前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • ボブスレー

    ボブスレーから見た札幌市

    日本国内でボブスレーの競技が可能な施設は長野県長野市の「スパイラル」(長野市ボブスレー・リュージュパーク)の1か所のみとなっている。また、1999年、2003年には札幌市のフッズスノーエリア藤野コースで、ボブスレーの試走も行われた。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た長野市

    日本国内でボブスレーの競技が可能な施設は長野県長野市の「スパイラル」(長野市ボブスレー・リュージュパーク)の1か所のみとなっている。また、1999年、2003年には札幌市のフッズスノーエリア藤野コースで、ボブスレーの試走も行われた。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たフォーミュラ1

    ボブスレー()は、独特な形状と機構を持つ専用のそりに乗って、氷が張ったコースを滑走して、タイムを競う競技で、ウィンタースポーツの一つ。最高速度は130km/h - 140km/hに達し、「氷上のF1」と呼ばれる。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た近代オリンピック

    オリンピックでは1924年の第1回シャモニー・モンブラン冬季大会から正式競技として行われている。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た

    前方と後方の底面には、左右にランナーと呼ばれる刃(エッジ)を計4枚備えており、それで面を滑走する。前方のランナーは舵になっており、ドライバー(パイロットとも言う)が操るハンドルと連動して左右に振ることができる。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たブレーキ

    ボブスレー用のそりは、鉄製のシャーシに流線型のFRP製カバーをつけたもので、前方にハンドル、後方に停止用のブレーキを備えている。ブレーキはフィニッシュまで使えない。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たマクラーレン

    近年では、競技向けボブスレー用そりは空気力学の観点からの研究開発が進んでおり、バンクーバーオリンピックではイタリアチームがフェラーリ製、ドイツチームではBMWが開発に協力したものを用いており、ソチオリンピックではイギリスチームがマクラーレンの開発したものを用いるなど、レーシングカーの開発とよく似た開発競争が繰り広げられている。日本でも長野オリンピックの際には童夢の協力によるボブスレーの開発が構想されたことがあるが実現せずに終わった。世界的には競技が盛んなラトビアに本社を置くBobsleja Tehniskais Centrs社(ボブスレー技術センター社、通称 BTC)のシェアが高い。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た東京大学

    2012年には、童夢の関連会社である童夢カーボンマジックが東京大学や東京都大田区の中小企業らと共同で女子用の二人乗りボブスレー・通称「下町ボブスレー」を開発、同年12月に試走を行った。下町ボブスレーは日本代表チームには採用されなかったため、『クール・ランニング』で有名なジャマイカ代表チームと契約を結んでそりを無償(ただし、下町ボブスレーでオリンピックに出場しなかった場合は6800万円の違約金をジャマイカが支払う)で提供した。そして2018年の平昌オリンピックではジャマイカのチームがこの「下町ボブスレー」で出場する契約であったが、下町ボブスレーを使用したジャマイカのボブスレー男子チームは予選落ちした。女子チームは他社のそりでオリンピック出場を決め、性能不足を理由に下町ボブスレーのオリンピックでの使用をキャンセルされた。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たBMW

    近年では、競技向けボブスレー用そりは空気力学の観点からの研究開発が進んでおり、バンクーバーオリンピックではイタリアチームがフェラーリ製、ドイツチームではBMWが開発に協力したものを用いており、ソチオリンピックではイギリスチームがマクラーレンの開発したものを用いるなど、レーシングカーの開発とよく似た開発競争が繰り広げられている。日本でも長野オリンピックの際には童夢の協力によるボブスレーの開発が構想されたことがあるが実現せずに終わった。世界的には競技が盛んなラトビアに本社を置くBobsleja Tehniskais Centrs社(ボブスレー技術センター社、通称 BTC)のシェアが高い。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たフェラーリ

    近年では、競技向けボブスレー用そりは空気力学の観点からの研究開発が進んでおり、バンクーバーオリンピックではイタリアチームがフェラーリ製、ドイツチームではBMWが開発に協力したものを用いており、ソチオリンピックではイギリスチームがマクラーレンの開発したものを用いるなど、レーシングカーの開発とよく似た開発競争が繰り広げられている。日本でも長野オリンピックの際には童夢の協力によるボブスレーの開発が構想されたことがあるが実現せずに終わった。世界的には競技が盛んなラトビアに本社を置くBobsleja Tehniskais Centrs社(ボブスレー技術センター社、通称 BTC)のシェアが高い。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「ボブスレー」のニューストピックワード