前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た菊地凛子

    グリーンガムのCMに選手たちと一緒に出演し、中央でサムアップのポーズをしたり、落ち込んでいるヒロイン「よしこ」を代打(ポジションは指名打者)で起用、「さぁ、行きましょう!」と励ましたりする演技が光っている(勿論、声は吹き替え)。その後、アカデミー賞候補で大ブレイクした“よしこ”こと菊地凛子からバレンタインデーに手製のチョコレートを贈られ、「アカデミー賞の日本の子が、あの“よしこ”とは」と絶賛、感激していた。このCMでは他に、選手達が、仕事上のミスから残業して後始末をする羽目になったよしこを「失敗するから成功もあるのさ、取り返せばいい」と励ますバージョンもある。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た里崎智也

    大胆な若手選手の先発起用、ほぼ全てのポジションに複数の選手を充て競争意識を高めつつ適度に休養を取らせる、里崎智也、橋本将の2人の捕手を先発投手に合わせ入れ替える(両選手ともに打撃も良く、スタメンマスクを外れても指名打者として出場することもあった)、クリーンナップを2組作って投入するなど独特の起用法が当たり、「ボビーマジック」と呼ばれた。特に目覚しい活躍を見せた西岡剛、今江敏晃らは「ボビーチルドレン」と呼ばれた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た伊原春樹

    相手監督に度々激昂することもあり、復帰1年目の2004年のオリックス・ブルーウェーブとのオープン戦では当時のオリックスの監督だった伊原春樹と試合中に口論。伊原が「じゃかましいわいこの野郎」と日本語で怒鳴りつけた。また外国人記者クラブで当時東北楽天ゴールデンイーグルスのGMだったマーティ・キーナートの会見が長引き、次の番であったバレンタインは業を煮やし会場に「早くしろ!」と野次を飛ばし、キーナートと一触即発の状態になった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たDEEN

    DEENのファンとしても知られる。きっかけは初来日当時の1995年の劇空間プロ野球のテーマソングが「未来のために」で、この曲に感銘を受けたことからファンになった。プライベートでDEENのライブに行くほどである。2006年にはダイヤモンド/光の珠〜The shining ball〜にVoice&vocalで参加している。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た吉井理人

    その後ナショナルリーグ・ニューヨーク・メッツの監督に就任し、柏田貴史、吉井理人、新庄剛志、小宮山悟ら日本人選手を積極的に受け入れた。2000年にはワイルドカードからディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズを勝ち上がり、ワールドシリーズへの出場を果たした。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た江藤省三

    しかし広岡や尾花高夫・江藤省三ら一部のコーチとの確執が表面化し、1年で解任。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た今江敏晃

    大胆な若手選手の先発起用、ほぼ全てのポジションに複数の選手を充て競争意識を高めつつ適度に休養を取らせる、里崎智也、橋本将の2人の捕手を先発投手に合わせ入れ替える(両選手ともに打撃も良く、スタメンマスクを外れても指名打者として出場することもあった)、クリーンナップを2組作って投入するなど独特の起用法が当たり、「ボビーマジック」と呼ばれた。特に目覚しい活躍を見せた西岡剛、今江敏晃らは「ボビーチルドレン」と呼ばれた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た黒木知宏

    彼の采配において特筆すべき点は、その選手起用の在り方である。彼自身が現役時代怪我に泣いたせいか、選手の故障・酷使には敏感であり、どんなに好調な選手であっても体調管理を選手自身の判断に任せず、一定間隔で休養をとらせている。特に投手陣にいたっては、必ず5人?6人で先発ローテーションを組み、投球数にも制限を設ける。2度目の来日当初、怪我(度重なる酷使が原因といわれる)で一軍から遠ざかっていた黒木知宏に、「自分がいればこんな無用な故障はさせなかった」と語った。そのように体調管理を徹底した一方で、選手の服装や髪型に関して規律を求めることはなかった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た角中勝也

    日本のプロ野球は下部リーグを充実させるべきであるという意見を持っており、2007年には四国アイランドリーグ(当時)の球団をロッテが買収するというプランを披露したことがある(球団サイドは否定したが、その後アイランドリーグに選手を派遣する構想は表明している)。2008年4月にアイランドリーグ出身の角中勝也が初めてホームランを放った際にも下部リーグの重要性を指摘するコメントを述べた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た松坂大輔

    「WBCで日本が優勝したことで我々の国の野球は世界で一番だと証明されたんだ。なのに、なぜ皆“メジャーで挑戦”と言う?」と日本人選手のメジャーリーグ志向に警鐘を鳴らしている。また、松坂大輔のポスティングシステムによるメジャー移籍の際にも「入札には日本の球団も参加できるようにすべきだ」と話している。しかし2009年、ニューヨークタイムズの取材で、第2回WBCについてコメントをした際には、MLBを優先してベストメンバーの揃わないアメリカ代表を擁護する発言をしている。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード