434件中 91 - 100件表示
  • ブルーバード・カーゴ

    ブルーバード・カーゴから見たボーイング737ボーイング737

    2001年からボーイング737-300の貨物機によってアイスランドとイギリス・ドイツを結ぶサービスをはじめた。ブルーバード・カーゴ フレッシュアイペディアより)

  • カルパトエア

    カルパトエアから見たボーイング 737ボーイング737

    2014年3月の保有機材は、フォッカー 100とボーイング 737-300となっている。カルパトエア フレッシュアイペディアより)

  • STP航空

    STP航空から見たボーイング737-800ボーイング737

    STP航空は2008年8月18日に親会社であるのボーイング767を使用してポルトガルのリスボンとサントメ・プリンシペのサントメを結ぶ航路で運航を開始した。2012年10月24日、のボーイング737-800でリスボンへの週に1回の定期便を就航させた。STP航空 フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・クルーザー

    ソニック・クルーザーから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング社はエアバスがA380の開発を開始して約3ヵ月後の2001年3月26日、エアバスA380に対抗して長年計画していた、ボーイング747を改良した747Xの開発を延期した。そして誰もが全く予想していなかった、高速で巡航できる中型機の開発を優先すると発表した。その中型機の概要として、巡航速度はマッハ0.95以上、巡航高度は40,000ft(約12,000m)以上、客席数は100?300席(ボーイング737?767-300クラス)、航続距離は7,500?9,000nm(約16,600km)以上とされるものだった。ソニック・クルーザー フレッシュアイペディアより)

  • アイスランド・エクスプレス

    アイスランド・エクスプレスから見たボーイング737ボーイング737

    2002年設立。アストライオス航空からウェット・リースしたボーイング737-300機を使用して、2003年2月27日からロンドン・スタンステッド空港およびコペンハーゲン国際空港行き毎日運行を開始した。リース契約先はその後ジェットエックス航空JetX Airlines、ついでハロー航空Helloへと変更された。2008年にロンドン航路をロンドン・ガトウィック空港行きに変更。2009年11月2日からはガトウィック空港便と合わせ、スタンステッド空港へも再び週2便の就航を行なっている。アイスランド・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス RB162

    ロールス・ロイス RB162から見たボーイング737ボーイング737

    1966年にブリティッシュ・ヨーロピアン航空(BEA)は、地中海空路に就航する長距離航路用航空機の要求を出した。BEAのボーイング727と737を組み合わせて運用するという計画が英国政府により不許可とされた後で、ホーカー・シドレー社はBEAに対し既にBEAが運用しているトライデント機の航続能力を改善したストレッチ型を提案した。この派生型のトライデント 3Bは元々のロールス・ロイス スペイ ターボファンエンジン3基に加え胴体中心線上に「RB162-86」を装備し、地中海地域の高温な環境下での離陸と上昇時に使用された。この「ブースト」エンジンは巡航飛行時には停止された。改装には垂直尾翼と水平尾翼の取り付けに変更作業を要した。RB162を装着したトライデント 3Bは、僅か5%の重量増で初期型よりも15%増しの推力を発生した。ロールス・ロイス RB162 フレッシュアイペディアより)

  • 煙台莱山国際空港

    煙台莱山国際空港から見たボーイング737ボーイング737

    1988年7月 : 拡張工事が完了し、長さ2,600m、幅60mの滑走路となる。MD-82やボーイング737が離着陸可能になる。煙台莱山国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • サンエクスプレス

    サンエクスプレスから見たボーイング737ボーイング737

    ドイツのルフトハンザ・ドイツ航空とトルコのトルコ航空が、1989年に合弁会社を設立したのが始まりである。最初に保有した機材はボーイング737-300であった。現在は両社が50%ずつ出資している。サンエクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • アゼルバイジャン航空

    アゼルバイジャン航空から見たボーイング737ボーイング737

    1992年4月7日に設立。当初はアエロフロートから引き継いだ旧ソ連機がメインだったが、初の西側機としてボーイング727とボーイング707を導入。その後もボーイング757・ボーイング737・エアバスA319・エアバスA320などといった最新型の機材を導入している。現在はバクーのヘイダル・アリエフ国際空港を拠点にCIS諸国、ヨーロッパ、中東各国、そして中国への路線を運航している。また同社は株式の全てをアゼルバイジャン政府が保有する完全な国営企業である。アゼルバイジャン航空 フレッシュアイペディアより)

  • アブレスト

    アブレストから見たボーイング737ボーイング737

    マクドネル・ダグラスMD-80・マクドネル・ダグラスMD-90・ボーイング737・エアバスA320のビジネスクラスでも採用することがある。アブレスト フレッシュアイペディアより)

434件中 91 - 100件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード