274件中 51 - 60件表示
  • バランス (ヴァン・ヘイレンのアルバム)

    バランス (ヴァン・ヘイレンのアルバム)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィ等との仕事で知られるブルース・フェアバーンをプロデューサーに起用。ジャケット・デザインはグレン・ウェクスラーが担当し、合成写真による結合双生児を使用。人間心理の二面性を表現した作品で、ウェクスラーはモデルの少年に、『ライオン・キング』のシンバのように吼えるよう指示したという。日本盤では、静かな表情の少年だけが写ったデザインに差し替えられた。バランス (ヴァン・ヘイレンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • デスティネーション・エニィホエア

    デスティネーション・エニィホエアから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『デスティネーション・エニィホエア』(Destination Anywhere)はアメリカ合衆国のロックバンド、ボン・ジョヴィのボーカリストジョン・ボン・ジョヴィが1997年に発売した2枚目のソロ・スタジオ・アルバム。デスティネーション・エニィホエア フレッシュアイペディアより)

  • ヴェーザーシュタディオン

    ヴェーザーシュタディオンから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    1947年に開場。こけら落とし試合はVfLオスナブリュック戦。1983年と1995年のドイツ陸上競技選手権大会の開催、2001年には陸上ヨーロピアンカップが開催された。2005年の改修で陸上トラックを撤去し、サッカー専用スタジアムとなる。2008年にソーラーパネルが備えられた。またコンサートの開催も多く、これまでボン・ジョヴィ、マイケル・ジャクソン、デペッシュ・モード、メタリカ、ローリング・ストーンズ、ティナ・ターナー、U2、ヴァン・ヘイレンらがライブを行った。ヴェーザーシュタディオン フレッシュアイペディアより)

  • ドック・マギー

    ドック・マギーから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ドック・マギー (Doc McGhee) は、アメリカの音楽マネージャー。キッス、ボン・ジョヴィ、モトリー・クルーのマネジメントで最も有名。後者2バンドは彼のマネジメントの元でスターダムに上り詰めた。フーティー・アンド・ザ・ブロウフィッシュとも仕事をした。ドック・マギー フレッシュアイペディアより)

  • ホワット・アバウト・ナウ

    ホワット・アバウト・ナウから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『ホワット・アバウト・ナウ』(What About Now)はアメリカ合衆国のロックバンド、ボン・ジョヴィ12枚目のスタジオ・アルバム。2013年3月13日発売。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック。ホワット・アバウト・ナウ フレッシュアイペディアより)

  • Forever (反町隆史 with Richie Samboraの曲)

    Forever (反町隆史 with Richie Samboraの曲)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    反町の歌手デビュー・シングルで、ボン・ジョヴィのリッチー・サンボラがギターで参加している。Forever (反町隆史 with Richie Samboraの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 緒方豊和

    緒方豊和から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    2012年5月12日目黒鹿鳴館 MEGATON CLUB『DRAGON'S CORE』に出演(MEGATON CLUB初参加)、HR/HMカバーをするライブイベントで、緒方は"緒方豊和チーム"(Vocal 緒方豊和, Guitar 黒田朋幸, Bass HIROKI, Drums 岡本唯史, Keyboard 清水賢治)として「Slave To The Grind / Skid Row」「Monkey Business / Skid Row」「Enter Sandman / Metallica」「You Give Love a Bad Name / Bon Jovi」の4曲をカバーした。緒方豊和 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・クック

    デヴィッド・クックから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    地方オーディションは、ネブラスカ州オマハで参加し、ボン・ジョヴィの"リヴィン・オン・ア・プレイヤー"(アコースティックバージョン)を披露。デヴィッドはもともとオーディションには弟のアンドリューの付き添いで行っただけ。番組のプロデューサーからオーディションへの意気込みをインタビューされ、参加を否定したが、結局は受ける事になり、ハリウッドへの切符を手にする。ハリウッド本選では、その年から解禁になったギターを演奏しながら、ブライアン・アダムスの "(Everything I Do) I Do It for You"とEdwin McCainの "I'll Be" を披露。審査員のポーラとランディには気に入られたが、辛口審査員サイモンはこの時点では彼を評価していない。デヴィッド・クック フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグラス

    スーパーグラスから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    7月29日、『アイ・シュド・ココ』が遂に全英1位を獲得、3週間トップの座を守った。発売から約2ヵ月後、ボン・ジョヴィやマイケル・ジャクソンを蹴落としての快挙だった。アルバムはイギリスのみで50万枚以上、全世界で100万枚以上を売り上げた。スーパーグラス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ヤング (キーボーディスト)

    ジョン・ヤング (キーボーディスト)から見たボンジョヴィボン・ジョヴィ

    その後、ボンジョヴィやSteelye Spanなどのミュージシャン達とのスタジオセッションに従事。またJon Camp (from Renaissance)と自身のバンド・Cathedralを結成。その頃ロンドンMTVバンドでプレイをしていた際にジョン・ウェットンと出会い、彼の誘いを受け、エイジアのキーボーディストとしてヨーロッパツアーに参加する。ジェフ・ダウンズの復帰により、エイジアでの活動は短期間に終わるが、その後もジョン・ウェットンとの共作は継続し、ジョン・ウェットンのソロアルバム「Arkangel」では半数近くの楽曲を共作している。これらに関連し、ジョン・ウェットン、カール・パーマー、デイブ・キルミンスター(Roger Waters, Keith Emersonのワールドツアー参加、近年では ジョン・ウェットン、ジェフ・ダウンズのユニット「ICON」に参加)とライブバンド・Qangoを結成、ライブアルバムも発表している。ジョン・ヤング (キーボーディスト) フレッシュアイペディアより)

274件中 51 - 60件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード