前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示
  • グレン・メデイロス

    グレン・メデイロスから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    当初はポップ・シンガーとしてのイメージが強かった彼はその後しばらく大きなヒットに恵まれることはなかったものの、1990年サード・アルバム『シー・エイント・ワース・イット(原題は「Glenn Medeiros」)』でR&B寄りなサウンドに転向、このアルバムからのファースト・シングルでボビー・ブラウンと共演した「シー・エイント・ワース・イット(She Ain't Worth It)」がビルボード・シングルチャートで見事1位を記録、再び時の人となった。グレン・メデイロス フレッシュアイペディアより)

  • Drivin' Wiz My Homies!

    Drivin' Wiz My Homies!から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    Every Little Step - Bobby BrownDrivin' Wiz My Homies! フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ブラウンの作品

    ボビー・ブラウンの作品から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    アメリカ合衆国のR&B歌手、ダンサー、ボビー・ブラウンの作品。ボビー・ブラウンの作品 フレッシュアイペディアより)

  • 美咲華菜

    美咲華菜から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    「Seventeen」(ボビー・ブラウン美咲華菜 フレッシュアイペディアより)

  • 1924年のスポーツ

    1924年のスポーツから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    10月25日 - ボビー・ブラウン(en、アメリカ、野球)- 同名同姓の歌手とは別人。1924年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ダミアン・マーリー

    ダミアン・マーリーから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    2005年に発表されたボビー・ブラウンやナズ、バニー・ウェイラーなど幅広い客演陣を迎えたアルバム『Welcome to Jamrock』は翌2006年のグラミー賞ベスト・レゲエ・アルバム部門とベスト・アーバン/オルタナティブ・パフォーマンス部門を受賞し、ダミアンはレゲエアーティストとしては初のグラミー賞2部門同時受賞者となった。同アルバムのタイトル曲「Welcome to Jamrock」はゲームソフト「ザ・シムズ2」と「FIFA 06」のサウンドトラックにも収録された。また、同年にはモーガン・ヘリティッジの『Full Circle』に収録された「Girlz 'Round The World」に客演した。ダミアン・マーリー フレッシュアイペディアより)

  • ボーイズIIメン

    ボーイズIIメンから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    グループ名はニュー・エディション(ボビー・ブラウンが在籍していたグループ)の曲名から取られている。ボーイズIIメン フレッシュアイペディアより)

  • テディー・ライリー

    テディー・ライリーから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    10代の内からミュージシャン/プロデューサーとして活動しており、12歳の時には既にキッズ・アット・ワークというグループに参加してメジャーデビューを果たしていた。その後、クール・モー・ディーやキース・スウェットなどのプロデュースでプロデューサーとして頭角を現し、1988年のボビー・ブラウンのセカンドアルバムに参加(クレジットはジーン・グリフィン名義)、この大ヒットにより、一躍人気プロデューサーの仲間入りを果たす。自らもアーロン・ホール、ティミー・ギャトリング(後にダミオン・ホールと交代)と共にガイというグループを結成、アーティスト・パフォーマーとしても高い人気を獲得した。テディー・ライリー フレッシュアイペディアより)

  • ドニー・ウォルバーグ

    ドニー・ウォルバーグから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    マサチューセッツ州ボストン近郊のドーチェスターに生まれる。15歳の時にボストンでボビー・ブラウンが在籍していたことで知られるニュー・エディションの発掘者にして、ソングライター兼プロデューサーのモーリス・スターにより、白人少年R&Bグループ「ナヌーク」の一員となり、のちにニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックとして、1986年にデビューを果たす。1988年に"Please Don't Go Girl"がヒット、アイドル・グループとしてトップスターとなる。ドニー・ウォルバーグ フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ラマール

    フィル・ラマールから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    彼が『マッドTV!』で演じたキャラクターはDesperation Lee ("Funky Walker Dirty Talker")、Jaq the UBS Guy、"sexy player" Rick、才能のないR&B歌手Savante、Rocket Revengersの花形Lieutenant Abraham Jefferson (a.k.a. Lincoln Willis)があり、サミー・デイヴィスJr.、、、マイケル・ジャクソン、、マーティン・ローレンス、スパイク・リー、シドニー・ポワチエ、コリン・パウエル、プリンス、ビル・マー、、クリス・タッカー、マイケル・ウィンスロー、リック・ジェームス、ビリー・クリスタル、ボビー・ブラウン、バーナード・ショー、Sinbad、カニエ・ウェスト、ドン・キング、、ナット・キング・コール、、クリス・ロック、Ice-T、レイ・チャールズなどのものまねも行ってきた。そのなかでも『三ばか大将』のモー・ハワードの物まねはうまく、このキャラクターのアメリカン・アフリカンアレンジ版も行った。フィル・ラマール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
22件中 1 - 10件表示

「ボビー・ブラウン」のニューストピックワード