前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示
  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    日本球界初のGM(ゼネラルマネージャー)として広岡達朗が就任すると、広岡はメジャーリーグでの監督経験のあるボビー・バレンタイン監督を招聘。序盤は出遅れるが、2年目ながらトップバッターに起用された諸積兼司、リーグ打率2位の堀幸一、打点王を獲得した初芝清、外国人ながら本人のプレイだけではなくチームの精神的支柱も担ったフリオ・フランコ、伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンの先発三本柱、河本育之、成本年秀のダブルストッパー等投打のかみ合った1年となり、結果的に貯金10の2位で10年ぶりのAクラス入りを果たす。翌年の優勝を期待するムードが大きく高まったが、バレンタインが広岡との確執から解任される。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 新庄剛志

    新庄剛志から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    左太股の故障をおしての出場を続ける中、6月17日のニューヨーク・ヤンキース戦(シェイ・スタジアム)2点を追い掛ける8回裏一死一三塁の攻撃で二塁ゴロを放ち、全力疾走して一塁へ足から滑り込んで併殺は阻止する(打点1)。その後に次打者マイク・ピアッツァの逆転決勝2点本塁打が出て、この試合はサブウェイシリーズ屈指の名試合と称され、新庄の故障をおしての走塁は「カミカゼ・スプリント」と称されて報じられる。しかし代走を送られこの走塁が最後のプレーとなり、20日より左太股裏(大腿四頭筋)肉離れで15日間の故障者リスト(期間は延長できる制度)に入る。その後A-級・ブルックリン・サイクロンズでの調整出場2試合を経て7月16日より復帰する。22日、フィラデルフィア・フィリーズ戦(ベテランズ・スタジアム)6回裏一死一塁の中堅守備で、直射日光を受ける中、のバックスクリーン方向への大飛球を背走して追い続けた末にフェンス手前で振り向くことなくポケットキャッチ(背面キャッチ)。このプレーは、ウィリー・メイズの「ザ・キャッチ」を彷彿とさせると報じられる。ボビー・バレンタイン監督などからクラッチヒッターとの評価を受け打順3番で起用されることが多くなり、9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件がニューヨーク市に影を落とす中、チームのプレーオフ進出争いに終盤は4番打者としても貢献する。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    アメリカに比べ日本は指導者育成の場が少なすぎると「ジャパンスポーツシステム」を設立し、アメリカの著名選手や球団経営者を招いた勉強会「日米ベースボールサミット」を開催。これは1988年からまで3回行われ、元MLBコミッショナー・ボウイ・キューンやドン・ドライスデール、ボビー・ボニーヤ、デーブ・ウィンフィールド、ジョー・マグレーンら、MLBの元指導者、現役の監督・選手が来日し、日本からも広岡・古葉竹識・張本勲・鈴木啓示らが参加してサミットで議論を繰り広げた。また、野茂英雄・古田敦也らアマチュア選手たちも参加して実技指導を受けた。アメリカ側の参加者には、当時テキサス・レンジャーズ監督だったボビー・バレンタインもいた。「ジャパンスポーツシステム」は、日本選手の受け入れを目指しアメリカのマイナーリーグ球団の経営にも乗り出し1989年、当時ミネソタ・ツインズ傘下だった1A・バイセイリア・オークスを買収し同年、巨人から吉田孝司コーチと藤本健治、佐川潔、小沢浩一、四條稔を受け入れた。1990年にはトロント・ブルージェイズ傘下の3A・バンクーバー・カナディアンズを買収した。通訳・経営に携わったエーシー興梠は、能力を買われ後にロサンゼルス・ドジャースのアジア地区担当取締役となり、黒田博樹らを獲得している。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は前年とは打って変わって、プロ通算でも最高の勝率を記録し、この年のロッテ三本柱の一角を担い90年代唯一のAクラス入りに貢献する。この年はボビー・バレンタイン監督の下でメジャー流の調整を学んだことが好成績に繋がり、投球の面白さや深さをあらためて感じたという。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の千葉ロッテマリーンズ

    1995年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、ボビー・バレンタインが1年だけ監督を務めたシーズンである。1995年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本プロ野球

    2005年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    10月17日 - パ・リーグのプレーオフの第2ステージの第5戦(ヤフードーム)でロッテがソフトバンクに3対2で勝利し、3勝2敗でパ・リーグ優勝決定。31年ぶり5度目のリーグ優勝で、千葉ロッテマリーンズになってからは初めての優勝となる。またボビー・バレンタイン監督は史上初の日米優勝監督となった。ソフトバンクは前年の雪辱を果たすことはできなかった。2005年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のメジャーリーグベースボール

    2011年のメジャーリーグベースボールから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    11月30日 - ボストン・レッドソックスは新監督にボビー・バレンタインが就任したことを発表2011年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド (DEENの曲)

    ダイヤモンド (DEENの曲)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    DEENの大ファンであるという千葉ロッテマリーンズのバレンタイン監督から2006年度の公式イメージソングとして「“チャチャのリズム”の楽曲を」と依頼され制作された。ダイヤモンド (DEENの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・メッツ

    ニューヨーク・メッツから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    これまでにから柏田貴史、吉井理人、野茂英雄、新庄剛志、松井稼頭央、高橋建、石井一久、高橋尚成、高津臣吾、五十嵐亮太、松坂大輔といった日本人選手が所属。また柏田と契約した97年にはプロ選手経験皆無の立花龍司もトレーニングコーチとして採用し史上初のMLB球団日本人コーチとなった(これまで最も多くの日本人選手在籍のMLB球団)。また韓国人選手でメッツ在籍と前後してオリックス野球クラブにも在籍した具臺晟・朴賛浩も在籍。かつては前ロッテ監督のボビー・バレンタイン、元オリックス監督のテリー・コリンズが指揮を執った。日米野球では全米やMLB代表し単一チームで来日しには東京ドームで開幕戦・アジア及び日本初のMLB公式戦を行ったことでも知られ(対戦相手はシカゴ・カブス)、日本でもなじみ深いチームである。も合衆国の自治領プエルトリコで開幕戦を開催した(メジャーリーグベースボールの海外公式戦一覧)。ニューヨーク・メッツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
156件中 1 - 10件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード