前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示
  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年、日本球界初のGM(ゼネラルマネージャー)として広岡達郎が就任すると、広岡はメジャーでの監督経験のあるボビー・バレンタイン監督を招聘。序盤は出遅れるが、2年目ながらトップバッターに起用された諸積兼司、リーグ打率二位の堀幸一、打点王を獲得した初芝清、外国人ながら本人のプレイだけではなくチームの精神的支柱も担ったフリオ・フランコ。伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンの先発三本柱、河本育之、成本年秀のダブルストッパー等投打のかみ合った1年となり、結果的に貯金10の2位で10年ぶりのAクラス入りを果たす。翌年の優勝を期待するムードが大きく高まったが、バレンタインが広岡との確執から解任される。ファンはバレンタインの退団を惜しみ、広岡やフロントによるこの騒動を「暴挙」と非難した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 西岡剛 (内野手)

    西岡剛 (内野手)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は、盗塁成功数、盗塁死数が前年シーズンより向上したものの、打率が.260と大きく低迷し安打数も118本と振るわなかった。一方で四球は大幅に増加したため出塁率は前年を上回った。シーズン中にボビー・バレンタインの解任が発表され、一部のファンが「死刑」など過激な言葉を用いて解任反対やフロント批判の横断幕を出したことに対して、9月26日のヒーローインタビューでは自ら段を下り2分間にわたり「本当にロッテを愛してるんなら、明日から、横断幕をおろしてください」と訴えた。翌日、ファンにより西岡を中傷する内容の横断幕が掲げられ、応援歌の演奏をボイコットされるなどしたため、翌日に自身のブログで自らの発言を謝罪した。1西岡剛 (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    オープン戦での好成績に対し球団よりジョン・J・マーフィー賞(新人賞)を受賞して、開幕メジャー入り。シーズン序盤はスタメン落ちも目立ったが、実績とともに次第にレギュラー扱いされていく。打順は7番、6番、1番、3番、4番など様々で、守備では外野3ポジションに万遍なく就く。4月3日の開幕アトランタ・ブレーブス戦(ターナー・フィールド)8回表の代走としてMLB初出場。一塁走者としては珍しくセンターフライの際にタッグアップして二塁へ進塁し、後続の本塁打で初得点を記録。さらに直後の左翼守備でダイビングキャッチを見せ、同点に追いつかれて突入した10回表の初打席ではケリー・ライテンバーグから初安打を記録する。5日の同対戦で7番・右翼手として初スタメン出場。9日の本拠地開幕ブレーブス戦(シェイ・スタジアム)でジェイソン・マーキーから左中間へ初本塁打を放ち、ベンチ前でチームメイトが整列する日本式の出迎えを受ける。5月20日のロサンゼルス・ドジャース戦(シェイ・スタジアム)でテリー・アダムスから日本人選手初のサヨナラ安打を記録。24日のフロリダ・マーリンズ戦の大差リード中(11-3)の打席でカウント3ボール-0ストライクから打ちに出た行為が不文律に反するとされたのか、翌日の同対戦で足に死球を受ける。MLB1年目には他にも、日本では日常的に行っていた行為が相手チームから挑発的と解釈されたり(本塁打直後にバットを高々と放り投げる行為、その後ホームインの際に手でベースへ触れる行為)、打席で投球前にバットを高く突き上げる(参照)際に捕手が出すサインを覗いているのではないかと疑惑をかけられたりもする。6月17日の出場を最後に左太股裏肉離れで15日間の故障者リスト入りし、A-級ブルックリンでの調整出場を経て復帰。7月22日、フィラデルフィア・フィリーズ戦(ベテランズ・スタジアム)6回裏の守備にて、直射日光を受ける中、中堅後方への大飛球を追い続けた末にフェンス手前でポケットキャッチ。このプレーは「ザ・キャッチ」と称されるウィリー・メイズ型キャッチだったなどと報じられる。ボビー・バレンタイン監督からクラッチヒッターとの評価を受け打順3番で起用されるようになり、4番のマイク・ピアッツァが3番への変更を希望したのを機に8月3日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦(バンク・ワン・ボールパーク)で日本人選手初の4番スタメン出場。この試合ではランディ・ジョンソンの前に4打数無安打に終わるも、9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件がニューヨーク市に影を落とす中、チームのプレーオフ進出争いに終盤は4番打者としても貢献する。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    一方で1988年には「ジャパンスポーツシステム」という会社を設立し、「日米ベースボールサミット」を開催。これは1988年から1990年まで行われて、アメリカ球界から監督・コーチ・現役の選手が来日し、日本からも広岡・古葉竹識・張本勲・鈴木啓示らが参加してサミットで議論を繰り広げた。また、野茂英雄・古田敦也らアマチュア選手たちも参加して実技指導を受けた。アメリカ側の参加者には、当時テキサス・レンジャーズ監督だったボビー・バレンタインもいた。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンド (DEENの曲)

    ダイヤモンド (DEENの曲)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    DEENの大ファンであるという千葉ロッテマリーンズのバレンタイン監督から2006年度の公式イメージソングとして「“チャチャのリズム”の楽曲を」と依頼され制作された。ダイヤモンド (DEENの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 江尻亮

    江尻亮から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1996年 ボビー・バレンタイン監督の解任に伴いロッテ監督に就任するも、前年2位のチームは低迷し、江尻自身もシーズン中に体調を崩し途中休養した時期があった。シーズン終了後、成績不振の引責や、自分を招聘した広岡GMの解任もあり、わずか1年で辞任。ロッテの編成部長に就任。ロッテ監督就任直後のファン感謝デーで熱狂的なボビー・バレンタインファンから「広岡リモコン江尻しね。」という垂れ幕を掲げられるという屈辱を味わった。江尻亮 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶺祐太

    大嶺祐太から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ドラフト前の予想では相思相愛の福岡ソフトバンクの単独一位指名が予想されていたが、ドラフト10日前にバレンタインがテレビで大嶺を見て気に入り、千葉ロッテが強行指名を決定。くじ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得する。その結果大嶺本人も戸惑うこととなり、入団拒否が予想されたが、ロッテがキャンプ地を石垣島に移すことを決定すると大嶺の周囲は入団を期待するムードに変わっていった。結局、2006年11月27日に石垣市内で契約を結んだ。大嶺本人が最初に下した決断は1年浪人であったため、入団決定までに長い時間がかかった。1大嶺祐太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    二軍監督から一軍監督時代の間に獲得・育成した選手が第2次バレンタイン政権下でのリーグ優勝・日本一に貢献する事となり、その手腕が評価された。一時的に特定の投手を頻用したことがあり、具体例としては、2003年の前半戦、中継ぎとしてフル回転していた小林宏之の例がある。(7月9日以後は先発ローテ入り) 当時、連投による小林の故障を危惧したファンと試合後口論となった。この時、ファンに発した「2日休んでるんだ、バカヤロー」は度々引用されている。当時のチーム事情的に仕方ないと見るか、もう少し小林宏之の負担は減らすべきだったと見るかは、意見の分かれるところである。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 小宮山悟

    小宮山悟から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    、ロッテに復帰。は自ら敗戦処理を買って出て、チーム31年ぶりとなるリーグ優勝(シーズン勝率は2位、プレーオフで勝利)・日本一を支える。同年以降は自軍が大量リードされている展開でのロングリリーフがほとんどとなった。これは監督のボビー・バレンタインの「将来性のある若い投手に敗戦処理をさせても意味がない」との持論が反映されたものであった。このような起用法に、自身のプライドから異を唱えるベテラン投手もいる中で、小宮山は自分の役目を淡々と担っていた。敗戦処理だけでなく、延長戦など緊迫した場面を任される事も多かった。これも「若い投手がサヨナラ負けで大きなショックを受けてしまうのは良い事ではない」という監督の持論によるものであった。小宮山悟 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
140件中 1 - 10件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード