162件中 51 - 60件表示
  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たクロス・ロード

    1994年、デビュー10周年。5月に東大寺大仏殿前で開催されたイベント『GME'94 〜21世紀への音楽遺産をめざして〜 AONIYOSHI』(The Great Music Experience)にジョンとリッチーが出演。10月には初のベスト・アルバム『クロス・ロード』(Cross Road)を発表した。アルバムはアメリカ盤・日本盤・インターナショナル盤の3種類で発売され、アメリカ盤には「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」をアコースティック調にリメイクした「プレイヤー '94」(Prayer '94)が、日本盤には「TOKYO ロード」(Tokyo Road)が、インターナショナル盤には「イン・ジーズ・アームズ」(In These Arms)が収録された。アルバムは全英アルバムチャート1位を獲得し、日本では初となるオリコンチャート1位を獲得し、ミリオンセラーとなった。アルバムに収録された新曲「オールウェイズ」(Always)はBillboard Hot 100最高位4位とヒットした。ところが、『クロス・ロード』発売と同時期にアレックの脱退が発表される。理由は「もっと自分の生活を楽しみたい」というものであった。後任のベーシストには、メンバーの旧友であるヒュー・マクドナルドをサポート・メンバーに迎えた。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たニュージャージー (アルバム)

    1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる。さらに、1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』もBillboard 200で4週連続1位、シングル「バッド・メディシン」(Bad Medicine)、「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I'll Be There For You)もBillboard Hot 100で1位となり、人気を不動のものとした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たキープ・ザ・フェイス

    1992年、新しくマネージメント会社BJM(ボン・ジョヴィ・マネージメント)を設立。プロデューサーにボブ・ロックを迎えて制作された5thアルバム『キープ・ザ・フェイス』(Keep The Faith)を発表。アメリカではオルタナティブ・ロックが全盛期であったが、Billboard 200最高位5位と健闘し、全英アルバムチャートでは1位を獲得した。12月にはプロモーションのためにメンバーが来日した。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たリヴィン・オン・ア・プレイヤー

    1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる。さらに、1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』もBillboard 200で4週連続1位、シングル「バッド・メディシン」(Bad Medicine)、「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I'll Be There For You)もBillboard Hot 100で1位となり、人気を不動のものとした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たジーズ・デイズ

    1995年5月、福岡・西宮(兵庫県)・東京で日本公演を開催。チケット代の一部が阪神・淡路大震災の被災者義援金となって寄付された。6月に6thアルバム『ジーズ・デイズ』(These Days)を発表。全英アルバムチャート1位を獲得し、日本でも2作連続となるオリコンチャート1位を獲得した。ツアーはロンドンのウェンブリー・スタジアム3日間公演など大規模なコンサートを開催した。一方、メンバー個人の活動としてジョンは俳優業を本格的にスタートしており、9月には映画デビュー作『ムーンライト&ヴァレンチノ』が公開された(日本公開は1996年10月)。ティコは絵画・彫刻アーティストとしてニューヨークなど数か所で個展を開催した。1996年5月、1年ぶりに来日し福岡・西宮・横浜で日本公演を開催。7月のツアー終了はバンド活動を休止し、ソロ活動となった。年末にはジョンの初主演作『妻の恋人、夫の愛人』が公開された(日本公開は1997年5月)。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見た第49回グラミー賞

    2004年にはアメリカン・ミュージック・アワードから「功労賞」を受賞されており、2006年には「UK音楽の殿堂」入りをしている。2007年にはジェニファー・ネトルズとデュエットした「フー・セズ・ユー・キャント・ゴー・ホーム」(Who Says You Can't Go Home)で第49回グラミー賞「最優秀カントリー・コラボレーション賞」を受賞。2009年にはジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラが、ナショナル・アカデミー・オブ・ポピュラー・ミュージック(NAPM)設立による「ソングライターの殿堂」入りをしている。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たワイルド・イン・ザ・ストリーツ

    1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる。さらに、1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』もBillboard 200で4週連続1位、シングル「バッド・メディシン」(Bad Medicine)、「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I'll Be There For You)もBillboard Hot 100で1位となり、人気を不動のものとした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たクラッシュ (アルバム)

    2000年5月、およそ5年ぶりとなる7thアルバム『クラッシュ』(Crush)を発表。アルバムのプロデューサーにルーク・エヴィンを迎え、J-FRIENDSへ提供した「Next 100 Years」のセルフカバーや、テレビ朝日系ドラマ『29歳の憂うつ パラダイスサーティー』主題歌に起用された「サンキュー」(Thank You For Loving Me)を収録している。アルバム発売に合わせてプロモーションのためにメンバーが来日した。アルバムは全英アルバムチャート1位を獲得。リード・トラックのシングル「イッツ・マイ・ライフ」(Its My Life)はボン・ジョヴィの新たなアンセムとしてヒットした。7月から開催されたワールド・ツアーは日本からスタートし、4大ドームツアーを行った。8月にはウェンブリー・スタジアムで、解体前最後のコンサートを開催した。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たBillboard 200

    1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる。さらに、1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』もBillboard 200で4週連続1位、シングル「バッド・メディシン」(Bad Medicine)、「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I'll Be There For You)もBillboard Hot 100で1位となり、人気を不動のものとした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

  • ボン・ジョヴィ

    ボン・ジョヴィから見たBillboard Hot 100

    1984年デビュー。1986年発表の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(原題:Slippery When Wet)がBillboard 200で8週連続1位を獲得し、シングル「禁じられた愛」(You Give Love A Bad Name)、「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」(Livin' On A Prayer)もBillboard Hot 100で1位となって一躍有名となる。さらに、1988年発表の4thアルバム『ニュージャージー』もBillboard 200で4週連続1位、シングル「バッド・メディシン」(Bad Medicine)、「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」(I'll Be There For You)もBillboard Hot 100で1位となり、人気を不動のものとした。ボン・ジョヴィ フレッシュアイペディアより)

162件中 51 - 60件表示

「ボン・ジョヴィ」のニューストピックワード