156件中 61 - 70件表示
  • 幕張ベイタウン

    幕張ベイタウンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

     ベイタウン内の富士見通りとメッセ大通りは2005年11月20日に千葉ロッテマリーンズの優勝パレードで使われ、優勝パレードがスタートした富士見通りは住民ではなく千葉市主導で同地区に住んでいたボビー・バレンタイン監督の名にちなんで2006年、バレンタイン通りに改称された。また、美浜プロムナードと打瀬北通り、メッセ大通りは2010年11月21日に千葉ロッテマリーンズの優勝パレードで使われた。幕張ベイタウン フレッシュアイペディアより)

  • ティム・マッキントッシュ

    ティム・マッキントッシュから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    捕手もできるということから、1995年7月の阪神大震災復興支援チャリティードリームゲーム(日本人と外国人の対抗のオールスターゲーム)では、当時のロッテの監督であったボビー・バレンタインの発案によりマスクをかぶる予定であったが、打撃不振のため、6月には解雇された(結局、チャリティードリームゲームではロッテの定詰雅彦がジョーの登録名で、巨人の大久保博元がデーブの登録名で、マスクを被った)。ティム・マッキントッシュ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・オチョア

    アレックス・オチョアから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は、ボビー・バレンタインが指揮を執るレッドソックスの一塁コーチを務めた。アレックス・オチョア フレッシュアイペディアより)

  • BUTCH

    BUTCHから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン(「イチバンですね」以外の台詞は無し)BUTCH フレッシュアイペディアより)

  • ビル・シンガー

    ビル・シンガーから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は4月7日のシンシナティ・レッズ戦で7回からリリーフで登板して3回を無失点に抑え、同年から正式に公式記録となったセーブを記録した最初の投手となった。前半戦で13勝7敗・防御率1.98を記録し、自身初のオールスターゲームに選出され、2回を無失点に抑える。チームメイトのクロード・オスティーンと並んでチーム最多、自身初の20勝を記録。防御率は終盤まで1点台を維持しながら最後の4試合で打ち込まれ、惜しくもタイトルは逃したものの2.34、リーグ3位の247奪三振を記録し、同年限りで引退したドン・ドライスデールに代わり、先発の柱となる。は7月20日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で死球と失策の走者2人を許したのみのノーヒッターを達成するなど、7月に5勝0敗を記録しプレイヤー・オブ・ザ・マンスを受賞したが、故障の影響で8勝に終わる。は開幕投手を務めるも10勝17敗、翌年も6勝16敗と大きく負け越すなど不本意な成績で、11月28日にアンディ・メサースミスら2名との交換トレードで、フランク・ロビンソン、ボビー・バレンタインら4名と共にカリフォルニア・エンゼルスへ移籍。ビル・シンガー フレッシュアイペディアより)

  • ノーラン・ライアン

    ノーラン・ライアンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    レンジャーズ時代の監督でNPB千葉ロッテマリーンズでも監督を務めたボビー・バレンタインとは旧知の間柄であり、その縁もあって7月18日に千葉マリンスタジアムで行われたオリックス・バファローズ戦で始球式を行った。ノーラン・ライアン フレッシュアイペディアより)

  • マリンガン打線

    マリンガン打線から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2005年に監督を務めたボビー・バレンタインは、対戦相手や選手の調子などに応じて毎試合打線を組み替えていたため、この年の公式戦、プレーオフ、日本シリーズの全147試合で組まれた打線は135通りに及ぶ。そのため、「マリンガン打線」は1通りの打線に対してではなく、これらの総称として用いられる。なお、ポジションが2つ以上記されているのは、打順が同じだが試合ごとにポジションが異なっているためである。マリンガン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の野球

    1995年の野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    10月17日 - 千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタインを解任。後任にはヘッドコーチの江尻亮が就任。1995年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • マット・フランコ

    マット・フランコから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ファンからは通称「マティー」(Matthewの短縮型)などと呼ばれていた。内角に強く外角も逆らわず逆方向へ打ち返せる“日本向き”な野球ができた。守備に対しての評価は低く(千葉テレビの解説者である倉持明が中継中に思わず「へたくそですねー」と言ったほど)、打球反応が悪く守備範囲が狭い上に球際に弱いため、指名打者としての出場も多かったが、一塁・三塁・外野(左翼・中堅・右翼全て)の5ポジションをこなせる。来日当初は内外野全てのポジション、さらに捕手もこなせると話題になった。はボビー・バレンタイン監督の下、さまざまな打順と守備位置をこなし、打率.300・21本塁打・78打点を記録。パ・リーグ外野手部門のベストナインを受賞した。ベニー・アグバヤニとともにチームの打撃の柱として活躍し、チームのリーグ優勝・日本一に貢献。マット・フランコ フレッシュアイペディアより)

  • 諸積兼司

    諸積兼司から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    学法石川高校(通算2回甲子園大会に出場。チームメイトに伊藤博康〈巨人→ダイエー〉、作山和英〈ダイエー〉がいる。),法政大学から日立製作所を経て1993年のドラフト5位で千葉ロッテマリーンズに入団。入団時の背番号は00(1997年から0に変更。0は引退時まで付けた)。プロ初出場を果たした1年目の1994年4月13日の近鉄戦(藤井寺球場)で、法大時代の同級生である高村祐からプロ初安打を記録した。2年目の1995年、ボビー・バレンタイン監督に「女の子のような投げ方をする選手だ」と言われながら、1番センターのポジションに定着。規定打席にも到達し打率.290(打率ベストテン6位)、24盗塁を記録した。6年目の1999年には2度目の規定打席到達とともに打率.280を記録している。諸積兼司 フレッシュアイペディアより)

156件中 61 - 70件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • ファンの方から愛される選手になりたい

  • 大谷は来季、もっとレベルアップする。肘が治れば投手としてもさらに良くなるだろう

  • 務める王貞治