274件中 31 - 40件表示
  • 7800°ファーレンハイト

    7800°ファーレンハイトから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『7800°ファーレンハイト』(7800° Fahrenheit)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィ2枚目のスタジオ・アルバム。1985年4月15日に日本フォノグラムから発売された。7800°ファーレンハイト フレッシュアイペディアより)

  • MUSIC GALLERY A to Z

    MUSIC GALLERY A to Zから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    フランツ・フェルディナンド(FRANZ FERDINAND) -> Fボン・ジョヴィ(BON JOVI) ->Bヴァン・ヘイレン(VAN HALEN) -> VMUSIC GALLERY A to Z フレッシュアイペディアより)

  • MANA meets Blue Bajou

    MANA meets Blue Bajouから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    バンド名に含まれるBlue Bajouとは紫色のバラの品種名である。何故Blue BajouなのかについてはPLIME時代に若林愛のイメージカラーが紫色であったことから、PLIMEのジャケット写真などを担当していたカメラマンの岡克己が、そのバラの写真を若林に贈って以来彼女のシンボルフラワーになったことが挙げられる。また、バンド名でありながらMANAを冠にしている点について当時のメンバー浅野ケンはラジオなどで「おじさんメンバーがでしゃばるのも格好悪いからMANAを前面に出しました」と自らを卑下して語っていた。別の番組では「ボン・ジョヴィが好きだったので本当は同じようにボーカルの個人名を取ってMANAというバンド名にしたかった」とも語っている。ファンを中心に「ブルバ」という略称で呼ばれているが、メンバー自身のブログでは「MMBB」と略される場合もある。MANA meets Blue Bajou フレッシュアイペディアより)

  • INROCK

    INROCKから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    エアロスミスやボン・ジョヴィなどベテランから最近ブレイクし始めたアーティストや期待のアーティストを取材したり、CDの発売日や読者からの投稿された絵、各アーティストのライヴスケジュール、最近起こったアーティストにまつわるニュースなどを掲載しており、また、各アーティストが経営してる会社の商品の中継販売も行っている。ほかにも時々CD(イン・ロック独自のオムニバス)やステッカー、カレンダー(12月号)の特典などがついている。Sum 41のデリック・ウィブリーとアヴリル・ラヴィーンの結婚式の様子など非常にマニアックなところまで掲載されていることがある。INROCK フレッシュアイペディアより)

  • TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス

    TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックスから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス』(トーキョー・ロード)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィが日本独自に発売したベスト・アルバム。2001年3月28日に発売された。発売元はユニバーサルミュージック。販売元はビクターエンタテインメント。TOKYO ROAD〜ベスト・オブ・ボン・ジョヴィ-ロック・トラックス フレッシュアイペディアより)

  • アンディスカヴァード・ソウル

    アンディスカヴァード・ソウルから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『アンディスカヴァード・ソウル』(Undiscovered Soul)はアメリカ合衆国のロックバンド“ボン・ジョヴィ”のギタリスト、リッチー・サンボラが1997/1998年に発売したソロ2枚目のスタジオ・アルバム。アンディスカヴァード・ソウル フレッシュアイペディアより)

  • Lunar Eclipse

    Lunar Eclipseから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『Lunar Eclipse』(ルナー・エクリプス)はアメリカ合衆国のロックバンド、ボン・ジョヴィのキーボーディストデヴィッド・ブライアンが2000年に発売したソロ2枚目のスタジオ・アルバム。Lunar Eclipse フレッシュアイペディアより)

  • アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ

    アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    グループ傘下の主なアーティストとしては、ボン・ジョヴィ、デフ・レパード、ジェイ・Z、カニエ・ウェスト、ナズ、LLクールJ、ニーヨ、マライア・キャリー、サム41、宇多田ヒカル、サライヴァ、フーバスタンクなどがある。アイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ フレッシュアイペディアより)

  • アバター・スタジオ

    アバター・スタジオから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    このスタジオを使用したメジャー・アーティストには、ウォルター・ベッカーやキンクス、エアロスミス、カウンティング・クロウズ、キングス・オブ・レオン、マーク・アンソニー、B-52's、トニー・ベネット、マイケル・ブレッカー、ディーヴォ、ボン・ジョヴィ、ダイアー・ストレイツ、デュラン・デュラン、ドリーム・シアター、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・レノン、スローイング・ミュージズ、セルジュ・ゲンスブール、ザ・ストロークス、ブライアン・アダムス、バーナデット・ピーターズ、パット・メセニー、キース・ジャレット・トリオ、ニール・ヤング、ハリー・コニック・ジュニア、イギー・ポップ、マドンナ、ジャーニー、ジョージ・マイケル、ベティ・カーター、Sum 41、ジョン・メイヤー、モービー、ヴァネッサ・ウィリアムス、ブロンディ、ポーキュパイン・トゥリー、シック、ジョーン・ジェット、デヴィッド・ボウイ、ラスト・シャドウ・パペッツ、ザ・ランブル・ストリップス、トレイ・アナスタシオ、ヘリックス、カーズィム・アッサーヒル、ギャング・スターのほか、このスタジオからバンド名を付けたパワー・ステーションなどがいる。アバター・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • オーシャン・ウェイ・レコーディング

    オーシャン・ウェイ・レコーディングから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    スタジオの著名な利用者にはポーラ・アブドゥルや、AC/DC、スティーヴ・ペリー、ウイスキータウン、デボラ・アレン、ボブ・シーガー、トーリ・エイモス、B.B.キング、ビッフィ・クライロ、ボン・ジョヴィ、B'z、エリック・クラプトン、ジョー・コッカー、マイケル・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ノー・ダウト、カウンティング・クロウズ、ドクター・ドレー、ボブ・ディラン、フィッシュボーン、エイミー・グラント、グリーン・デイ、エルトン・ジョン、マイルス・デイヴィス、ウェイロン・ジェニングス、ウィーザー、R・ケリー、k.d.ラング、ルイス・ミゲル、マナー、エミネム、ミシェル・ンデグオチェロ、ウィリー・ネルソン、アーロン・ネヴィル、トム・ペティ、レディオヘッド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、R.E.M.、リチャード・マークス、ローリング・ストーンズ、ラッシュ、ジョー・サンプル、ロッド・スチュワート、バーブラ・ストライサンド、トゥール、トラヴィス、ザ・ウォールフラワーズ、XTC、安室奈美恵、アヴリル・ラヴィーン、マーズ・ヴォルタ、TOTO、ビリー・サーマル、ユー・アム・アイなどがいる。オーシャン・ウェイ・レコーディング フレッシュアイペディアより)

274件中 31 - 40件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード