140件中 91 - 100件表示
  • 吉本興業

    吉本興業から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1999年(平成11年)には、元プロ野球選手の小坂勝仁が吉本興業社員となっていた関係で、小坂の働きかけで社内にスポーツマネジメント部門を新設し、長谷川滋利らを皮切りに、永島昭浩、ボビー・バレンタイン、河口正史スポーツ選手のマネジメントに乗り出した。また2002年(平成14年)には社会人ラグビーの雄・神戸製鋼と、2005年(平成17年)にはプロ野球球団オリックス・バファローズと業務提携し、オリックスの清原和博を吉本新喜劇の舞台に登場させたりしている。2006年(平成18年)には、野球チームヨシモトベースボールクラブを設立し社会人野球に参入することを検討中とも伝えられていた(同年、茨城ゴールデンゴールズにも所属していた同社タレント山本圭壱の不祥事もあり、フェードアウトした)。2007年(平成19年)の夏に大阪の長居スタジアムで開催された第11回世界陸上大阪大会のスポンサーも務めた。現在、吉本はホリプロと並んで多くのスポーツ選手が在籍している。吉本興業 フレッシュアイペディアより)

  • コアラのマーチ

    コアラのマーチから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2005年に千葉ロッテマリーンズの日本一を記念して、パッケージデザインをユニフォーム“戦”にし日本シリーズ優勝エンブレムと背番号26、マスコット「チャンスくん」の顔、バレンタイン監督の写真を入れた限定版を発売。翌年も「応援ありがとうございました」と書かれた限定版が発売された。コアラのマーチ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の野球

    2004年の野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    3月16日 - 千葉ロッテマリーンズ対オリックスブルーウェーブのオープン戦でオリックス監督の伊原春樹とロッテ監督のバレンタインが三塁コーチングボックスと一塁側ベンチをはさんで大喧嘩する事件が起きる。2004年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 重光昭夫

    重光昭夫から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1977年青山学院大学経済学部卒業、1980年コロンビア大学大学院修了。1981年野村証券に入社し、同社ロンドン支店で約6年間勤務しながらグローバル感覚を磨いた。1988年ロッテ商事入社。1991年1月、低迷するロッテオリオンズのてこ入れとして球団社長代行に就任。本拠地を川崎球場から千葉マリンスタジアムへ移転させ、球団名をロッテオリオンズから千葉ロッテマリーンズに変更する。同年11月にオーナー代行に就任。1995年に代表取締役に就任。広岡達朗をゼネラルマネージャーに、ボビー・バレンタインを監督に招聘するなど、チームの改革に次々と着手し、ロッテを人気チームに押し上げた人物として知られる。2010年10月19日、パ・リーグクライマックスシリーズでソフトバンクを破って優勝した際、ロッテナインらから胴上げされ「胴上げは生まれて初めての体験。ビックリしました」と感想を述べた。2011年、ロッテグループ副会長から会長に昇進。重光昭夫 フレッシュアイペディアより)

  • M☆Splash!!

    M☆Splash!!から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    過去にはボビー・バレンタイン元監督(2009年シーズンをもって退任。現在はボストン・レッドソックス監督)をはじめ、里崎智也、渡辺俊介といった選手とも共演した例がある。M☆Splash!! フレッシュアイペディアより)

  • 田澤純一

    田澤純一から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    3月9日に年俸92万ドルの1年契約でレッドソックスと契約更新。メジャー4年目で初の開幕ロースター入りを目指したが、スプリングトレーニングでは5試合の登板で7回を投げ防御率3.86、WHIP1.29と結果を残せず、3月23日にポータケットへ降格しマイナーで開幕を迎える。開幕後は4試合の登板で1セーブ、防御率0.00、WHIP1.00の成績を残し、4月18日にメジャー昇格。26日のシカゴ・ホワイトソックス戦では7回から2番手として登板し、3回無失点でメジャー初セーブを記録。4月は5試合に登板して無失点だったが、5月1日にポータケットへ降格。ボビー・バレンタイン監督は「ケビン・ユーキリスが腰痛を再発させ、野手が必要になった。田澤の投球が悪かったのではなく(契約上)マイナーに送れる数少ない選手だった」と降格の理由を語った。7月15日に再昇格し、15試合の登板で防御率1.80、WHIP1.40の好投を続けていたが、デビッド・オルティーズが故障から復帰したことに伴い8月24日に再降格したが、エイドリアン・ゴンザレスらのトレードに伴い翌日再昇格。再昇格後も17試合の登板で防御率1.53、WHIP0.45と好投を続け、1四球当たりの三振数は40イニング以上投げた投手でメジャー最高の9.00を記録。監督のバレンタインは「考えられないほど良くなった」と語り、チームメイトの松坂大輔からも「今の純一ならWBCでクローザーができる」と絶賛された。9月23日のオリオールズ戦では3年ぶりの白星を挙げ、10月4日のシーズン最終登板後には本人が「思った以上にいいシーズンだった」と振り返った。田澤純一 フレッシュアイペディアより)

  • 小林宏之 (野球)

    小林宏之 (野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    野手としてのセンスもあり、守備では「足技」を見せることもある。二遊間に抜けそうな打球を足で止めることがしばしばあり、テレビの珍プレー好プレーにも何度か登場した。2008年9月29日の対日本ハム戦で、小谷野栄一が放った強烈なピッチャーゴロを右足でトラップして宙に浮かせ、それを捕球し一塁へ送球しアウトにするというプレーを見せた。通常、先発投手は次の登板まではベンチ入りを免除される事が多いが、マリーンズ時代はボビー・バレンタイン監督に「延長戦で野手が足りなくなりそうな場合に備え、シーズン中はいつもベンチ入りしておくように」と言われ、実際に出場の準備をしたこともあるという。2009年6月2日の対巨人戦でチームが野手をすべて使い切ったため、俊足を見込まれて延長12回裏に大松尚逸の代走で起用された。また、初めて打席に立った2005年セ・パ交流戦では、打率.300(10打数3安打、全て二塁打)、3打点をマークするなど、打撃でもその力を発揮した。小林宏之 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1950年

    1950年から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    5月13日 - ボビー・バレンタイン、元メジャーリーガー、メジャーリーグ監督、プロ野球監督1950年 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀英彦

    古賀英彦から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務め同年オフ、監督ボビー・バレンタインの退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • メル・ホール

    メル・ホールから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    翌も活躍したが、オフに監督に就任したボビー・バレンタインのチーム構想から外れて退団し、中日ドラゴンズに移籍。中日では主に左翼手として出場。当時本拠地だった狭いナゴヤ球場での本塁打量産が期待されたが、両膝の故障による不振のための1シーズン限りで退団。中日時代は何故か守備時もヘルメット(耳当ての無いタイプ)を着用して守備に就いていた。メル・ホール フレッシュアイペディアより)

140件中 91 - 100件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード