62件中 21 - 30件表示
  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たナマコ

    1994年、デビュー10周年を記念して発売されたベスト・アルバム『クロス・ロード』から、シングル「オールウェイズ」が大ヒット(全米4位)。また、同アルバムにはアメリカ版、日本版、インターナショナル版の3種類があり、それぞれ、アメリカ版は「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」のリメイク曲である「Prayer '94」(10曲目)、日本版は「TOKYO ロード」(10曲目)、インターナショナル版は「イン・ジーズ・アームズ」(8曲目)と収録曲が1曲だけ異なる。日本では、初のオリコンチャート1位を獲得。なお、『クロス・ロード』発表後にベースのアレック・ジョン・サッチが脱退。脱退の理由はもめ事ではなく、純粋にアレックが疲れたため(アメリカ国内でバイク屋を営みたいとの理由であった)。日本へのツアーでも度々来日し、デヴィッド・ブライアンと阪神タイガースのキャップを被っているほどの日本通で、好きな食べ物はナマコ、とのこと。脱退後も、度々ボーカルのジョンやギターのリッチーとセッションを行っている。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見た2009年

    2009年11月4日に、11thアルバム『ザ・サークル』を日本先行発売。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たTBSテレビ

    1984年、アルバム『夜明けのランナウェイ』でデビュー。キーボードを多用したメロディアスな楽曲で、デビュー当初はアメリカよりもむしろ日本で人気を集める(これが日本贔屓になった理由らしい)。「夜明けのランナウェイ」は、1985年に麻倉未稀によって日本語カヴァーされ、TBS系ドラマ『乳姉妹』の主題歌に使用された。ちなみに、同ドラマ主演の伊藤かずえもカバーしている。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たホワット・アバウト・ナウ

    2013年3月に、12thアルバム『ホワット・アバウト・ナウ』を発売予定。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たロスト・ハイウェイ (アルバム)

    2007年、2月14日Bon Joviは、第49回グラミー賞Best Country Collaboration With Vocals部門で「Who Says You Can't Go Home」(Bon Jovi & Jennifer Nettles)が受賞した。6月13日には、アルバム『ロスト・ハイウェイ』を日本先行発売した。同アルバムからのファースト・シングルとして「メイク・ア・メモリー」が6月6日リリースされた。同アルバムは、前作に引き続き通算4枚目のオリコン総合アルバム・チャート1位を獲得し、ビートルズ、ベイ・シティ・ローラーズの記録を抜き、洋楽バンドにおける首位獲得数歴代単独1位となった。獲得数記録更新はベイ・シティ・ローラーズ(1977年7月25日付のLP『恋のゲーム』)以来で、実に29年11ヵ月ぶりの快挙である。ビルボードチャートでも『ニュージャージー』以来19年ぶりとなる1位を獲得し、日米同時1位を初めて達成した。また、6月17日付けの全英アルバムチャートでは初登場2位を獲得した。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たワイルド・イン・ザ・ストリーツ

    1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』が8週に渡り全米1位になり、1987年年間チャート第1位を獲得する。シングル「禁じられた愛」と「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」は、優れたプロモーション・ビデオとMTVの強力なプッシュも相まって1位を獲得し、アルバムは全世界で1,800万枚を売るなど、世界的な人気を得る。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見た全英アルバムチャート

    2007年、2月14日Bon Joviは、第49回グラミー賞Best Country Collaboration With Vocals部門で「Who Says You Can't Go Home」(Bon Jovi & Jennifer Nettles)が受賞した。6月13日には、アルバム『ロスト・ハイウェイ』を日本先行発売した。同アルバムからのファースト・シングルとして「メイク・ア・メモリー」が6月6日リリースされた。同アルバムは、前作に引き続き通算4枚目のオリコン総合アルバム・チャート1位を獲得し、ビートルズ、ベイ・シティ・ローラーズの記録を抜き、洋楽バンドにおける首位獲得数歴代単独1位となった。獲得数記録更新はベイ・シティ・ローラーズ(1977年7月25日付のLP『恋のゲーム』)以来で、実に29年11ヵ月ぶりの快挙である。ビルボードチャートでも『ニュージャージー』以来19年ぶりとなる1位を獲得し、日米同時1位を初めて達成した。また、6月17日付けの全英アルバムチャートでは初登場2位を獲得した。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たバウンス (アルバム)

    2002年には、8thアルバム『バウンス』を発表する。日本での発売日、9月11日が示すようにアメリカのテロを歌った曲が多いアルバムである。日本でも「エヴリデイ」「バウンス」「ディスタンス」がシングルカットされる。「バウンス」はフジテレビ系『ダブルスコア』の挿入歌、「ディスタンス」はアサヒ・スーパードライのCM曲に採用される。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たビルボード

    2007年、2月14日Bon Joviは、第49回グラミー賞Best Country Collaboration With Vocals部門で「Who Says You Can't Go Home」(Bon Jovi & Jennifer Nettles)が受賞した。6月13日には、アルバム『ロスト・ハイウェイ』を日本先行発売した。同アルバムからのファースト・シングルとして「メイク・ア・メモリー」が6月6日リリースされた。同アルバムは、前作に引き続き通算4枚目のオリコン総合アルバム・チャート1位を獲得し、ビートルズ、ベイ・シティ・ローラーズの記録を抜き、洋楽バンドにおける首位獲得数歴代単独1位となった。獲得数記録更新はベイ・シティ・ローラーズ(1977年7月25日付のLP『恋のゲーム』)以来で、実に29年11ヵ月ぶりの快挙である。ビルボードチャートでも『ニュージャージー』以来19年ぶりとなる1位を獲得し、日米同時1位を初めて達成した。また、6月17日付けの全英アルバムチャートでは初登場2位を獲得した。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たハヴ・ア・ナイス・デイ

    2005年9月14日に、オリジナル・アルバムとしては3年ぶりとなる9thアルバム『ハヴ・ア・ナイス・デイ』が日本で先行発売された。9月11日から同アルバムのプロモーション来日の折り、TBS「とくばん」(22日放送)に出演しトークの他、同タイトル曲を披露した。アルバムは、オリコン総合アルバム・チャート1位を獲得、シングルも総合シングル・チャート初登場10位だった。オリコンアルバム・チャート1位は『ジーズ・デイズ』以来10年ぶり、通算3作目の首位獲得であり、これは洋楽バンド史上最多である。シングルTOP10入りも、洋楽バンドとしては23年ぶりの快挙であった。アメリカでは、カントリー調の「Who Says You Can't Go Home」がシングルヒットした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

62件中 21 - 30件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード