156件中 11 - 20件表示
  • あぶさん

    あぶさんから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    外国人選手は例外で、作者自身『ドカベン プロ野球編』『スーパースターズ編』などの他作品でも、ある時期を境に一部の例外を除いて実在の外国人選手を登場させなくなっており、スコアボードに名前すら記載されないことも多い。これはかつてダイエーに所属したウィリー・アップショーが不振の折りに、アップショーを景浦が映画『メジャーリーグ』に連れて行くという回(43巻第5章)に登場させた際、アップショーの代理人から肖像権を盾に膨大な慰謝料を請求されたからだと言われている。それ以前は作中に他チームの外国人選手も数多く出演していた。一方監督はそれ以降も数多く登場しており、ボビー・バレンタイン(千葉ロッテマリーンズ時代)や、トレイ・ヒルマン(北海道日本ハムファイターズ時代)、テリー・コリンズ(オリックス・バファローズ時代)、マーティー・ブラウン等が出演している。なお、外国籍であっても、来日後日本の高校を卒業してドラフト指名された選手(主に韓国・台湾出身)や、出生時から日本で育った定住外国人(主に在日コリアン・華僑で日本名を通名とする選手も含む)等、外国人枠の適用を受けない選手については、日本人選手に準じた扱いで登場している。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    二軍監督から一軍監督時代の間に獲得・育成した選手が第2次バレンタイン政権下でのリーグ優勝・日本一に貢献する事となり、その手腕が評価された。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    監督にボビー・バレンタインが就任した同年は正捕手の座を確実視されたが、4月に左ひざの半月板を損傷し手術したため、出場は61試合に終わり、前年より出場機会を減らしてしまった。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶺祐太

    大嶺祐太から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ドラフト前の予想では相思相愛の福岡ソフトバンクホークスの単独一位指名が予想されていたが、ドラフト10日前にボビー・バレンタインがテレビで大嶺を見て気に入り、千葉ロッテマリーンズが強行指名を決定。くじ引きの結果、ロッテが交渉権を獲得する。その結果、大嶺本人も戸惑うこととなり、入団拒否が予想された。しかしロッテ側が、バレンタイン監督が石垣に来島、またキャンプ地を石垣島に移すことを決定するなど、説得に努めたことで、周囲は入団を期待するムードに変わっていった。結局、2006年11月27日に石垣市内で契約を結んだ。大嶺本人が最初に下した決断は1年浪人であったため、入団決定までに長い時間がかかった。大嶺祐太 フレッシュアイペディアより)

  • B.バレンタイン

    B.バレンタインから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    B.バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビーバレンタイン

    ボビーバレンタインから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビーバレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • MUSIC POWER STATION feel the μzic DA!!

    MUSIC POWER STATION feel the μzic DA!!から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    千葉ロッテマリーンズが鹿児島キャンプ期間中、ボビー・バレンタイン(当時監督)がAMU STUDIO隣のスターバックスコーヒーに寄った帰りに出演することがある。MUSIC POWER STATION feel the μzic DA!! フレッシュアイペディアより)

  • 安藤学

    安藤学から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年に当時ロッテの監督だったボビー・バレンタインと共にコンパックのCMに出演した。安藤学 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2

    プロ野球スピリッツ2から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    その他にも、セカンド・サードユニフォームの購入、タイトルバックの球場を変えることや、『2004クライマックス』より導入された監督が選手として登場するものが引き続き導入され、「2」ではコーチ(各球団1人)も選手として使用することができる。黄金時代を支えた王監督や伊東監督が選手として使用できるほか、現役時代に日本球界でプレーをしたことが無いバレンタイン監督や、ヒルマン監督も選手としての使用が可能。プロ野球スピリッツ2 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ホワイティング

    ロバート・ホワイティングから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ホワイティングのコラムは『ニューヨーク・タイムズ』、『スミソニアン』、『スポーツ・イラストレイテッド』、『ニューズウィーク』、『タイム』、『USニューズ&ワールド・レポート』などさまざまな雑誌に掲載されている。また、日本では1979年から1985年まで『デイリースポーツ』のコラムニストを務め、1988年から1992年まで人気週刊雑誌『週刊朝日』においてコラムを連載していた。1990年から1993年までは日本トップクラスのニュース番組『ニュースステーション』の記者/解説者であった。2007年以降は日本の代表的な夕刊紙『夕刊フジ』において週刊コラムを連載している。彼はNPBとMLBの両方に影響を与える現在の問題について幅広く書いており、その中には『ジャパンタイムズ』に掲載された王貞治、トレイ・ヒルマン、ボビー・バレンタイン、野茂英雄に関する4部構成の綿密なシリーズも含まれる。ロバート・ホワイティング フレッシュアイペディアより)

156件中 11 - 20件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • 全国戦没者追悼式式辞

  • 茂木敏充経済再生担当相

  • 靖国神社は近隣国から日本の過去における軍国主義の象徴だとみられており、外交上の摩擦の原因になってきた