140件中 71 - 80件表示
  • マリーンズファン

    マリーンズファンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボイコットされた応援の代わりに、内野席から剛コールが湧き上がり、監督のボビー・バレンタインも剛コールに合わせて手を振る姿がテレビ中継で映し出された。試合終盤には、これらの行為を繰り返した一部ファンへの「帰れ」コールが出るなど、終始異様なムードが漂う試合となってしまった。9月29日の西武戦では西岡に対して通常の応援が行われ、ホームでの最終戦となる10月6日は不測の事態に備えて警備員が増員されたものの心配された騒動は起こらず、球場に詰めかけた29,000人の声援の中、退団する監督のボビー・バレンタインのセレモニーが執り行われた。この日の試合前千葉ロッテマリーンズ外野応援団は謝罪を行ったが、前述の事が引き金となり、結果的に外野応援団並びにM.V.Pは解散する結果となってしまった。マリーンズファン フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2006年の千葉ロッテマリーンズは、対福岡ソフトバンクホークス戦において、先発3本柱である清水直行、渡辺俊介、小林宏之をWBCに供出し、ボビー・バレンタイン監督の意向でWBC出場の投手は開幕カードを休ませることにしたため、前年度の新人王である、プロ2年目の久保康友を開幕投手に抜擢した。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    6月3日 - 札幌ドームで行われた日本生命プロ野球セ・パ交流戦2007、日本ハム対阪神第2回戦は日本ハムが2-0で勝利した。日本ハムは同球団タイ記録となる11連勝をマークしたと同時に、昨年ロッテが記録した交流戦9連勝のタイ記録にも並んだ(連勝記録は9日のヤクルト戦まで、14に伸ばした)。またトレイ・ヒルマン監督が就任してから通算300勝目をマーク。外国人監督の通算300勝は与那嶺要、ボビー・バレンタインに続いて3人目となった。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の野球

    2003年の野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    11月3日 - ロッテ監督に元ニューヨーク・メッツ監督のボビー・バレンタインが就任、8年ぶりにロッテ監督に復帰となる。背番号は2。2003年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    10月17日 - パ・リーグのプレーオフ第2ステージ、ロッテがソフトバンクに3勝2敗で勝利し、31年ぶり5度目のリーグ優勝。マリーンズになってからは初めての優勝となる (当時は第2ステージ勝利チームがリーグ優勝という扱いだった)。またボビー・バレンタイン監督は史上初の日本プロ野球とアメリカメジャー・リーグの優勝監督となった。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の野球

    1994年の野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ロッテの新監督に元テキサス・レンジャーズ監督のボビー・バレンタインが就任。1994年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    埼玉に移り住んだ小学4年より野球を始める。二松學舍大付属高校では、2学年時からエース投手・3番打者で活躍し、高3夏の東東京大会は惜しくも準優勝で甲子園ならず。高校通算30本塁打。同校卒業後は社会人野球の東芝府中に入社、打者に転向し、内野手としてプレーする。都市対抗野球大会に3回出場した。1989年ドラフト4位でロッテオリオンズ(1992年より千葉ロッテマリーンズ)に契約金4300万円・年俸520万円(金額は推定)で入団。1995年には第一次バレンタイン政権の5番打者となり、打率.301、本塁打25本、打点80で自身初の打点王、三塁手のベストナインのタイトルを獲得。またこの年球団初の1億円プレーヤーとなる。初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2003年には通算50三塁打を達成する。2004年は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 中村稔 (プロ野球審判)

    中村稔 (プロ野球審判)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    球審を務めた2007年9月11日のロッテ-日本ハム戦(千葉マリン)の6回裏無死走者一塁の場面で、打者フリオ・ズレータが打ち上げた飛球を中堅手・森本稀哲が捕球し一塁へ送球、離塁していた一塁走者・早川大輔は一塁手・稲田直人が捕球する前に帰塁したが、これをアウトと判定。そのためロッテのボビー・バレンタイン監督や高橋慶彦コーチが猛抗議して約3分間の中断となった。この判定はテレビ中継の解説倉持明も異議を唱えるなどしたが、アウトのままプレー続行された。翌日、前川芳男パ・リーグ審判部長が対応のミスを認めロッテに謝罪、中村も厳重注意を受けた。中村稔 (プロ野球審判) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    千葉ロッテマリーンズの小宮山悟が同監督のボビー・バレンタインにこの采配について尋ねたところ「昨年負けた対戦相手、1点差、絶対的な守護神、地元での日本一、私も同じ采配をする」と語ったという。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

140件中 71 - 80件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード