156件中 41 - 50件表示
  • 伊藤義弘

    伊藤義弘から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    25歳でロッテに入団したため、入団直後から現役引退後の生活を模索。巨人への入団テストで不合格を通告されたことを機に、体育教師への転身を即断した。東福岡高校で3年間にわたって体育の授業で指導を受けた藤田雄一郎(現在は同校ラグビー部の監督)や、ロッテ入団時の一軍監督だったボビー・バレンタインからの影響で、「選手に考えさせる指導法」や「選手が失敗しても怒らないコミュニケーション法」に興味を持ったことによるという。伊藤義弘 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・ヒルマン

    エリック・ヒルマンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    にNPBの千葉ロッテマリーンズに入団。第一期バレンタイン政権下で1年目から12勝を挙げ、チームの2位躍進に貢献。には14勝を挙げ、同僚の伊良部秀輝と最優秀防御率のタイトルを僅差で争い、好成績が評価されてベストナインに輝いた。エリック・ヒルマン フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    なお、千葉ロッテマリーンズなどで指揮を執ったボビー・バレンタインによると、早打ち型と待球型の打者が居る場合、両者を交互に並べるジグザグ打線が効果的であるという。これには、相手投手のリズムをかく乱する意図がある。IsoD フレッシュアイペディアより)

  • 中村稔 (プロ野球審判)

    中村稔 (プロ野球審判)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    球審を務めた2007年9月11日のロッテ-日本ハム戦(千葉マリン)の6回裏無死走者一塁の場面で、打者フリオ・ズレータが打ち上げた飛球を中堅手・森本稀哲が捕球し一塁へ送球、離塁していた一塁走者・早川大輔は一塁手・稲田直人が捕球する前に帰塁したが、これをアウトと判定。そのためロッテのボビー・バレンタイン監督や高橋慶彦コーチが猛抗議して約3分間の中断となった。この判定はテレビ中継の解説倉持明も異議を唱えるなどしたが、アウトのままプレー続行された。翌日、前川芳男パ・リーグ審判部長が対応のミスを認めロッテに謝罪、中村も厳重注意を受けた。中村稔 (プロ野球審判) フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の千葉ロッテマリーンズ

    2005年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の2年目(通算3年目)のシーズンである。2005年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・サノ

    ミゲル・サノから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    はアパラチアンリーグのルーキー級で66試合に出場して打率.292・20本塁打・59打点・5盗塁の成績を残した。また、この年にはボビー・バレンタインが制作した、メジャーリーガーを目指すドミニカ共和国出身の青年にスポットを当てたドキュメンタリー映画「Ballplayer: Pelotero」(スペイン語で野球選手の意味)に主役で出演している。ミゲル・サノ フレッシュアイペディアより)

  • 津野浩

    津野浩から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    しかし広島では1試合投げただけで自由契約になり、1992年オフに入団テストを受け高木守道監督率いる中日に入団する。1994年オフに金銭トレードで広岡達朗ゼネラルマネージャー及びボビー・バレンタイン監督就任直後のロッテと球団を次々と移る。93年に復活の兆しは見せたもののそれ以降はまたしても怪我や不振に陥り、1997年現役を引退。津野浩 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    10月4日 - ボストン・レッドソックスは監督のボビー・バレンタインを解任。2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 山中潔

    山中潔から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    PL学園中学校・高等学校から小早川毅彦・阿部慶二と共に、1979年のドラフト4位で広島東洋カープへ入団。得意の打撃を生かしてに64試合、には90試合に出場。達川光男に代わって先発マスクを被ることも多く、正捕手の座を掴みかけたかに見えたが、古葉竹識監督が退任した翌からは再びベンチを温めることが多くなった。植田幸弘の台頭が見られたオフに山田勉とのトレードで福岡ダイエーホークスへ移籍。正捕手不在のダイエーでもにチームの捕手では2番目に多い45試合に出場するが、翌のシーズン開幕直前に斉藤学とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では正捕手の中村武志に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、翌オフに、五十嵐明とのトレードで日本ハムファイターズへ移籍。日本ハムでも正捕手の田村藤夫に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、田口昌徳の台頭及び近鉄からベテランの山下和彦の獲得に伴いオフに球団から戦力外通告を受ける。同年、千葉ロッテマリーンズのテストを受け合格。ロッテではボビー・バレンタイン監督に相手投手が右投手の時に積極的に登用され、はチームの捕手としては2番目に多い61試合に出場し、ロッテの2位躍進に貢献した。オフに現役を引退。山中潔 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の千葉ロッテマリーンズ

    2006年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の3年目(通算4年目)のシーズンである。2006年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

156件中 41 - 50件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • 全国戦没者追悼式式辞

  • 茂木敏充経済再生担当相

  • 靖国神社は近隣国から日本の過去における軍国主義の象徴だとみられており、外交上の摩擦の原因になってきた