140件中 81 - 90件表示
  • 立花龍司

    立花龍司から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    一方、立花はロッテで活躍し、特に1995年にはアメリカ人監督のボビー・バレンタインからの信頼も寄せられてチームの2位躍進に貢献した。この時には伊良部秀輝、小宮山悟、エリック・ヒルマンなど、当時リーグ屈指といわれた投手陣を指導した。なお、ヒルマンは1995年からの2年間で410イニングに登板し26勝を挙げたが、に移籍した読売ジャイアンツでは左肩痛を訴え、2年間でわずか6イニング、未勝利に終わった。立花龍司 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ウィリアムス

    ジェフ・ウィリアムスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    その後、ドラフト外でロサンゼルス・ドジャースと契約。にメジャー昇格し、オーストラリア人9人目のメジャーリーガーとなる。メジャーデビューは同年9月12日、ドジャー・スタジアムでの対ニューヨーク・メッツ戦で、9回表にドジャースの5番手投手として登板し、最初の打者ロビン・ベンチュラを四球で歩かせている。同じ試合で、後に千葉ロッテマリーンズに所属したベニー・アグバヤニとも対戦し三ゴロに仕留めた。これがウィリアムスが討ち取ったメジャーにおける初アウトである。また当時のメッツには、ボビー・バレンタイン監督や控え選手のマット・フランコもいたが、のちに彼らとは日本の交流戦や日本シリーズなどで顔を合わせることになる。ジェフ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマンNEO

    サラリーマンNEOから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン(教えて!Mr.バレンタイン)サラリーマンNEO フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    7月4日 - サンヨーオールスターゲーム2006の出場全選手発表。監督推薦により初出場となったのは、パ・リーグからは涌井秀章投手(西武)、平野佳寿投手(オリックス)、武田久投手、八木智哉投手(以上日本ハム)、福盛和男投手(楽天)、ホセ・フェルナンデス内野手(楽天)、森本稀哲外野手(日本ハム)、朝倉健太投手(中日)、石川雅規投手(ヤクルト)、内海哲也投手(巨人)、村田修一内野手(横浜)、東出輝裕内野手(広島)、アレックス・オチョア外野手(中日)の13選手。また、ボビー・バレンタイン監督(パ・リーグ、ロッテ)は選手・監督を通じて初のオールスターゲーム出場となる(チームを2位に引き上げた1995年の翌年には日本球界にいなかったため)。2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 定詰雅彦

    定詰雅彦から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    1995年7月24日に行われた阪神大震災復興支援チャリティードリームゲーム(日本人選抜チーム対外国人選抜チームの試合)で、この試合で捕手を務める予定だったティム・マッキントッシュが6月に帰国してしまい、外国人選手枠に捕手がいなかったため、ロッテ監督でこの試合外国人チーム監督でもあったボビー・バレンタインの推薦により外国人選抜チームに出場。登録名を「ジョー」とし(他の捕手として大久保博元(登録名は「デーブ」)が出場)、「JOE」のネームが入った特注のユニフォームを着用した。定詰雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    大の野球ファンとして有名で、1989年からはテキサス・レンジャーズの共同オーナーも務めていた。当時のテキサス・レンジャーズ監督は2005年11月15日に大阪国際空港でジョージ・W・ブッシュを出迎えたボビー・バレンタイン。大統領時代も度々メジャーリーグの始球式を行っている。2009年11月3日、東京ドームで行われたプロ野球日本シリーズ第3戦(日本ハム?読売ジャイアンツ)の始球式にも登場した。2002年に選手会のストライキが濃厚になった時にはストライキの中止を求めるコメントを出した。その結果、ストライキは直前で中止された。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • マリンガン打線

    マリンガン打線から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2005年に監督を務めたボビー・バレンタインは、対戦相手や選手の調子などに応じて毎試合打線を組み替えていたため、この年の公式戦、プレーオフ、日本シリーズの全147試合で組まれた打線は135通りに及ぶ。そのため、「マリンガン打線」は1通りの打線に対してではなく、これらの総称として用いられる。なお、ポジションが2つ以上記されているのは、打順が同じだが試合ごとにポジションが異なっているためである。マリンガン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 高知ファイティングドッグス

    高知ファイティングドッグスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    2006年よりアイランドリーグの各チームは、それまでのIBLJの直接保有から独立した会社組織へと体制変更した。その中で、高知だけは2007年シーズンまで地元からの出資がなくIBLJの全額出資のままであった。チームの経営安定化のために出資者の確保が求められ、2007年6月に千葉ロッテマリーンズのボビー・バレンタイン監督が「アイランドリーグのチームの買収を検討中」とコメントしたと報じられた(その後ロッテ球団側が否定)際にも、マスコミに候補として名があがった。高知ファイティングドッグス フレッシュアイペディアより)

  • いのちの響

    いのちの響から見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタイン 千葉ロッテマリーンズいのちの響 フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・ゴンザレス

    エイドリアン・ゴンザレスから見たボビー・バレンタインボビー・バレンタイン

    はオールスター終了時点で5本塁打、37打点と物足りない数字であったが、オールスター以降は好調を維持していた。しかしチームは前年以上に低迷し、ゴンザレス自身もこの年から監督に就任したボビー・バレンタインとの確執が噂されていた。エイドリアン・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

140件中 81 - 90件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード