376件中 91 - 100件表示
  • アシアナ航空733便墜落事故

    アシアナ航空733便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    アシアナ航空733便墜落事故(アシアナこうくう733びんついらくじこ)とは、1993年にアシアナ航空のボーイング737-500型機が木浦空港への着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故は、ボーイング737-500が起こした最初の全損事故であり、また2002年に中国国際航空129便墜落事故が発生するまでは、死亡者数において韓国史上最悪の航空事故であった。アシアナ航空733便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス RB162

    ロールス・ロイス RB162から見たボーイング737ボーイング737

    1966年にブリティッシュ・ヨーロピアン航空(BEA)は、地中海空路に就航する長距離航路用航空機の要求を出した。BEAのボーイング727と737を組み合わせて運用するという計画が英国政府により不許可とされた後で、ホーカー・シドレー社はBEAに対し既にBEAが運用しているトライデント機の航続能力を改善したストレッチ型を提案した。この派生型のトライデント 3Bは元々のロールス・ロイス スペイ ターボファンエンジン3基に加え胴体中心線上に「RB162-86」を装備し、地中海地域の高温な環境下での離陸と上昇時に使用された。この「ブースト」エンジンは巡航飛行時には停止された。改装には垂直尾翼と水平尾翼の取り付けに変更作業を要した。RB162を装着したトライデント 3Bは、僅か5%の重量増で初期型よりも15%増しの推力を発生した。ロールス・ロイス RB162 フレッシュアイペディアより)

  • 内田幹樹

    内田幹樹から見たボーイング737ボーイング737

    1965年に全日本空輸に入社、民間航空機の操縦士、機長、操縦訓練の教官を務める。全日空退社後、フェアリンクの立ち上げに参加。パイロットとして操縦した飛行機はフォッカーフレンドシップ、ボーイング727、YS-11、ボーイング737、ボーイング767、ボーイング747-400、CRJなど。内田幹樹 フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマンウイングス

    ジャーマンウイングスから見たBoeing 737ボーイング737

    以前は、エアバス A320、ボーイング 737-800なども保有していた。ジャーマンウイングス フレッシュアイペディアより)

  • エア・コメット (チリ)

    エア・コメット (チリ)から見たボーイング737ボーイング737

    7機のボーイング737-200を使って国内各地を結んでいた。エア・コメット (チリ) フレッシュアイペディアより)

  • イラン・アーセマーン航空6895便墜落事故

    イラン・アーセマーン航空6895便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    イラン・アーセマーン航空6895便墜落事故は、イテク・エアのボーイング737-219 Advanced(登録記号EX-009)が2008年8月24日20時30分(現地時間)、キルギス共和国のマナス国際空港近郊で墜落した事故。当便はイラン・アーセマーン航空のチャーターによりイラン・テヘランのエマーム・ホメイニー国際空港に向かっていた。同機は飛行中に生じた技術的問題のため、出発したマナス国際空港に引き返すところで墜落したものである。イラン・アーセマーン航空6895便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • チャイナエアラインの航空事故

    チャイナエアラインの航空事故から見たボーイング737ボーイング737

    1986年2月16日:中華航空2265便(ボーイング737-200、機体記号B-1870)チャイナエアラインの航空事故 フレッシュアイペディアより)

  • バルドゥフォス空軍基地

    バルドゥフォス空軍基地から見たボーイング737ボーイング737

    飛行場は民間共用が進められバルドゥフォス空港として定期便が就航している。定期便についてはノルウェー・エアシャトルがボーイング737旅客機でオスロ空港行き毎日3便を運行している。この他にノルウェー航空学校(NAC、:en:Norwegian Aviation College)が敷地内にあり、バルドゥフォス飛行クラブや落下傘クラブもある。バルドゥフォス空軍基地 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンナジー・トロシェフ

    ゲンナジー・トロシェフから見たボーイング737ボーイング737

    2003年2月、大統領顧問に任命され、連邦管区大統領全権代表機構の活動の調整を担当した。2004年3月30日、大統領顧問に再任。2008年9月14日に、ペルミ州ペルミ空港に向けて着陸進入中のアエロフロート・ノルドのボーイング737型機が墜落し、死去した(アエロフロート821便墜落事故)。ゲンナジー・トロシェフ フレッシュアイペディアより)

  • 北京西郊空港

    北京西郊空港から見たボーイング737ボーイング737

    国家の指導者や党、政府(:zh:中華人民共和國政府)、軍の要人が北京に出入するのに用いられている。 要人専用機としてボーイング737が10機(B737-300 8機・B737-700 2機)、ボンバルディア CRJが10機(CRJ-200BLR 5機・CRJ-700 5機)所属する。 以前にはホーカー・シドレー トライデントが用いられていた。北京西郊空港 フレッシュアイペディアより)

376件中 91 - 100件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード