434件中 101 - 110件表示
  • メトロジェット (USエアウェイズのブランド)

    メトロジェット (USエアウェイズのブランド)から見たボーイング737ボーイング737

    メトロジェットとして運行されていたのは、USエアが保有していた旧型の機材だったボーイング737-200で、118席のすべてがエコノミー席に設定されていたが、座席は革張りで、エンターテイメント機器も装備されていた。メトロジェット (USエアウェイズのブランド) フレッシュアイペディアより)

  • エア・スロバキア

    エア・スロバキアから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング 737-300 - 4機エア・スロバキア フレッシュアイペディアより)

  • スロバキア航空

    スロバキア航空から見たボーイング737ボーイング737

    2002年以降、ボーイング737やボーイング767などを導入。定期路線のブラチスラヴァ-モスクワ・シェレメーチエヴォ線、ブラチスラヴァ-ブリュッセル線を運航したほか、ブラチスラヴァおよびコシツェ発着でロシア、スペイン、キプロス、トルコ、ギリシャ、ブルガリア、チュニジア、イタリアへのチャーター便を運航。このほかウェット・リース事業も行った。スロバキア航空 フレッシュアイペディアより)

  • シーグル・エアー

    シーグル・エアーから見たボーイング737ボーイング737

    2007年、スロバキア航空の経営破綻にともない、同社の従業員の8割を承継。新たにボーイング737-300を購入し、ブラチスラヴァ空港発着のチャーター便運航を開始。のち同型機を増備し、コシツェ空港とチェコ国内のプラハ、ブルノ、パルドゥビツェ発着チャーター便の運航も始めた。また同年4月にはスロバキアの航空会社として初めてエアバスA320-200を導入した。シーグル・エアー フレッシュアイペディアより)

  • ヘリオス航空

    ヘリオス航空から見たボーイング737ボーイング737

    ヘリオス航空は1998年9月23日、キプロスの最初の独立系民間航空会社として創業された。2000年5月15日にイギリスのロンドン・ガトウィック空港にその最初のチャーター便を運航した。その後リースしたボーイング737を使用し、欧州各地にチャーター便を運航した。ヘリオス航空 フレッシュアイペディアより)

  • カーチス・ライト

    カーチス・ライトから見たボーイング737ボーイング737

    1989年〜1998年、ボーイング、マクドネル・ダグラス、エアバスの3社寡占となり、カーチス=ライトはボーイングの737、747、757に、アクチュエーション技術、制御技術を提供。ボーイング、マクドネル・ダグラス、エアバスに翼表面へのピーン・フォーミング技術を提供。カーチス・ライト フレッシュアイペディアより)

  • アイランドドルフィン

    アイランドドルフィンから見たボーイング737ボーイング737

    アイランドドルフィンとは、エアーニッポン (ANK) が2000年から羽田 - 八丈島線専用機材として導入していた2機のボーイング737-400の愛称のことである。アイランドドルフィン フレッシュアイペディアより)

  • ロールス・ロイス RB3011

    ロールス・ロイス RB3011から見たボーイング737ボーイング737

    RB3011は180-300席の旅客機(例ボーイング737やエアバス A320)を対象として設計された。ロールスロイスは1995年にアリソンエンジンを買収して1980年代に製造されたプラット&ホイットニー/アリソン 578-DXプロップファンエンジンを調査した。ロールス・ロイス RB3011 フレッシュアイペディアより)

  • ロストック=ラーゲ空港

    ロストック=ラーゲ空港から見たボーイング737ボーイング737

    定期便については2008年5月にジャーマンウイングスがケルン行の国内線を就航させる。この路線については週4回の往復からなっている。同社はロストックからシュトゥットガルトにも路線を就航させる。2008年6月4日から8月30日までの期間限定でライアンエアーはストックホルム・スカブスタ空港行の試験運用がなされる。2010年3月27日からルフトハンザ・シティーラインは土曜日の午前と日曜日の夕方にミュンヘン行の限定便をだす。同路線ついてはオストフリージッシュ航空が10月末までに週12便を引き継ぐ。2005年までロストック空港はドイツポストの夜間便システムに利用され、この便のためにルフトハンザ航空はボーイング737を貸切で提供していた。ロストック=ラーゲ空港 フレッシュアイペディアより)

  • SMBCアビエーション・キャピタル

    SMBCアビエーション・キャピタルから見たボーイング737-800ボーイング737

    2007年から始まった世界金融危機の最中、ロイヤルバンク・オブ・スコットランドグループ傘下のRBSアビエーションキャピタルは発注済みの25機のボーイング787(額面は約38億ドル)をキャンセルした。その後、2010年7月のファーンボロー国際航空ショーにおいて76億ドルで52機のエアバスA320と43機のボーイング737-800を注文した。SMBCアビエーション・キャピタル フレッシュアイペディアより)

434件中 101 - 110件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード