156件中 51 - 60件表示
  • 2007年の千葉ロッテマリーンズ

    2007年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の4年目(通算5年目)のシーズンである。2007年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の千葉ロッテマリーンズ

    2004年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のボビー・バレンタイン監督体制の1年目(通算2年目)のシーズンである。2004年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・バーナム・ジュニア

    ゲイリー・バーナム・ジュニアから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    同郷出身のボビー・バレンタインを尊敬しており、日本入りした際にはバレンタインの肖像画を描いて持ってきた。この事からも分かるように油絵を趣味としており、これにあやかってファンが描いたバーナムJr.のイラストを自身が採点する「バーナム画伯の似顔絵講座」というファンイベントも開催されていた。ゲイリー・バーナム・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 古賀英彦

    古賀英彦から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    帰国後は叔母のツテを頼って大洋ホエールズの打撃投手兼通訳(1973年 - )を務める。に太平洋クラブライオンズで一軍投手コーチ補佐(登録名はハイデー古賀)、その後は南海ホークスなどで通訳、編成担当を歴任。南海の後身である福岡ダイエーホークス職員だったから3年間、日本人として初めてマイナーリーグ1Aのサリナス・スパーズの監督に就任(サリナスとダイエーは懇意の関係にあった)、ダイエー(村松有人など)やヤクルト(河野亮など)からの派遣選手や、後にダイエーにドラフト1位で入団する大越基やメジャーリーガーとなるマック鈴木らを指導している。ハワイ・ウィンターリーグ球団のコーチ・監督を経て、からは旧知の仲である専務の根本陸夫の要請で福岡ダイエーホークスに復帰。ヘッドコーチ、二軍監督を務め、松中信彦や吉武真太郎らを育てたほか、外国人選手の通訳、外国人の世話係を兼務した(まで)。にはアメリカ独立リーグのウエスタン・ベースボール・リーグに加盟するソノマカウンティ・クラッシャーズでティム・アイルランドが監督の下、ケビン・ミッチェルと共にベンチコーチを務めた。なお、ホークス時代一緒に在籍していた佐々木誠も選手としてプレーしていた。からは千葉ロッテマリーンズで二軍監督を務め、、にはイースタン・リーグ連覇へ導いている。シーズン中に体調を崩して入院し、成績不振(最下位)だったこともあり、一度はフロント入りを打診されたが、成瀬善久らを育成した実績を盾に現場にとどまれるよう食い下がった結果、は二軍ヘッドコーチに配置換えとなった。からスコアラーを1年間務めて同年オフ、ボビー・バレンタイン監督の退任に合わせて退団。退団後、2009年の低迷の裏には、球団代表の瀬戸山隆三による圧力があったと主張している。古賀英彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    12月21日 - ロッテは監督のボビー・バレンタインの来シーズン限りでの退団を発表。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の千葉ロッテマリーンズ

    2008年の千葉ロッテマリーンズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年の千葉ロッテマリーンズは、2回目のバレンタイン監督体制の5年目(通算6年目)のシーズンである。2008年の千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    7月28日 - ロッテは監督のボビー・バレンタインが友人の見舞いのため帰国したため、この日のヤフーBBスタジアムでの対オリックス19回戦はヘッドコーチの西村徳文が監督代行を務めた。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大慈彌功

    大慈彌功から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    現役引退後は、帰郷し地元企業に勤務した。その際に、縁あって渡英し英語力を身につける。その後、福岡ダイエーホークスのフロント、通訳、千葉ロッテマリーンズの通訳(1995年、来日当初のボビー・バレンタイン監督の通訳)を歴任。大慈彌功 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ピアッツァ

    マイク・ピアッツァから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ピアッツァは日本でも名が知られている選手である。野茂英雄が渡米した際にはドジャースの正捕手として、またピアッツアがやはり日本でもお馴染みのボビー・バレンタイン監督(当時)が率いるメッツに移籍した際と、新庄剛志がメッツに入団してピアッツアとチームメイトになった(2001年の移籍時と2003年の復帰時)際にも、日本で新聞やニュースで報道されていた。マイク・ピアッツァ フレッシュアイペディアより)

  • Go West (曲)

    Go West (曲)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    日本のプロ野球では、千葉ロッテマリーンズの応援団が1995年(第一次ボビー・バレンタイン監督時)限定で、初回の攻撃前に使用したのが最初。後に清水隆行(元読売ジャイアンツ→埼玉西武ライオンズ)が打席に入るときのテーマ曲としてペット・ショップ・ボーイズ版が使用されるようになり、ジャイアンツ時代には曲に合わせてファンが合唱していた。Go West (曲) フレッシュアイペディアより)

156件中 51 - 60件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • ファンの方から愛される選手になりたい

  • 大谷は来季、もっとレベルアップする。肘が治れば投手としてもさらに良くなるだろう

  • 務める王貞治