62件中 31 - 40件表示
  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たキープ・ザ・フェイス

    1992年、解散の危機を乗り越え5thアルバム『キープ・ザ・フェイス』で復活、アメリカにおいては、ニルヴァーナをはじめとするオルタナティブロック全盛の中でチャート的には苦戦を強いられたが(全米5位)、カナダやヨーロピアンチャートでは年間1位の売上を記録、日本でもヒットした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見た7800°ファーレンハイト

    1985年発表の2ndアルバム『7800°ファーレンハイト』を発表。タイトルの7800度は、岩(ロック)を溶かす温度である。アルバム中の「TOKYO ロード」は、日本のファンへの感謝の意を込めて作られた。また、離別の寂しさを歌った曲が多いのは、1stアルバムの成功で生活が一変し、メンバー全員が別れを経験したためであると言われている。また、ジョンはこのアルバムについて"it could have and should have been a better disk"と語っている。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たクラッシュ (アルバム)

    2000年、『ジーズ・デイズ』以降、再びソロ活動が活発になっていたが、7th『クラッシュ』を発表。『ジーズ・デイズ』とは対照的に、明るい曲の多いアルバム。「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」の続編ともいえる、シングル「イッツ・マイ・ライフ」が大ヒット。若年層などの新たなファン層を獲得する。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たザ・サークル

    2009年11月4日に、11thアルバム『ザ・サークル』を日本先行発売。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見た夜明けのランナウェイ

    1984年、アルバム『夜明けのランナウェイ』でデビュー。キーボードを多用したメロディアスな楽曲で、デビュー当初はアメリカよりもむしろ日本で人気を集める(これが日本贔屓になった理由らしい)。「夜明けのランナウェイ」は、1985年に麻倉未稀によって日本語カヴァーされ、TBS系ドラマ『乳姉妹』の主題歌に使用された。ちなみに、同ドラマ主演の伊藤かずえもカバーしている。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たジーズ・デイズ

    1995年6thアルバム『ジーズ・デイズ』を発表。ダークな曲やダウンビートな曲が多く、それらはR&Bに影響を受け作られた。日本では2作目の首位獲得。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たニュージャージー (アルバム)

    1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』も全米、全英1位を獲得する。また、シングル「バッド・メディシン」と「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」も全米1位を記録。しかし、2年近くに及ぶ世界ツアーと連日のハードスケジュールでメンバー全員が消耗しきってしまい、その後ジョンやリッチーといった中心メンバーのソロ活動が活発になり、解散の危機が騒がれる(なお、リーダーのジョンは、1990年ソロでも『ブレイズ・オブ・グローリー』で全米1位を獲得)。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たアメリカ合衆国

    ボン・ジョヴィ(Bon Jovi)は、アメリカ・ニュージャージー州出身のロックバンド。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たリードギター

    リッチー・サンボラ (Richie Sambora 本名:Richard Stephen Sambora) リードギター 1959年7月11日生まれボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たドラムス

    ティコ・トーレス (Tico Torres 本名:Hector Samuel Juan Torres) ドラムス 1953年10月7日生まれボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード