156件中 91 - 100件表示
  • サブロー

    サブローから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    9シーズンぶりにロッテの監督に復帰したボビー・バレンタインが背番号2を希望し、球団側がそれを了承したため背番号を3に変更した。この年は前年を上回る89試合に出場したが、打率.256、5本塁打と成績を落とした。サブロー フレッシュアイペディアより)

  • ベニー・アグバヤニ

    ベニー・アグバヤニから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    も前年と同様の起用法がなされ、ボビー・バレンタイン監督の退任が決まると同時にベニーも来季の構想から外れた。バレンタインの計らいで9月27日の対オリックス・バファローズ戦が「引退試合」となり、2回裏に山本省吾から勝ち越しのソロ本塁打を打った直後の3回、早川大輔と交代。場内アナウンスで、「ベニー選手、ただ今の打席がマリーンズでの最終打席となりました」と、ファンに向けて唐突に退団が明かされた。結局95試合の出場に終わった。10月7日、チェイス・ランビンとゲイリー・バーナム・ジュニアとともに退団が発表され、引退した。ベニー・アグバヤニ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は開幕4番を務めるが春先から不振に陥る。加えて新監督のボビー・バレンタインから「無気力だ」と批判されたことを発端とする確執ができ、新人のウィル・ミドルブルックスの台頭もあってチーム構想から外れた。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

  • ロッテリア

    ロッテリアから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインが千葉ロッテマリーンズの監督として日本シリーズ優勝を果たした翌2006年から2009年まで、バレンタイン監督がプロデュースした「ボビーバーガー」を販売した(2010年は金泰均にちなみ「キムチ・テギュンバーガー」、2011年はサブロー(シーズン途中に読売ジャイアンツに移籍後、シーズン終了後FA宣言でロッテ復帰。)にちなみ、「サブローバーガー」と変わっている)。ロッテリア フレッシュアイペディアより)

  • 澤井良輔

    澤井良輔から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年のドラフト会議では福留のハズレ1位としてロッテに指名される。澤井はセ・リーグ志望で当時アマチュア限定だったオリンピックへの出場も考えていたが、この年ロッテがボビー・バレンタインのもとで2位に躍進したことや女手一つで育てた母親への恩返しを考えて入団を決意した。1年目はプロの変化球に歯が立たず、大学出のほうが活躍するケースが多いことから自分も大学に進むべきだったと後悔したという。1997年はルーキーリーグ・アリゾナ・パドレスに野球留学した。4年目に肘を傷めて手術。2000年にプロ初安打を放ち2002年にはシーズン開幕戦をスタメンで飾るが、翌年右肩を故障したことで出場機会がなくなり2005年シーズン終了時に戦力外通告を受け、トライアウトにも参加せず引退した。澤井良輔 フレッシュアイペディアより)

  • 江尻亮

    江尻亮から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年、早大の先輩である広岡達朗ゼネラルマネージャーの誘いを受け、千葉ロッテマリーンズの二軍ヘッドコーチに就任。シーズン途中、一軍ヘッドコーチへ昇格。1996年からは、ボビー・バレンタイン監督の解任に伴いロッテの監督に就任。前年2位のチームは低迷し、江尻自身もシーズン中に体調を崩し途中休養した時期があった。シーズン終了後、成績不振の引責や、自分を招聘した広岡GMの解任もあり、わずか1年で辞任。その後はロッテの編成部長に就任し、2001年退団。その後はサンディエゴ・パドレスの極東スカウトを経て、現在は横浜スタジアムの室内練習場で開催されている「ジャパンアスレチックアカデミー」のチーフインストラクター。江尻亮 フレッシュアイペディアより)

  • 立花龍司

    立花龍司から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    一方、立花はロッテで活躍し、特に1995年にはアメリカ人監督のボビー・バレンタインからの信頼も寄せられてチームの2位躍進に貢献した。この時には伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンなど、当時リーグ屈指といわれた投手陣を指導した。なお、ヒルマンは1995年からの2年間で410イニングに登板し26勝を挙げたが、に移籍した読売ジャイアンツでは左肩痛を訴え、2年間でわずか6イニング、未勝利に終わった。立花龍司 フレッシュアイペディアより)

  • 古谷拓哉

    古谷拓哉から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    大学卒業後は一般企業に就職することを考えていたが、社会人野球の日本通運との練習試合に登板し好投したことをきっかけにスカウトされ入団。ここでもエースになれなかったが、2年目となるの第76回都市対抗野球大会で同大会の優勝チームである三菱ふそう川崎戦で先発投手降板後に登板し、5回無失点の好投を見せ、この投球が当時千葉ロッテマリーンズで監督を務めていたボビー・バレンタインの目に留まり、同年のプロ野球ドラフトの大学・社会人ドラフト5巡目で千葉ロッテマリーンズから指名を受け入団した。古谷拓哉 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・レッドソックス

    ボストン・レッドソックスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2012年、ボビー・バレンタインが監督を招聘。しかしチームは低迷、バレンタインと主力選手の間にも軋轢が生じ、6月24日にケビン・ユーキリス、8月25日にジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレス、外野手カール・クロフォード、内(外)野手ニック・プントがトレードで放出された。また前半戦は、ジャコビー・エルズベリー、ダスティン・ペドロイア、アンドリュー・ベイリー、後半戦はデビッド・オルティーズがDL入りするなど怪我人も多かった。その結果、69勝93敗で地区最下位に沈み、バレンタイン監督も解任された。松坂もこの年限りで自由契約となった。ボストン・レッドソックス フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    に、日本ハムの一軍投手コーチへ就任。その一方で、ロッテ球団は3月11日に、日本ハムとのオープン戦(千葉マリンスタジアム)を吉井の引退試合として開催した。これは、メッツおよびロッテ在籍時の恩師であるボビー・バレンタイン監督の計らいで実現したものであり、打席にもバレンタインが立った。吉井が投手コーチになった時描いた理想像が「仰木さん、野村さん、バレンタイン、権藤さん。この4名。そしてもう一人、メッツの投手コーチボブ・アポダカからも大きな影響を受けています。彼は最初に会った時「自分の事を一番知っているのは自分自身だから、君の事を俺に教えてくれ」と。「日本でそういうことを言われたことがなかったので衝撃でした、この言葉がコーチ人生で一番の礎になっているかもしれません。」と語っている。吉井理人 フレッシュアイペディアより)

156件中 91 - 100件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • ファンの方から愛される選手になりたい

  • 大谷は来季、もっとレベルアップする。肘が治れば投手としてもさらに良くなるだろう

  • 務める王貞治