39件中 21 - 30件表示
  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た球種 (野球)

    平均球速約144km/h、最速153km/hの速球とスライダー、チェンジアップ、さらにカットボール、ツーシーム、シンカーなどの打者の手前で微妙に変化する球種を操り、打たせて取るピッチングを得意とする。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た速球

    平均球速約144km/h、最速153km/hの速球とスライダー、チェンジアップ、さらにカットボール、ツーシーム、シンカーなどの打者の手前で微妙に変化する球種を操り、打たせて取るピッチングを得意とする。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見たミズーリ州

    ロバート・グリフィン・“ボビー”・ケッペル(Robert Griffin "Bobby" Keppel , 1982年6月11日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国ミズーリ州出身。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た投手

    ロバート・グリフィン・“ボビー”・ケッペル(Robert Griffin "Bobby" Keppel , 1982年6月11日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。アメリカ合衆国ミズーリ州出身。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た内腹斜筋

    1月7日に北海道日本ハムファイターズと2年契約を結んだ。3月22日、開幕3戦目の福岡ソフトバンクホークス戦に先発したが左脇腹を痛め、僅か17球で1回終了後に降板。左内腹斜筋の軽度の挫傷と診断され、3月24日に出場選手登録を抹消された。4月8日に再登録され、東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。6回4失点で来日初勝利を挙げた。5月12日の阪神タイガースとの1回戦で、9回2失点で来日初完投を決めた。前半戦は不調なチームを引っ張り、交流戦では4勝を挙げるなどダルビッシュ有、武田勝とともに先発陣の柱としてローテーションに加わった。夏場以降は背中の痛みなどや、不運な負けも多く勝ち星こそのびなかったものの、12勝8敗防御率3.35と好成績を収めた。奪三振は少なかったが158.2イニングを投げ被本塁打は10本に抑えた。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た横浜DeNAベイスターズ

    初安打・初打点:2010年6月7日、対横浜ベイスターズ4回戦(相模原球場)、4回表に清水直行から中前適時打ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た相模原市立相模原球場

    初安打・初打点:2010年6月7日、対横浜ベイスターズ4回戦(相模原球場)、4回表に清水直行から中前適時打ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た出場選手登録

    1月7日に北海道日本ハムファイターズと2年契約を結んだ。3月22日、開幕3戦目の福岡ソフトバンクホークス戦に先発したが左脇腹を痛め、僅か17球で1回終了後に降板。左内腹斜筋の軽度の挫傷と診断され、3月24日に出場選手登録を抹消された。4月8日に再登録され、東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。6回4失点で来日初勝利を挙げた。5月12日の阪神タイガースとの1回戦で、9回2失点で来日初完投を決めた。前半戦は不調なチームを引っ張り、交流戦では4勝を挙げるなどダルビッシュ有、武田勝とともに先発陣の柱としてローテーションに加わった。夏場以降は背中の痛みなどや、不運な負けも多く勝ち星こそのびなかったものの、12勝8敗防御率3.35と好成績を収めた。奪三振は少なかったが158.2イニングを投げ被本塁打は10本に抑えた。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見たチェンジアップ

    平均球速約144km/h、最速153km/hの速球とスライダー、チェンジアップ、さらにカットボール、ツーシーム、シンカーなどの打者の手前で微妙に変化する球種を操り、打たせて取るピッチングを得意とする。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ケッペル

    ボビー・ケッペルから見た先発ローテーション

    1月7日に北海道日本ハムファイターズと2年契約を結んだ。3月22日、開幕3戦目の福岡ソフトバンクホークス戦に先発したが左脇腹を痛め、僅か17球で1回終了後に降板。左内腹斜筋の軽度の挫傷と診断され、3月24日に出場選手登録を抹消された。4月8日に再登録され、東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。6回4失点で来日初勝利を挙げた。5月12日の阪神タイガースとの1回戦で、9回2失点で来日初完投を決めた。前半戦は不調なチームを引っ張り、交流戦では4勝を挙げるなどダルビッシュ有、武田勝とともに先発陣の柱としてローテーションに加わった。夏場以降は背中の痛みなどや、不運な負けも多く勝ち星こそのびなかったものの、12勝8敗防御率3.35と好成績を収めた。奪三振は少なかったが158.2イニングを投げ被本塁打は10本に抑えた。ボビー・ケッペル フレッシュアイペディアより)

39件中 21 - 30件表示