前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示
  • グレイテスト・ヒッツ (ボン・ジョヴィのアルバム)

    グレイテスト・ヒッツ (ボン・ジョヴィのアルバム)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『グレイテスト・ヒッツ』 (GREATEST HITS) はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィのベスト・アルバム。2010年11月3日に発売された。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック。グレイテスト・ヒッツ (ボン・ジョヴィのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • You Give Love a Bad Name

    You Give Love a Bad Nameから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『You Give Love a Bad Name』(ユー・ギブ・ラブ・ア・バッド・ネーム 邦題:禁じられた愛)は、ボン・ジョヴィが1986年7月23日に発表したシングル。You Give Love a Bad Name フレッシュアイペディアより)

  • クロス・ロード

    クロス・ロードから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『クロス・ロード 〜ザ・ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ』(Cross Road 〜The Best Of Bon Jovi)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィのベスト・アルバム。1994年10月7日に日本フォノグラムから発売された。クロス・ロード フレッシュアイペディアより)

  • シンデレラ (バンド)

    シンデレラ (バンド)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    1984年、リーダーのトム・キーファー(ボーカル、ギター:1961年1月ペンシルベニア州生まれ)と、エリック・ブリッティンガム(ベース:1960年5月メリーランド州生まれ)の2人を中心に結成され、さらにマイケル・スメリック(ドラム)とトニー・デストラ(ギター)が加入した。1985年、ペンシルベニアのEmpire Rock Clubでジョン・ボン・ジョヴィに見出された。その後マイケルとトニーはBritny Foxに加入するためバンドを離れ、ギタリストにジェフ・ラバーを、ドラムにジム・ドルネックを迎えた。このメンバーで、1stアルバム『Night Songs』をレコーディングした(ただしドラムはセッション・ドラマーのジョディ・コルテスによって行われた)。レコーディング終了後間もなくドラマーのジムが脱退し、Londonのドラマーであるフレッド・コウリーが加入した。やがてアルバムは1986年8月にリリースされ、全米3位、トリプルプラチナムを獲得した。このアルバムのツアーでは、ボン・ジョヴィのSlippery When Wetツアー、及び、ラウドネスのLightning Strikesツアーの前座としてプレイした。シンデレラ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ボン・ジョヴィ

    ジョン・ボン・ジョヴィから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ジョン・ボン・ジョヴィ(Jon Bon Jovi 本名:John Francis Bongiovi Jr. ジョン・フランシス・ボンジオヴィ・ジュニア)はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のミュージシャン・俳優。ロックバンド・ボン・ジョヴィのリーダー。ジョン・ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • パーマネント・ヴァケイション

    パーマネント・ヴァケイションから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィ等を手掛けたブルース・フェアバーンがプロデュースを担当。また、エアロスミスは本作で初めて、外部ソングライターを積極的に起用した。「デュード」「エンジェル」等に関わったデスモンド・チャイルドは、ボン・ジョヴィとの共作経験もあり、「マジック・タッチ」「ハングマン・ジューリー」等に関わったジム・ヴァランスは、ブライアン・アダムスとの活動で有名。パーマネント・ヴァケイション フレッシュアイペディアより)

  • スコーピオンズ

    スコーピオンズから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    1984年3月に、『禁断の刺青 - Love at First Sting - 』を発売。8月に、日本初のヘヴィ・メタルのビッグ・イベント「スーパー・ロック '84 イン・ジャパン」に、ホワイトスネイクやマイケル・シェンカー・グループ、ボン・ジョヴィなどと共に出演。スコーピオンズ フレッシュアイペディアより)

  • リッチー・サンボラ

    リッチー・サンボラから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    リッチー・サンボラ(Richie Sambora, 1959年7月11日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身のミュージシャン。ロックバンド・ボン・ジョヴィでギターを担当していた。リッチー・サンボラ フレッシュアイペディアより)

  • モトリー・クルー

    モトリー・クルーから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    1989年8月、ボン・ジョヴィ、オジー・オズボーン、スキッド・ロウ、スコーピオンズらとともに当時のソビエト連邦首都モスクワで行われた『モスクワ・ミュージック・ピース・フェスティバル』に参加。モトリー・クルー フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    最近のカントリーは、いわゆるロックやポップスの影響を大きく強く受けているが、中にはヒップホップ調、ファンク調やドゥーワップ調などのスタイルの曲があったり、NASCARレースのファンやハーレーダビッドソンにまたがるバイカー達に人気の ブルース・ロックやサザン・ロック風の曲も多い。 また、多くの他ジャンルのミュージシャン(例:ボン・ジョヴィやキッド・ロック、ネリー、ジェシカ・シンプソンなど)とのジャンルの垣根を越えたフィーチャリングも盛んに行われており、曲中にラップを多用するカントリー・ラップ(Country-rap)に、ヒップホップとロックとテハーノ音楽の要素を融合させ、Hick-Hop(hickとは「田舎」を意味する。)と称する 独自のジャンルを確立したテキサス出身の黒人ラッパーであるカウボーイ・トロイ(Cowboy Troy)も、れっきとしたカントリー・アーティストに位置付けられている。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
274件中 1 - 10件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード