140件中 51 - 60件表示
  • テリー・コリンズ (野球)

    テリー・コリンズ (野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    千葉ロッテマリーンズで監督を務めていたボビー・バレンタインとは交友がある。また、現在独身であるが、結婚・離婚ともに経験していることをコリンズ本人が認めている。来日直後から、吉本興業のタレントシルクとはたびたび食事をともにするなどの交流があり、そこから交際説が度々報じられ、一時は「結婚秒読み」などと報じられていた。テリー・コリンズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • トム・ロブソン

    トム・ロブソンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    トム・ロブソン(Thomas James Robson、1946年1月15日-)は元プロ野球選手、コーチ。アメリカ合衆国・ニューヨーク州ロチェスター出身。日本では現役時代は南海ホークスでプレーし、引退後は千葉ロッテマリーンズの打撃コーチを務めた。日米で監督を務めたボビー・バレンタインの右腕的存在としても有名。トム・ロブソン フレッシュアイペディアより)

  • 山中潔

    山中潔から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    同年、千葉ロッテマリーンズのテストを受け合格。ロッテではボビー・バレンタイン監督に相手投手が右投手のときに積極的に登用され、はチームの捕手としては2番目に多い61試合に出場し、ロッテの2位躍進に貢献した。山中潔 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ユーキリス

    ケビン・ユーキリスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    はウィル・ミドルブルックスの台頭によってチームの構想から外れた。またこの当時、監督だったボビー・バレンタインと不仲だった事がたびたびメディアで報じられた。ケビン・ユーキリス フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    オリックスの本拠地神戸では、この年の1月17日に阪神・淡路大震災が発生しており、前年200本安打を達成したニューヒーロー・イチローや最年長ノーヒッター(当時)佐藤義則などの活躍に加え、神戸市民はおろか日本中の野球ファンの応援を受けたオリックスはペナントを独走、本拠地胴上げこそバレンタイン監督率いる千葉ロッテマリーンズに阻止されたが、劇的なパ・リーグ制覇を果たした。1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    7月5日、西村徳文コーチがボビー・バレンタイン監督よりスタメンを告げられる際に、本来三塁で先発出場する予定だった今江の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞きまちがえてしまい、堀幸一が2年ぶりにスタメン三塁で出場する珍事があった。結局堀は第1打席で犠牲フライを放ったのち、3回表の守備より今江と交代した。チーム4位の60打点を記録したものの、打率は.247と低調に終わり、2005年から受賞していたゴールデングラブ賞は小谷野栄一に譲る形となってしまった。今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    その後、10月10日の対ヤクルト戦(明治神宮野球場)に勝利、阪神は同日の対横浜戦(横浜スタジアム)に敗れたため、巨人の2年連続32回目のリーグ優勝が決定した(この時の残り試合数は巨人:1、阪神:2)。最大13ゲーム差を逆転して1996年の記録を更新したため、マスコミは「メークドラマ」を超える「メークレジェンド(伝説を作る)」「レジェンド完結」と呼んだ。元々はボビー・バレンタインの発言が発祥で、原は「メークレジェンド」という言葉は使わなかった。そのため、一部報道機関ではメークドラマの再現ということでリメークドラマなどとも報道され、優勝決定後も統一されなかったが、原は優勝会見で少し意識したのか「…歴史をつくり、伝説をつくり…」と発言した。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 薮田安彦

    薮田安彦から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン監督が就任したに中継ぎへ転向。ブライアン・シコースキーの退団で右のリリーフが手薄になっていたこともあり、この年リーグ最多の66試合に登板。中継ぎ転向後、先発時代は140km/hそこそこだった球速が150km/h近くを表示するようになった。薮田安彦 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2

    プロ野球スピリッツ2から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    その他にも、セカンド・サードユニフォームの購入、タイトルバックの球場を変えることや、『2004クライマックス』より導入された監督が選手として登場するものが引き続き導入され、「2」ではコーチ(各球団1人)も選手として使用することができる。黄金時代を支えた王監督や伊東監督が選手として使用できるほか、現役時代に日本球界でプレーをしたことが無いバレンタイン監督や、ヒルマン監督も選手としての使用が可能。プロ野球スピリッツ2 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2004年から監督に復帰したボビー・バレンタインは「自分がいたらこんな無用な怪我はさせていない」と語っている。これはバレンタイン解任後の1997年に、黒木が敗戦試合にも意味なく長いイニングを投げたことを意味すると思われる。この年、過度に肩を酷使して肩を消耗させたことが、黒木の投手生命を縮めたと言われている。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

140件中 51 - 60件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード