156件中 81 - 90件表示
  • 橋本将

    橋本将から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインが9年ぶりに監督に復帰したからは、相手先発などに合わせて左打ちの橋本と右打ちの里崎が併用されるのが基本方針となった。この年は橋本が正捕手に最も近い存在で自己最多の93試合出場、13本塁打を記録した。は逆に里崎が正捕手格になり、橋本の先発試合は相手先発が右投手の時に限られた(ただし先発が右投手の時も里崎が先発することもあった)ために出場数は72試合だったが、高い出塁率やしぶとい打撃、安定感のあるリードで投手陣を支え、出場試合での勝率・防御率では正捕手を争う里崎を凌いだ。明るく積極的な里崎、地味ながら堅実に貢献した橋本という、対極的かつ個性・実力ある二人の捕手の併用は、この年にロッテが31年ぶりのリーグ優勝・日本一に輝いた原動力の一つで、バレンタイン独特の選手起用術「ボビー・マジック」の象徴とも言える。この年から始まったアジアシリーズでは日本人第1号本塁打を放った。もともと安打数の割に四球が多いのも特徴だったが、この年は52安打に対してほぼ同数の48四球を選んでいる。その結果、打率は里崎よりも5分近く低いが、出塁率は逆に橋本の方が3分以上高くなった。橋本将 フレッシュアイペディアより)

  • 川井貴志

    川井貴志から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    この年からチームに復帰したボビー・バレンタイン一軍監督の構想で、中継ぎに専念。一軍公式戦47試合に登板したが、2勝3敗、防御率7.11という成績にとどまった。川井貴志 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・デービッドソン

    ボブ・デービッドソンから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    デービッドソンは通算62個のボークをコールしており、ボビー・バレンタイン(前ボストン・レッドソックス監督、元千葉ロッテマリーンズ監督)は「彼にはボーク・ボブ・デービッドソンというニックネームがあるくらい、自分を目立たせるためにボークをよくとる審判だ」と語っている。トレイ・ヒルマン(現ロサンゼルス・ドジャース コーチ 元北海道日本ハムファイターズ監督)もまた、マイナー時代に判定を巡って対立していた。ボブ・デービッドソン フレッシュアイペディアより)

  • 小坂誠

    小坂誠から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    は腰痛などの故障が長く続き、出場試合数が大幅に減少した。この年からボビー・バレンタイン新監督の統計スタッフの分析により「ゴロヒットよりフライヒットが多い」との指摘を受け、転がす打撃から外野へ飛ばす打撃にスタイルを変える。シーズン途中から眼鏡を使い始め、2007年からコンタクトレンズを試みた時期もあったが、その後、眼鏡とチューインガムがトレードマークとして定着した。小坂誠 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインが再び監督として就任した2004年のシーズン半ばの6月に、打撃力の高い右打ちの外野手を求めた阪神タイガースの岡田彰布監督の要求により、平下晃司との交換トレードで阪神タイガースに移籍する。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    4月に引退を表明したSHINJO(新庄剛志〈以下「新庄」〉、北海道日本ハムファイターズ・全パ)がどのようなパフォーマンスをするか注目された2006年のオールスターゲーム。両軍の監督は前年にそれぞれのリーグで優勝したチームの監督が務め、全パ(オールパシフィック・リーグ)は千葉ロッテマリーンズ監督のボビー・バレンタイン、全セ(オールセントラル・リーグ)は阪神タイガース監督の岡田彰布が務めた。なお、日本人(日系人・通名使用の定住外国人・帰化日本人を含む)以外の人物がオールスターゲームで監督を務めるのはバレンタインが初である。2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • DEEN

    DEENから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    千葉ロッテマリーンズの元監督であるボビー・バレンタインは、DEENの大ファンである。1995年初来日時、『未来のために』を聴いて以来のファンで、メンバーから招待された時に限らず、プライベートで何度もライブに足を運んでいる。2005年にはボビー・バレンタインの希望で、DEENによる試合前の国歌斉唱と始球式も行われた。同年マリーンズファン感謝デーでは、「未来のために」の英語版、「このまま君だけを奪い去りたい」、「翼を広げて」の3曲を熱唱。2006年には監督から直々に依頼され、チーム公式イメージソングとして「ダイヤモンド」を提供し、ボビー・バレンタインがPVに出演した。DEEN フレッシュアイペディアより)

  • ダン・セラフィニ

    ダン・セラフィニから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    オールスター終了後、左足に重傷を負いながら、ローテーションに入り投げ続けた。ボビー・バレンタイン監督曰く「投球はできるが、走れない」状況だったという。そのためファーストゴロで一塁ベースカバーに入れない状態が続き、守備での刺殺数がほかの投手に比べて極めて少なかった。プレーオフ第2ステージでは2度にわたり杉内俊哉と投げ合い、1勝をあげる。さらに日本一を決めた日本シリーズ第4戦でも勝利投手となり、優勝および日本一に大きく貢献した。シーズンオフにロッテは交渉を求めたが、結局音信不通になりロッテから自由契約選手となる。その後、年俸150万ドル(1億7,200万円)で1年契約を結び、オリックス・バファローズへ入団した。ダン・セラフィニ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    千葉ロッテマリーンズの小宮山悟が同ボビー・バレンタイン監督にこの采配について尋ねたところ、「昨年負けた対戦相手、1点差、絶対的な守護神、地元での日本一、私も同じ采配をする」と語ったという。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋慶彦

    高橋慶彦から見たボビーバレンタインボビー・バレンタイン

    、オールスター終了後ダイエー時代の球団代表だった瀬戸山隆三の要請で千葉ロッテマリーンズの一・二軍巡回コーチに就任した。より正式に一軍走塁コーチとなり、自身と同じスイッチヒッターの遊撃手である西岡剛を一人前に育てるなど、チームの日本一に貢献した。トム・ロブソンの指導で打撃が低迷していた李承燁を指導し、巨人移籍後李からの要請で指導したこともある。からは一軍打撃コーチを務めたが、はチーム打率がリーグ最下位と低迷した。2009年の6月6日の中日ドラゴンズ戦終了後にはここ3試合33イニングでわずか3得点に終わり当時監督だったボビーバレンタインから「打撃コーチを一時的に交代させるとか、そんな事を含めて、これから打開策を考えないといけない」と批判された。より二軍監督を務め、同年にイースタン・リーグ優勝(4年ぶり8度目)及びファーム選手権優勝(二軍日本一)に導く。は一軍ヘッドコーチを務めたが、10月15日付で球団から退団を通知される。高橋慶彦 フレッシュアイペディアより)

156件中 81 - 90件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード

  • 全国戦没者追悼式式辞

  • 茂木敏充経済再生担当相

  • 靖国神社は近隣国から日本の過去における軍国主義の象徴だとみられており、外交上の摩擦の原因になってきた