127件中 51 - 60件表示
  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たアカデミー賞

    グリーンガムのCMに選手たちと一緒に出演し、中央でサムアップのポーズをしたり、落ち込んでいるヒロイン「よしこ」を代打(ポジションは指名打者)で起用、「さぁ、行きましょう!」と励ましたりする演技が光っている(勿論、声は吹き替え)。その後、アカデミー賞候補で大ブレイクした“よしこ”こと菊地凛子からバレンタインデーに手製のチョコレートを贈られ、「アカデミー賞の日本の子が、あの“よしこ”とは」と絶賛、感激していた。このCMでは他に、選手達が、仕事上のミスから残業して後始末をする羽目になったよしこを「失敗するから成功もあるのさ、取り返せばいい」と励ますバージョンもある。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たディープインパクト (競走馬)

    翌年には、やはりグリーンガムのフィギュアプレゼントのCM、“インタビューで、今欲しい新しいキャラを「Qチャン!」、一番大切なものは「ディープインパクト!」と発言、これを聞いたボビーチルドレンの代表でもある今江・西岡が、選手のことだと勘違いして「Qちゃん!?」「馬かよ…」とガックリ肩を落とす、しかし本人は全く気づかず「当テテイキマショー♪」”篇にも登場し、すっかりロッテを代表する人物になった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たオリックス・バファローズ

    選手の潜在能力を引き出し、当時パ・リーグ5連覇中の西武ライオンズを上回る2位に導く(チームとしても10年ぶりのAクラス)。同年阪神大震災からの復興の象徴であったオリックス・ブルーウェーブの本拠地胴上げを阻止する3連勝(9月15日?9月17日)など、今までのチームカラーを一掃した。また、震災へのチャリティーのために「ドリーム・ゲーム(日本人選手選抜対外国人選手選抜)」を提案し、外国人チームの監督を務めた(日本人チームの監督は王貞治が務めた)。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た日本プロ野球

    メジャーリーグではテキサス・レンジャーズとニューヨーク・メッツ、ボストン・レッドソックスの監督を、日本プロ野球では千葉ロッテマリーンズの監督を務めた。千葉大学・千葉商科大学・城西国際大学客員教授。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(マネジメント契約)に所属している。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たマイアミ

    1965年にはマイアミで行われた国際大会のジュニアクラスで優勝するなど競技ダンスでも活躍していた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たブーイング

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と発言してしまうほどの有様であった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た金利

    更に2006年は、ロッテのグループ会社であるロッテリアにて、『ボビーバーガー』というキャンペーンバーガーが販売される。商品名に名前を提供し、「監修」という形で名前を連ねている他、同商品の広告に大々的に出ている。また、ロッテ以外にも新生銀行のCMにも出演し、選手が乱闘しているにもかかわらず、パソコンを使っていたり、代打を告げる際に「5.5! 5.5!」と審判に言い募る場面が描かれている。ちなみに5.5は新生銀行の金利であり、撮影地も千葉ロッテマリーンズの本拠地の千葉マリンスタジアムではなく、埼玉西武ライオンズの本拠地である西武ドームを使用している。マリンスタジアム店のみでの限定販売だった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たチョコレート

    グリーンガムのCMに選手たちと一緒に出演し、中央でサムアップのポーズをしたり、落ち込んでいるヒロイン「よしこ」を代打(ポジションは指名打者)で起用、「さぁ、行きましょう!」と励ましたりする演技が光っている(勿論、声は吹き替え)。その後、アカデミー賞候補で大ブレイクした“よしこ”こと菊地凛子からバレンタインデーに手製のチョコレートを贈られ、「アカデミー賞の日本の子が、あの“よしこ”とは」と絶賛、感激していた。このCMでは他に、選手達が、仕事上のミスから残業して後始末をする羽目になったよしこを「失敗するから成功もあるのさ、取り返せばいい」と励ますバージョンもある。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た阪神タイガース

    84勝でシーズンを2位で終え、3位西武ライオンズと18.5ゲームの大差をつけてプレーオフ進出を決め、第1ステージで西武ライオンズを、第2ステージで福岡ソフトバンクホークスを破り、31年ぶりの優勝に貢献。史上初の日米で優勝経験を持つ監督となった。そして、日本シリーズでは阪神タイガースに無傷の4連勝。チームを31年ぶりの日本一に導き、自身は外国人初の日本シリーズ優勝監督となった。その際の優勝監督インタビューで、かつて対立した広岡達朗に対して「日本球界に招き入れてくれた恩人」と、感謝の言葉を贈っている。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たトレード

    シーズンよりテリー・フランコーナの後を引き継いで、第45代ボストン・レッドソックス監督に就任。12月1日に、ホームグラウンドのフェンウェイ・パークに於いて監督就任記者会見を執り行った。背番号は25。開幕直後に主砲のケビン・ユーキリスについて「以前のように気持ちを入れてプレーしていない」と米メディアに語るなど、自ら選手との溝を深くした。ダスティン・ペドロイアは「全員ユーキリスの味方。日本では通用しても、その手法はここでは通用しない」と激怒するなど選手は猛反発した。その後もバレンタインに対する選手の反発が表面化し、ユーキリス、ジョシュ・ベケット、エイドリアン・ゴンザレスら主力はトレードで他球団へ放出。チームの調子も上がらず、本拠地ファンから容赦ないブーイングが飛んだ。レギュラーシーズンでは20年ぶりの地区最下位、球団47年ぶりの93敗と成績を残せず、契約を1年残して解任となった。選手たちとの対立の深刻さはデービッド・オルティスが「彼(バレンタイン)は精神的に問題があるか、薬か何かが必要な人間なんだ」と発言してしまうほどの有様であった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

127件中 51 - 60件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード