137件中 81 - 90件表示
  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た主婦と生活社

    『バレンタインの勝ち語録 ―自分の殻を破るメッセージ80』 主婦と生活社、2005年11月、 ISBN 4-391-13175-7ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たESPN

    は4位。はシーズン前から「今年限りで退任」と取りざたされる中で指揮を執った。契約不更新となった理由は5億の高年俸がネックで、球団は約30億の大赤字を抱えたことによるものだった。一方、9月11日の日本ハムファイターズ戦にて、日米通算1600勝を達成。これは日本球界なら4番目に相当する記録であり、師とあおぐラソーダ監督の記録を上回ったことを喜んだ。しかし、チーム防御率リーグ5位、チーム打率リーグ最下位と投打共に低迷しこの年優勝した日本ハムに6勝18敗と大きく負け越し順位は5位。9月に正式に監督退任を表明。本拠地最終戦後のセレモニーでは日本語で最後のあいさつを行い、日本を去った。監督退任後は米スポーツ専門テレビ局ESPNの野球解説者。退任について週刊朝日で球団を批判。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たワイルドカード (スポーツ)

    にはニューヨーク・メッツ傘下3Aのノーフォーク・タイズの監督に就任し、シーズン途中にメッツの監督に昇格する。柏田貴史、吉井理人、新庄剛志、小宮山悟ら日本人選手を積極的に受け入れた。にはワイルドカードからディビジョンシリーズ、リーグチャンピオンシップシリーズを勝ち上がり、ワールドシリーズへの出場を果たした。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たノーフォーク・タイズ

    現役時代は内野手(遊撃手)と足の速さを生かして外野も守った。現役時代を通算すると投手以外の全てのポジションに就いている。ケガに泣き、メジャーリーガーとしての実績は目立つものではなかったが指導者としての手腕を買われ、からまでテキサス・レンジャーズ、はニューヨーク・メッツ傘下(当時)の3Aノーフォーク・タイズの監督に就任した。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た指名打者

    大胆な若手選手の先発起用、ほぼ全てのポジションに複数の選手を充て競争意識を高めつつ適度に休養を取らせる、里崎智也、橋本将の2人の捕手を先発投手に合わせ入れ替える(両選手ともに打撃も良く、スタメンマスクを外れても指名打者として出場することもあった)、クリーンナップを2組作って投入するなど独特の起用法が当たり、「ボビーマジック」と呼ばれた。特に目覚しい活躍を見せた西岡剛、今江敏晃らは「ボビーチルドレン」と呼ばれた。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た千葉マリンスタジアム

    さらに2006年は、ロッテのグループ会社であるロッテリアにて、『ボビーバーガー』というキャンペーンバーガーが販売される。商品名に名前を提供し、「監修」という形で名前を連ねている他、同商品の広告に大々的に出ている。また、ロッテ以外にも新生銀行のCMにも出演し、選手が乱闘しているにもかかわらず、パソコンを使っていたり、代打を告げる際に「5.5! 5.5!」と審判に言い募る場面が描かれている。5.5は新生銀行の金利であり、撮影地も千葉ロッテマリーンズの本拠地の千葉マリンスタジアムではなく、埼玉西武ライオンズの本拠地である西武ドームを使用している。マリンスタジアム店のみでの限定販売だった。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見たアメリカンフットボール

    大学入学直後の5月にドラフト1巡目(全体の5番目)でロサンゼルス・ドジャースに入団。アメリカンフットボールで奨学金を得ていたが、当時のトミー・ラソーダスカウト(1976年からドジャース監督)に見い出され、オフ中は大学に通学させてもらうことを条件に傘下の3Aスポーカン・インディアンズに入団した(大学は卒業している)。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た遊撃手

    現役時代は内野手(遊撃手)と足の速さを生かして外野も守った。現役時代を通算すると投手以外の全てのポジションに就いている。ケガに泣き、メジャーリーガーとしての実績は目立つものではなかったが指導者としての手腕を買われ、からまでテキサス・レンジャーズ、はニューヨーク・メッツ傘下(当時)の3Aノーフォーク・タイズの監督に就任した。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た社交ダンス

    家族構成は夫人と1男。夫人の父親は1951年のナショナルリーグ優勝決定プレイオフ第3戦における救援失敗で有名なラルフ・ブランカである。特技のひとつは社交ダンス。本格的にダンスを始めたのはジュニアハイスクール時代(当時13歳)地域のコンテスト、州内のコンテストで優勝。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・バレンタイン

    ボビー・バレンタインから見た奨学金

    大学入学直後の5月にドラフト1巡目(全体の5番目)でロサンゼルス・ドジャースに入団。アメリカンフットボールで奨学金を得ていたが、当時のトミー・ラソーダスカウト(1976年からドジャース監督)に見い出され、オフ中は大学に通学させてもらうことを条件に傘下の3Aスポーカン・インディアンズに入団した(大学は卒業している)。ボビー・バレンタイン フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「ボビー・バレンタイン」のニューストピックワード