274件中 61 - 70件表示
  • 哀愁のマンデイ

    哀愁のマンデイから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    1995年、ライブ・エイド10周年を迎える直前のロンドン、ウェンブリー・スタジアムでのコンサートでボン・ジョヴィが、ステージに現れたゲルドフとともにこの曲を演奏している(ライブ・エイドではゲルドフ自身もこの曲を演奏したが、ブームタウン・ラッツとしてのステージはこれがほぼ最後となる)。この時の録音はボン・ジョヴィのライブアルバム『ワン・ワイルド・ナイト』(One Wild Night Live 1985-2001)、およびアルバム『ジーズ・デイズ』のボーナスCD 2 (Special Edition 2 CD Set) に収められている。ゲルドフは、2005年7月2日にロンドンで行われたLive 8 (ライブ・エイト) コンサートのホスト役を務めたが、この時、自身でこの曲の即興バージョンを演奏している。哀愁のマンデイ フレッシュアイペディアより)

  • O2アリーナ (ロンドン)

    O2アリーナ (ロンドン)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    2007年にリニューアルされたThe O2の施設の一環で、主にスポーツ、コンサートなどに使用されている。こけら落とし公演は同年6月24日に開催されたボン・ジョヴィのライブであった。O2アリーナ (ロンドン) フレッシュアイペディアより)

  • ハヴ・ア・ナイス・デイ

    ハヴ・ア・ナイス・デイから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『ハヴ・ア・ナイス・デイ』(Have A Nice Day)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィ9枚目のスタジオ・アルバム。2005年9月14日に発売された。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック。ハヴ・ア・ナイス・デイ フレッシュアイペディアより)

  • ロスト・ハイウェイ (アルバム)

    ロスト・ハイウェイ (アルバム)から見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『ロスト・ハイウェイ』(Lost Highway)はアメリカのロックバンド、ボン・ジョヴィ10枚目のスタジオ・アルバム。2007年6月13日に発売された。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック。ロスト・ハイウェイ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ザ・サークル

    ザ・サークルから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    『ザ・サークル』(The Circle)はアメリカ合衆国のロックバンド、ボン・ジョヴィ11枚目のスタジオ・アルバム。2009年11月4日に発売された。日本での発売・販売元はユニバーサルミュージック。ザ・サークル フレッシュアイペディアより)

  • Next 100 Years

    Next 100 Yearsから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラによる提供曲。日本語の訳詞はB'zの稲葉浩志による。ボン・ジョヴィのセルフカバーバージョンは『クラッシュ』に収録されている。Next 100 Years フレッシュアイペディアより)

  • イニョニュ・スタジアム

    イニョニュ・スタジアムから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    スタジアムは1947年にドルマバフチェ・スタジアムとしてオープン。サッカー以外としてのイベントとしてはブライアン・アダムスやガンズ・アンド・ローゼズ、メタリカ、ボン・ジョヴィ、マイケル・ジャクソン、マドンナ、エルトン・ジョンらがコンサートを行った。また2010年には欧州各地を回るサーキットツアー「ソニスフィア・フェスティバル」が開催された。2013年に閉鎖され、2016年にボーダフォン・アリーナに建て替えた。イニョニュ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ブラウン

    チャールズ・ブラウンから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    チャールズ・ブラウン (Charles Brown, 1922年9月13日 - 1999年1月21日)は、アメリカ合衆国のブルース・ピアニスト、シンガー。甘く滑らかで洗練されたバラードが特徴的で、そのスタイルはレイ・チャールズなど多くの後続ミュージシャンに影響を与えた。"Please Come Home for Christmas"(イーグルス、ボン・ジョヴィらがカバー)、"Merry Christmas Baby"などのクリスマス・ソングが特によく知られている。チャールズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • デズモンド・チャイルド

    デズモンド・チャイルドから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィ - 「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」、「禁じられた愛」(『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』)デズモンド・チャイルド フレッシュアイペディアより)

  • ザ・コールド・ホワイト・ライト

    ザ・コールド・ホワイト・ライトから見たボン・ジョヴィボン・ジョヴィ

    ウィリアム・ヨークはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「センテンストはデス/ブラック・メタル・バンドとして始まったとはいえ、『ザ・コールド・ホワイト・ライト』は新種のポップ・メタルに分類されるべき音楽性だが、それはウォレントやボン・ジョヴィのようなサウンドという意味ではなく、楽曲がヴァース、コーラス、ヴァースで構成され、ボーカルのメロディが強調されているという意味である」「『DOWN』や『AMOK』への回帰を望むファンを喜ばせる作品ではないかもしれないが、ロックンロール的な感触を伴った陰鬱でメロディックなメタルを楽しめる人々(そしてポップな側面を毛嫌いしない人々)にとっては、効き目があることだろう」と評している。ザ・コールド・ホワイト・ライト フレッシュアイペディアより)

274件中 61 - 70件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード