140件中 31 - 40件表示
  • ボブ・デービッドソン

    ボブ・デービッドソンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    デービッドソンは通算61個のボークをコールしており、ボビー・バレンタイン(現ボストン・レッドソックス監督 元千葉ロッテマリーンズ監督)は「彼にはボーク・ボブ・デービッドソンというニックネームがあるくらい、自分を目立たせるためにボークをよくとる審判だ」と語っている。トレイ・ヒルマン(現ロサンゼルス・ドジャース コーチ 元北海道日本ハムファイターズ監督)もまた、マイナー時代に判定を巡って対立していた。ボブ・デービッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    前年、10.8決戦でペナントを制し日本一にも輝いた読売ジャイアンツの長嶋茂雄監督が17年ぶりに全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ制覇した西武ライオンズの森祇晶監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率いるはずだったが、森監督が日本シリーズ終了直前に退陣を表明し、この年から西武の監督になった東尾修が全パの指揮を取った(東尾が優勝監督として全パを指揮するのは1998年になってからだった)。なお、オールスターゲームに先立ち、この年の1月17日に発生した阪神・淡路大震災被災者支援のためにボビー・バレンタイン監督(ロッテ)率いる外国人選抜チーム対王貞治監督(ダイエー)監督率いる日本人選抜チームによる「ドリームゲーム」が開催された。1995年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ウィット

    ボビー・ウィットから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1982年のドラフト会議でシンシナティ・レッズから7巡目に指名されるが入団せず、オクラホマ大学に進学する。1985年のドラフト会議でテキサスレンジャーズから1巡目(全米3位)指名で入団。1986年の開幕からレンジャーズの先発ローテーション入りし11勝、174奪三振をマークするが、一方でリーグ最多の143四球と制球が荒れていた。ちなみに、当時の監督はボビー・バレンタイン。翌年の1987年もリーグ最多の140四球と荒れて、1990年まで5年連続100四球以上と制球が荒れていた。1987年8月2日には「1イニング4奪三振」の珍記録を達成。また、1987年シーズン終盤に初めて完投するまで、「メジャー初登板から55試合連続で先発しながら完投なし」というメジャーリーグワースト記録を作ってしまった。1988年シーズン当初は散々な成績でマイナー降格を経験したが、再昇格後は急成長し、9試合連続完投を記録。当時のチーム記録にあと1と迫るものであった。ボビー・ウィット フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ヒルマン

    エリック・ヒルマンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    、千葉ロッテマリーンズに入団。第一期バレンタイン政権下で1年目から12勝を挙げ、チームの2位躍進に貢献。には14勝を挙げ、同僚の伊良部秀輝と最優秀防御率のタイトルを僅差で争い、好成績が評価されてベストナインに輝いた。エリック・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    4月に引退を表明した新庄剛志(北海道日本ハムファイターズ・全パ)がどのようなパフォーマンスをするか注目された2006年のオールスターゲーム。両軍の監督は前年にそれぞれのリーグで優勝したチームの監督が務め、全パ(オールパシフィック・リーグ)は千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタイン、全セ(オールセントラル・リーグ)は阪神タイガース監督の岡田彰布が務めた。なお、日本人(日系人含む)以外の人物がオールスターゲームで監督を務めるのはバレンタインが初である。(日本国籍以外の者が初めてオールスターゲームの監督を務めたのは1975年に全セを率いた中日ドラゴンズ監督の与那嶺要)2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • コウタ

    コウタから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1998年、団野村オフィスに籍を置いてエージェント業務に携わり、同年ニューヨーク・メッツに移籍。ボビー・バレンタイン監督の下で野茂英雄、吉井理人の通訳、広報を担当。この年からN.Y.のジャック坂崎の事務所でMLBの日本の代理店業務を行うようになる。1999年には通訳のかたわらクラブハウスマンとして雑用もこなし、その働きが認められ、プレーオフの分配金を受ける。コウタ フレッシュアイペディアより)

  • 諸積兼司

    諸積兼司から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    学法石川高校(通算2回甲子園大会に出場)―法政大学から日立製作所を経て1993年のドラフト5位で千葉ロッテマリーンズに入団。入団時の背番号は00、1997年から0に変更。0は引退時まで付けた。2年目の1995年、ボビー・バレンタイン監督に「女の子のような投げ方をする選手だ」と言われながら、規定打席に到達し打率.290(打率ベストテン6位)、24盗塁を記録した。6年目の1999年には2度目の規定打席到達とともに打率.280を記録している。諸積兼司 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    5月7日の対オリックス・ブルーウェーブ戦で、風疹の流行による選手の欠場に加え、山中潔の代打交代、定詰雅彦が退場処分を受けたことにより捕手がいなくなり、急遽捕手として出場した。捕手経験は中学時代に少し練習したことがあるだけだったが、8球を受け1球もこぼさなかった。試合後、監督のボビー・バレンタインは「いい捕手だよ」とコメントした。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・バーナム・ジュニア

    ゲイリー・バーナム・ジュニアから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    同郷出身のボビー・バレンタインを尊敬しており、来日時にはバレンタインの肖像画を描いて持ってきた。この事からも分かるように油絵を趣味としており、これにあやかってファンが描いたバーナムJr.のイラストを自身が採点する「バーナム画伯の似顔絵講座」というファンイベントも開催されていた。ゲイリー・バーナム・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・シエラ

    ルーベン・シエラから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ちなみに、メジャーデビューした際のレンジャーズの監督は、当時36歳のボビー・バレンタインであった。ルーベン・シエラ フレッシュアイペディアより)

140件中 31 - 40件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード