前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示
  • ボビー

    ボビーから見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペル - プロ野球選手ボビー フレッシュアイペディアより)

  • フレディ・バイナム

    フレディ・バイナムから見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    初安打:2010年4月29日、対北海道日本ハムファイターズ8回戦(札幌ドーム)、7回表にボビー・ケッペルから右前安打フレディ・バイナム フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・ウルフ

    ブライアン・ウルフから見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    は開幕第2戦(4月13日の埼玉西武ライオンズ戦)に先発し、4.2回を失点7と打ち込まれ敗戦投手となったがその後は持ち直し、ダルビッシュ有、武田勝、ボビー・ケッペルに次ぐ先発ローテションの4番手を務めた。5月24日の横浜ベイスターズ戦の2回、史上14人目(15度目)となる1イニング3者連続3球三振(外国人投手としては史上初)を記録した。前半から中盤までは防御率2点台前半の好成績を収めていたが、先発投手としての経験が少ないためかシーズンを通してのスタミナが無く、後半は打ち込まれて防御率は3点台後半まで下がってしまった。被本塁打は非常に少なく、規定投球回を達成した選手の中で最小の4本に抑えた。オフにケッペルと同時に2012年の契約を結び2年連続球団最速の契約更新を行った。ブライアン・ウルフ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    6日 - 【NPB】北海道日本ハムファイターズがボビー・ケッペル投手の獲得を発表。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 武田勝

    武田勝から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    も前年の調子を維持したまま好投を続けていたが、4月27日 - 5月23日にかけて先発登板した5試合全てにおいて味方打線が0点に封じられ、不運な5連敗を喫した(日本プロ野球新記録)が、その後は勝ち星を重ねてオールスターゲームにも選出される。しかし登板した7月22日の第1戦で、5回裏に荒木雅博・畠山和洋・ウラディミール・バレンティン・長野久義に本塁打を浴びるなど、「1イニング4被本塁打」というオールスター記録を更新してしまった。後半戦はウィルス性胃腸炎によって発熱と吐き気に襲われたり、シダックス時代に痛めた左肘の張りによって登録抹消された。この年は11勝12敗でリーグワーストの敗戦数となったが防御率2.46と奮闘し、ダルビッシュ有・ボビー・ケッペルとの先発三本柱を形成した。武田勝 フレッシュアイペディアより)

  • 中村晃 (野球)

    中村晃 (野球)から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    初打席:2011年5月7日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(札幌ドーム)、6回表にボビー・ケッペルから投ゴロ中村晃 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    は開幕直後ダルビッシュ、武田勝、ケッペル、ウルフ、斎藤佑樹に次ぐ6番手投手として起用される。序盤の3試合に先発したが、その後は一軍登板機会がなく、そのままシーズンを終えた。八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 6月11日

    6月11日から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    1982年 - ボビー・ケッペル、プロ野球選手6月11日 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)

    ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    初盗塁:2011年8月5日、対北海道日本ハムファイターズ11回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:ボビー・ケッペル、捕手:鶴岡慎也)ルイス・ガルシア (1978年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 木田優夫

    木田優夫から見たボビー・ケッペルボビー・ケッペル

    3月22日の福岡ソフトバンクホークス戦にて、先発のボビー・ケッペルが故障のため降板したのを受けて緊急登板し、5イニングを無失点に抑えて移籍後初勝利。5月4日には通算500試合登板を達成した。木田優夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
14件中 1 - 10件表示