140件中 41 - 50件表示
  • 澤井良輔

    澤井良輔から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年のドラフト会議では福留のハズレ1位としてロッテに指名される。澤井はセ・リーグ志望で当時アマチュア限定だったオリンピックへの出場も考えていたが、この年ロッテがボビー・バレンタインのもとで2位に躍進したことや女手一つで育てた母親への恩返しを考えて入団を決意した。1年目はプロの変化球に歯が立たず、大学出のほうが活躍するケースが多いことから自分も大学に進むべきだったと後悔したという。1997年はルーキーリーグ・アリゾナ・パドレスに野球留学した。4年目に肘を傷めて手術。2000年にプロ初安打を放ち2002年にはシーズン開幕戦をスタメンで飾るが、翌年右肩を故障したことで出場機会がなくなり2005年シーズン終了時に戦力外通告を受け、トライアウトにも参加せず引退した。澤井良輔 フレッシュアイペディアより)

  • デーブ・キングマン

    デーブ・キングマンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2月28日に金銭トレードでニューヨーク・メッツに移籍。1年目は36本塁打・88打点、はオールスターゲームに初めて選出され、先発出場を果たした。シーズンでも37本塁打・86打点を記録。6月15日にボビー・バレンタインらとの交換トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。デーブ・キングマン フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2009年5月13日のソフトバンク対ロッテ戦では福浦和也の今季初本塁打などでロッテが7-0と快勝。大嶺祐太がプロ初完投・初完封を達成し、ボビー・バレンタイン監督への良い誕生日プレゼントとなった。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • マーティ・キーナート

    マーティ・キーナートから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    大沢啓二、ボビー・バレンタインとは犬猿の仲と言われているが、バレンタインに関しては自宅のパーティーに招待するなどしており、実際は仲が悪い訳ではないようである。マーティ・キーナート フレッシュアイペディアより)

  • 幕張ベイタウン

    幕張ベイタウンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

     ベイタウン内の富士見通りとメッセ大通りは2005年11月20日に千葉ロッテマリーンズの優勝パレードで使われ、優勝パレードがスタートした富士見通りは同地区に住んでいたボビー・バレンタイン監督の名にちなんで2006年、バレンタイン通りに改称された。また、美浜プロムナードと打瀬北通り、メッセ大通りは2010年11月21日に千葉ロッテマリーンズの優勝パレードで使われた。幕張ベイタウン フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンスピリット賞

    ゴールデンスピリット賞から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    第7回(2005年):ボビー・バレンタイン監督(千葉ロッテマリーンズ)ゴールデンスピリット賞 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸山隆三

    瀬戸山隆三から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ダイエー時代と違い、今やパ・リーグでもっとも長く球団を保有しているロッテはフロント間の対立要素も比較的少なく、一時期は選手会とフロントとの間で確執が見られた時期もあったが、ボビー・バレンタインが監督に就任した2004年頃からは見られなくなり、瀬戸山としてはその実力を発揮しやすい環境である。しかし、バレンタインが退任した2009年には監督側との確執があったとされ、バレンタインが週刊朝日でロッテ球団を批判した他、古賀英彦(元2軍監督で当時スコアラー)は情報収集の妨害などチーム成績を低迷させる裏工作が行われていたと主張している。また2009年は観客動員も昨年度より8.5%減となった。2011年9月18日、今季限りでの辞任を発表。その後、1年契約で、千葉ロッテの非常勤顧問に就任。2011年11月3日、千葉商科大学客員教授に就任。瀬戸山隆三 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2003年は出場試合数、本塁打、打点とも自己最多を記録し、ロッテマリーンズの下位脱出に貢献したものの、終盤は井上純に定位置を奪われてしまった。ボビー・バレンタインが再び監督として就任した2004年のシーズン半ばの6月に、打撃力の高い右打ちの外野手を求めた阪神タイガースの岡田彰布監督の要求により、平下晃司との交換トレードで阪神タイガースに移籍する。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • Go West (曲)

    Go West (曲)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    日本のプロ野球では、千葉ロッテマリーンズの応援団が1995年(第一次ボビー・バレンタイン監督時)限定で、初回の攻撃前に使用したのが最初。後に清水崇行(元読売ジャイアンツ→埼玉西武ライオンズ)が打席に入るときのテーマ曲としてペット・ショップ・ボーイズ版が使用されるようになり、ジャイアンツ時代には曲に合わせてファンが合唱していた。Go West (曲) フレッシュアイペディアより)

  • ビル・シンガー

    ビル・シンガーから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は4月7日のシンシナティ・レッズ戦で7回からリリーフで登板して3回を無失点に抑え、同年から正式に公式記録となったセーブを記録した最初の投手となった。前半戦で13勝7敗・防御率1.98を記録し、自身初のオールスターゲームに選出され、2回を無失点に抑える。チームメートのクロード・オスティーンと並んでチーム最多、自身初の20勝を記録。防御率は終盤まで1点台を維持しながら最後の4試合で打ち込まれ、惜しくもタイトルは逃したものの2.34、リーグ3位の247奪三振を記録し、同年限りで引退したドン・ドライスデールに代わり、先発の柱となる。は7月20日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で死球と失策の走者2人を許したのみのノーヒッターを達成するなど、7月に5勝0敗を記録しプレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞したが、故障の影響で8勝に終わる。は開幕投手を務めるも10勝17敗、翌年も6勝16敗と大きく負け越すなど不本意な成績で、11月28日にアンディ・メサースミスら2名との交換トレードで、フランク・ロビンソン、ボビー・バレンタインら4名と共にカリフォルニア・エンゼルスへ移籍。ビル・シンガー フレッシュアイペディアより)

140件中 41 - 50件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード