22件中 11 - 20件表示
  • HIRO

    五十嵐広行から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    高校卒業後の1989年にテレビ番組「DADA」のダンスコンテストでLMDに参加し準優勝する。そのコンテストを観ていたスカウトに声を掛けられ、1990年にLMD改め「ZOO」としてシングル『Careless Dance』でデビュー。1991年にはベル・ビヴ・デヴォー(:en:Bell Biv DeVoe)の日本ツアーに参加。その後「Japanese Soul Brothers」を結成し、ボビー・ブラウンの日本ツアーにも参加する。ZOOも全盛期で、なりふり構わず給料全てをクラブなどでの遊びに注ぎ込み、足りなくなれば借金をしてまでギャンブルなどに注ぎ込む放蕩三昧の生活を送っていた。しかし、ZOOは1995年に解散。膨大な借金が残ったという。五十嵐広行 フレッシュアイペディアより)

  • ブリトニー・スピアーズ

    ブリトニー・スピアーズから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    2004年11月にはベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティヴ』を発売(アルバムのタイトルにもなっているヒット曲「マイ・プリロガティヴ」はボビー・ブラウンのカバー曲)し、休業宣言した。ブリトニー・スピアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ベイビーフェイス (ミュージシャン)

    ベイビーフェイス (ミュージシャン)から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    ザ・ディールで活動を共にしたアントニオ"L.A."リード(現Island/Def Jam Music Group会長)と共同で音楽プロデューサーとして1980年代中盤から活動を開始、ウィスパーズ、ペブルズなどのヒット曲で頭角を現し、その後、ボビー・ブラウン、ホイットニー・ヒューストン、Boyz II Men、TLC、トニ・ブラクストン、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、エリック・クラプトン、マドンナ、ジェイ・Z、Foxy Brownなどの楽曲のプロデュースでヒット曲を連発した。特に、Boyz II Menに提供した"End Of The Road"はビルボードシングルチャートで連続13週、"I'll Make Love To You"は同連続14週もの間No.1を記録するメガヒットとなり、プロデューサー・ベイビーフェイスの名を不動のものとした。グラミー賞において、作曲家・プロデューサーとして、ベストR&Bソング、ベストプロデューサー、レコード・オブ・ジ・イヤーなどを幾度も受賞している。ベイビーフェイス (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • 日本のヒップホップ

    日本のヒップホップから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    ニュー・ジャック・スウィングの申し子とも呼ばれたボビー・ブラウンが来日。日本のヒップホップ フレッシュアイペディアより)

  • レブロン・ジェームズ

    レブロン・ジェームズから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    人気選手のためメディアへの露出は多く、いわゆるお笑い番組にも出演しており、サタデー・ナイト・ライブではコントに挑戦した。また2007年にはESPNが主催するESPY賞授賞式で、ボビー・ブラウンのコスプレで登場し、歌とダンスを披露。その年のファイナルでレブロンを散々苦しめたブルース・ボウエンを始めとする会場に訪れた著名人達を唖然とさせた。レブロン・ジェームズ フレッシュアイペディアより)

  • MIHIRO 〜マイロ〜

    MIHIRO 〜マイロ〜から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    歌唱力に定評がありニーヨやマイケル・ジャクソン、ジャネット・ジャクソン、ボビー・ブラウンらを手掛けた大物ヒットメーカー、テディー・ライリーら、R&Bシーンの大物たちから絶賛されている。MIHIRO 〜マイロ〜 フレッシュアイペディアより)

  • J Soul Brothers

    J Soul Brothersから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    1991年、HIROがボビー・ブラウンに命名されたダンスチーム「Japanese Soul Brothers」を結成。J Soul Brothers フレッシュアイペディアより)

  • EXILE

    EXILEから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    1991年、HIROがボビー・ブラウンに命名されたダンスチーム「Japanese Soul Brothers」を結成。EXILE フレッシュアイペディアより)

  • 東野幸治

    東野幸治から見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    プライベートにおける東野は寝癖などをセットしない為、ゴルフ場に現れる彼の頭髪は岡村いわく「ボビー・ブラウンのような状態」(『ナインティナインのオールナイトニッポン』より)。その岡村には偽物のロレックスをつかまされたことがある。東野幸治 フレッシュアイペディアより)

  • ニュージャックスウィング

    ニュージャックスウィングから見たボビー・ブラウンボビー・ブラウン

    そしてテディーは満を持して自らのグループであるガイを結成。そのファーストアルバムを通じて、先進的スタイルの完成形を披露。さらに、同時期にプロデュースしたボビー・ブラウンの「My Prerogative」が大ヒット。これによって、テディーの創造した新しいスタイルは広く認知され、大量の追随や模倣を生み出しながら一大流行となっていった。ニュージャックスウィング フレッシュアイペディアより)

22件中 11 - 20件表示

「ボビー・ブラウン」のニューストピックワード