137件中 51 - 60件表示
  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たマーティ・キーナート

    相手監督に度々激昂することもあり、復帰1年目の2004年のオリックス・ブルーウェーブとのオープン戦では当時のオリックスの監督だった伊原春樹と試合中に口論。伊原が「じゃかましいわボケェ」と日本語(広島弁)で怒鳴りつけた。また外国人記者クラブで当時東北楽天ゴールデンイーグルスのGMだったマーティ・キーナートの会見が長引き、次の番であったバレンタインは業を煮やし会場に「早くしろ!」と野次を飛ばし、キーナートと一触即発の状態になった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たオリックス・バファローズ

    選手の潜在能力を引き出し、当時パ・リーグ5連覇中の西武ライオンズを上回る2位に導く(チームとしても10年ぶりのAクラス)。同年阪神・淡路大震災からの復興の象徴であったオリックス・ブルーウェーブの本拠地胴上げを阻止する3連勝(9月15日 - 9月17日)など、今までのチームカラーを一掃した。また、震災へのチャリティーのために「ドリーム・ゲーム(日本人選手選抜対外国人選手選抜)」を提案し、外国人チームの監督を務めた(日本人チームの監督は王貞治が務めた)。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た日本プロ野球

    メジャーリーグではテキサス・レンジャーズとニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスの監督を、日本プロ野球では千葉ロッテマリーンズの監督を務めた。千葉大学・千葉商科大学・城西国際大学客員教授。過去にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー(マネジメント契約)に所属していた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たマイアミ

    1965年にはマイアミで行われた国際大会のジュニアクラスで優勝するなど競技ダンスでも活躍していた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たブーイング

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。選手を批判する事が多くチームは空中分解した。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と差別的とも取れる発言してしまうほどの有様であった。またオルティスは2017年自叙伝「パピ:マイ・ストーリー」の中で「(2012年)私の人生の中で最悪のシーズンだった」と表現、「ドラマはスプリング・トレーニングに入ってすぐに始まった。そこで見せた彼の行動にすべてが凝縮されていた」と開幕前からチーム内に不協和音が存在したことを告白、「日本式のトレーニングを持ち込むことで自分がいかに賢明な人間であるかを証明したがっているようだった」、「打撃練習で選手たちにゴロを打つように命じた。レッドソックスは私にゴロを打ってもらいたくてお金を払っているわけではない。月まで届くような球を打つために私はここにいる」などと具体例を挙げ、「無礼」、「愚か」、「傲慢」といった過激な言葉のオンパレードでバレンタインをこき下ろした。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た阪神タイガース

    84勝でシーズンを2位で終え、3位西武ライオンズと18.5ゲームの大差をつけてプレーオフ進出を決め、第1ステージで西武ライオンズを、第2ステージで福岡ソフトバンクホークスを破り、31年ぶりの優勝に貢献。史上初の日米で優勝経験を持つ監督となった。そして、日本シリーズでは阪神タイガースに3年ぶりと球団史上初の無傷のストレート4連勝(4タテ)。チームを31年ぶりの日本一に導き、自身は外国人初の日本シリーズ優勝監督となった。その際の優勝監督インタビューで、かつて対立した広岡達朗に対して「日本球界に招き入れてくれた恩人」と、感謝の言葉を贈っている。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た千葉ロッテマリーンズ

    メジャーリーグではテキサス・レンジャーズとニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスの監督を、日本プロ野球では千葉ロッテマリーンズの監督を務めた。千葉大学・千葉商科大学・城西国際大学客員教授。過去にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー(マネジメント契約)に所属していた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たセントルイス・カージナルス

    2000年はワイルドカードで地区シリーズに出場、サンフランシスコ・ジャイアンツに3勝1敗、リーグ優勝決定戦でセントルイス・カージナルスに4勝1敗で優勝ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たトロント・ブルージェイズ

    メッツ監督時代の6月9日の対トロント・ブルージェイズ戦では、延長12回に審判に退場を命じられて一旦退場したものの、その後サングラスと付けひげ・黒いTシャツで変装してベンチに戻ってきた(このシーンは日本のスポーツバラエティ番組でもよく取り上げられる)。試合はメッツが延長14回にサヨナラ勝ちを収め、バレンタインも選手の歓喜の輪に加わった。試合後、この件を新聞記者に問われたバレンタインは「自分に似ていない誰かがベンチにいたんだろう」ととぼけ、さらにナショナルリーグ会長からの電話による事情聴取にも「あの時はベンチとロッカールームの間の通路にいた」と退場後にベンチに戻ったことを頑強に否定した(この件で、バレンタインは、罰金5,000ドルと2試合出場停止の処分を受けた)。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たベストドレッサー賞

    2006年にベストドレッサー賞を受賞した。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

137件中 51 - 60件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード