230件中 31 - 40件表示
  • ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロード

    ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロードから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロード』(This Left Feels Right)は、アメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィの過去の楽曲を再アレンジし、録音して作られたアルバム。2003年発売。ディス・レフト・フィールズ・ライト 〜バック・アット・ザ・クロス・ロード フレッシュアイペディアより)

  • AMIスタジアム

    AMIスタジアムから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    2002年の改修工事を経て現在の座席数は38,628席。コンサート会場として50,000人を収容できる。コンサート会場としてU2、ボン・ジョヴィ、ビリー・ジョエルほか多くのコンサートが行われた。AMIスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ブルース・フェアバーン

    ブルース・フェアバーンから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ハード・ロック・バンドのアルバムに携わる事が多く、全世界で3000万枚売れたと言われるボン・ジョヴィの『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』や、低迷していたエアロスミスの人気を復活させたと言われる『パーマネント・ヴァケイション』など、商業的な成功を得た作品が多い。他にもAC/DCの『レイザーズ・エッジ』、ヴァン・ヘイレンの『バランス』、キッスの『サイコ・サーカス』などを手掛ける。ブルース・フェアバーン フレッシュアイペディアより)

  • アバター・スタジオ

    アバター・スタジオから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    このスタジオを使用したメジャー・アーティストには、ウォルター・ベッカーやキンクス、エアロスミス、カウンティング・クロウズ、キングス・オブ・レオン、マーク・アンソニー、B-52's、トニー・ベネット、マイケル・ブレッカー、ディーヴォ、ボン・ジョヴィ、ダイアー・ストレイツ、デュラン・デュラン、ドリーム・シアター、ブルース・スプリングスティーン、ジョン・レノン、スローイング・ミュージズ、セルジュ・ゲンスブール、ザ・ストロークス、ブライアン・アダムス、バーナデット・ピーターズ、パット・メセニー、キース・ジャレット・トリオ、ニール・ヤング、ハリー・コニック・ジュニア、イギー・ポップ、マドンナ、ジャーニー、ジョージ・マイケル、ベティ・カーター、Sum 41、ジョン・メイヤー、モービー、ヴァネッサ・ウィリアムス、ブロンディ、ポーキュパイン・トゥリー、シック、ジョーン・ジェット、デヴィッド・ボウイ、ラスト・シャドウ・パペッツ、ザ・ランブル・ストリップス、トレイ・アナスタシオ、ヘリックス、カーズィム・アッサーヒル、ギャング・スターのほか、このスタジオからバンド名を付けたパワー・ステーションなどがいる。アバター・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • オーシャン・ウェイ・レコーディング

    オーシャン・ウェイ・レコーディングから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    スタジオの著名な利用者にはポーラ・アブドゥルや、AC/DC、スティーヴ・ペリー、ウイスキータウン、デボラ・アレン、ボブ・シーガー、トーリ・エイモス、B.B.キング、ビッフィ・クライロ、ボン・ジョヴィ、B'z、エリック・クラプトン、ジョー・コッカー、マイケル・ジャクソン、ポール・マッカートニー、ノー・ダウト、カウンティング・クロウズ、ドクター・ドレー、ボブ・ディラン、フィッシュボーン、エイミー・グラント、グリーン・デイ、エルトン・ジョン、マイルス・デイヴィス、ウェイロン・ジェニングス、ウィーザー、R・ケリー、k.d.ラング、ルイス・ミゲル、マナー、エミネム、ミシェル・ンデグオチェロ、ウィリー・ネルソン、アーロン・ネヴィル、トム・ペティ、レディオヘッド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、R.E.M.、リチャード・マークス、ローリング・ストーンズ、ラッシュ、ジョー・サンプル、ロッド・スチュワート、バーブラ・ストライサンド、トゥール、トラヴィス、ザ・ウォールフラワーズ、XTC (バンド)、安室奈美恵、アヴリル・ラヴィーン、マーズ・ヴォルタ、TOTO、ビリー・サーマル、ユー・アム・アイなどがいる。オーシャン・ウェイ・レコーディング フレッシュアイペディアより)

  • 29歳の憂うつ パラダイスサーティー

    29歳の憂うつ パラダイスサーティーから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    主題歌 - 「サンキュー」 Bon Jovi29歳の憂うつ パラダイスサーティー フレッシュアイペディアより)

  • 西森マリー

    西森マリーから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    東京外国語大学卒業後、エジプトのカイロ大学を卒業(専攻は比較言語心理学)。1985年から1988年まで、NHK-FM『西森マリーのロック・サウンド』DJ。1988年から1989年まで、NHK衛星放送『ミュージック・ボックス』VJ。1989年から1990年まで、NHK教育テレビ『英会話I』『スクリーン・イングリッシュ』講師。1990年から1992年までNHK国際放送『ラジオジャパン』DJ。1989年から1994年まで、テレビ朝日系『CNNモーニング』キャスター。ロックの訳詞家としては、ローリング・ストーンズ、デフ・レパード、ボン・ジョヴィなどの1000枚以上のアルバムに訳詞をつけた。西森マリー フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクセン (ロックバンド)

    ヴィクセン (ロックバンド)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    当時、人気絶頂であったリチャード・マークスが書いた"Edge Of A Broken Heart"でデビュー。メンバー全員が実力派のミュージシャンで、しかもルックスも良かったことから一躍人気バンドとなる。女性版ボン・ジョヴィなどとも呼ばれ、主なヒット曲は上記曲のようなキャッチーな曲だが、メンバーの音楽的志向はより本格的なハードロック寄りであり、セカンドアルバムではその傾向が強まった。ヴィクセン (ロックバンド) フレッシュアイペディアより)

  • リヴィン・オン・ア・プレイヤー

    リヴィン・オン・ア・プレイヤーから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' on a Prayer)は、ボン・ジョヴィが1986年に発表したシングル。リヴィン・オン・ア・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • イッツ・マイ・ライフ

    イッツ・マイ・ライフから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    「イッツ・マイ・ライフ」はアメリカ合衆国のロックバンドのボン・ジョヴィの楽曲。この楽曲は、彼らの7枚目のアルバム『クラッシュ』に収録され、アルバムからの最初のシングルとして日本では2000年5月10日にリリースされた。各国の週間シングルチャートは、ドイツで2位、イギリスで3位、オーストラリア、アイルランドで5位などとなった。イッツ・マイ・ライフ フレッシュアイペディアより)

230件中 31 - 40件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード