36件中 21 - 30件表示
  • ボブスレー

    ボブスレーから見たスイス

    スイスのアルプス地方で生まれ、遊戯として発達したといわれる。1923年に国際ボブスレー・トボガニング連盟(FIBT)が創設され、翌1924年の第1回オリンピック冬季競技大会から正式種目になった。当初は男子だけだったが、2002年のソルトレークシティオリンピックから女子2人乗りが追加された。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た空気力学

    近年では、競技向けボブスレー用そりは空気力学の観点からの研究開発が進んでおり、バンクーバーオリンピックではイタリアチームがフェラーリ製、ドイツはBMWの開発協力によるものを使用するなど、レーシングカーの開発とよく似た開発競争が繰り広げられている。日本でも長野オリンピックの際には童夢の協力によるボブスレーの開発が構想されたことがあるが実現せずに終わった。ただし2012年には童夢の関連会社である童夢カーボンマジックが東京大学や東京都大田区の中小企業らと共同で女子用の二人乗りボブスレーを開発、同年12月に試走を行う予定となっている。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たソルトレークシティオリンピック

    スイスのアルプス地方で生まれ、遊戯として発達したといわれる。1923年に国際ボブスレー・トボガニング連盟(FIBT)が創設され、翌1924年の第1回オリンピック冬季競技大会から正式種目になった。当初は男子だけだったが、2002年のソルトレークシティオリンピックから女子2人乗りが追加された。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たソリ

    ボブスレー(英語:Bobsleigh)は、独特な形状と機構を持つ専用のそりに乗って、氷が張ったコースを滑走、タイムを競う競技で、ウィンタースポーツの一つ。最高速度は130km/h - 140km/hに達し、「氷上のF1」と呼ばれる。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た手稲山

    ただし、藤野コースは現在500m程度(全長は1000m強)の使用で、国内大会・練習は出来るが、国際大会などは出来ない。なお札幌五輪で使用された手稲山ボブスレーコースは、2000年1月に閉鎖されている。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たフッズスノーエリア

    日本国内でボブスレーの競技が可能な施設は長野県長野市の「スパイラル」(長野市ボブスレー・リュージュパーク)の1か所のみとなっている。また、1999年、2003年には札幌市・藤野コース(札幌オリンピックのリュージュ練習用コースとして作られた)でボブスレーの試走も行われた(当時のゴール写真)。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た平昌オリンピック

    韓国では国内に本格的な施設がないため、国内競技会ですら日本の長野で行われている。しかし、韓国江原道平昌郡が2018年冬季オリンピック開催地に決定したため、今後競技施設の建設も予想される。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見たクール・ランニング

    映画『クール・ランニング』 - ボブスレーを題材にした映画ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た日本

    日本国内でボブスレーの競技が可能な施設は長野県長野市の「スパイラル」(長野市ボブスレー・リュージュパーク)の1か所のみとなっている。また、1999年、2003年には札幌市・藤野コース(札幌オリンピックのリュージュ練習用コースとして作られた)でボブスレーの試走も行われた(当時のゴール写真)。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

  • ボブスレー

    ボブスレーから見た英語

    ボブスレー(英語:Bobsleigh)は、独特な形状と機構を持つ専用のそりに乗って、氷が張ったコースを滑走、タイムを競う競技で、ウィンタースポーツの一つ。最高速度は130km/h - 140km/hに達し、「氷上のF1」と呼ばれる。ボブスレー フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「ボブスレー」のニューストピックワード