦共和国イバダン出身のヨルバ人で、埼玉県さいたま市浦和区(旧・浦和市)在住のナイジェリア系日本人のタレント、格闘家、実業家。アレムコプロダクション所属。2007年に日本国籍を取得しており、本名(日本名)は近田 ボビー(こんだ ボビー)。ナイジェリア国籍時代の旧名はカリム・アルハジ・オロゴン。実弟は元格闘家のアンディ・オロゴン。血液型O型。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たグラウンドパンチ

    同年12月の『K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!』ではチェ・ホンマンと対戦し、1R16秒パウンドでTKO負け。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たボクシング

    その後格闘技の試合は行わず、プロボクシングに転向した実弟・アンディ・オロゴンをサポートすべく、平仲ジム所属でセコンドライセンスを取得したが、2011年8月には女子シュートボクシングの大会をプロデュースしたり、10月にも自身の練習するGRABAKAの初の自主興行において、ミノワマンとグラップリングルールで対戦するなど、日本ボクシングコミッション(JBC)の定める「ボクシングのセコンドライセンスを保持しながら、他の格闘技興行に関わることを禁止する」という規定に反する行為を繰り返した。外国出身のボビーが、JBCの厳格なルールを把握していなかった可能性も示唆されたが、結局セコンドライセンス取り消しの処分が下された。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見た豪血寺一族

    新・豪血寺一族 煩悩解放(エキサイト、2006年5月25日発売) - ボビー本人としてボスキャラで登場。ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・オロゴン

    ボビー・オロゴンから見たテレビ埼玉

    ボビー's スタジアム(テレ玉、2009年4月13日 - 2016年3月24日)ボビー・オロゴン フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「ボビー・オロゴン」のニューストピックワード