ボーイング737 ニュース&Wiki etc.

ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。 (出典:Wikipedia)

「ボーイング737」Q&A

  • Q&A

    JALのボーイング787は今後も国内線には使用されないのでしょうか?私は今後は国内線…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月16日 06:41

  • Q&A

    国内線JALのボーイング737-800 (V35) の座席でジェットエンジンが一番見…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月14日 14:55

  • Q&A

    私はトランプさんの これからの政治をうかがう詳細な資料を極秘に入手したので皆さんに秘…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月13日 13:54

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ボーイング737」のつながり調べ

  • VFW 614 (航空機)

    VFW 614 (航空機)から見たボーイング737

    乗客数が40名クラスの小規模な機体であり、ボーイング737よりも小さく、それまでプロペラ機が使われていた市場を狙って1960年代の半ばから開発されたものである。短距離路線向けに1000機ほどの市場があるとみこまれ、そこにおけるシェアを獲得しようとする狙いであった。一般的なジェットエンジン配置は主翼下への配置であるが、VFW 614では主翼上に配置されている。このようなエンジン配置のメリットは離陸・着陸距離の短縮、未整備空港でのエンジンへの異物の進入の可能性を下げられること、主脚を短くできることなどがあった。主翼が地上への音を遮断するため騒音が小さいという副産物もあった。生産に際しては、フォッカーなど欧州航空機メーカと分業生産をおこなった。(VFW 614 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・クルーザー

    ソニック・クルーザーから見たボーイング737

    ボーイング社はエアバスがA380の開発を開始して約3ヵ月後の2001年3月26日、エアバスA380に対抗して長年計画していた、ボーイング747を改良した747Xの開発を延期した。そして誰もが全く予想していなかった、高速で巡航できる中型機の開発を優先すると発表した。その中型機の概要として、巡航速度はマッハ0.95以上、巡航高度は40,000ft(約12,000m)以上、客席数は100?300席(ボーイング737?767-300クラス)、航続距離は7,500?9,000nm(約16,600km)以上とされるものだった。(ソニック・クルーザー フレッシュアイペディアより)

「ボーイング737」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス