434件中 31 - 40件表示
  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たボーイング737ボーイング737

    (本社移転) 株式会社ジャル エクスプレス (JEX)は、本日付けで、本社を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港(羽田空港)に移転した。移転の理由は、同社が保有するボーイング737-800型機 26機を東京国際空港を中心に運航しているためだという。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • エア・アスタナ

    エア・アスタナから見たボーイング737ボーイング737

    エア・アスタナは2001年9月に設立され、2002年5月に3機のボーイング737をリースし営業を開始した。その後さらに3機のボーイング757が加わったほか、2004年にはフォッカー 50も導入され、国内線のネットワークが大きく拡大した。2004年2月に国営のカザフスタン航空が清算された後は全路線をカザフスタン航空から引き継ぐとともにカザフスタンのフラッグ・キャリアとなった。現在は1800人ほどの従業員を抱え、ルフトハンザドイツ航空との提携によってさらに航空網の拡大をしている。株式の51%をカザフスタン政府が所有し、残りの49%をイギリスの防衛航空宇宙企業BAEシステムズが所有している。エア・アスタナ フレッシュアイペディアより)

  • COMAC C919

    COMAC C919から見たボーイング737ボーイング737

    COMAC C919とは、中華人民共和国の中国商用飛機有限責任公司 (Comac) で開発中の168-190席のナローボディ機である。中国はC919を長期的にエアバスとボーイングによる複占を崩しエアバスA320neoシリーズとボーイング737MAXと競う位置づけであるが、連邦航空局 (FAA) の型式認証を取得できておらず、実質国外で運行することが出来ないため国内専用の旅客機である。COMAC C919 フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュ航空604便墜落事故

    フラッシュ航空604便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    フラッシュ航空604便墜落事故(フラッシュこうくう604びんついらくじこ)は、2004年1月3日の午前4時40分(現地時間)にシャルム・エル・シェイク国際空港を離陸し、カイロ国際空港を経由してシャルル・ド・ゴール国際空港へ向かう予定だったフラッシュ航空604便(ボーイング737-3Q8、機体記号:SU-ZCF)が離陸後上昇中に操縦不能に陥った結果、海に墜落して乗員乗客148名全員が死亡した航空事故である。フラッシュ航空604便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ナウル航空

    ナウル航空から見たボーイング737ボーイング737

    ナウルの国際承認している主要な援助国である中華民国政府の援助によりボーイング737-300型機を新たに購入。2006年9月より運航を再開し、同時に社名をアワー航空に変更した。ナウル航空 フレッシュアイペディアより)

  • ピードモント航空

    ピードモント航空から見たボーイング737ボーイング737

    1978年8月に航空自由化政策が行なわれてからも事業の拡大は続き、フロリダ州・テキサス州へも路線を展開し、1970年代後半で有償旅客マイル数は34%増加、収益は1160万ドルに達することになった。航空規制緩和で、他社は一気に事業拡大を行い、大型機の導入を行なうところも多かったが、ピードモント航空は堅実に1路線ずつ拡大し、機材もボーイング737程度の大きさの機材を主力として導入していた。ピードモント航空 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島航空基地

    硫黄島航空基地から見たボーイング737ボーイング737

    2003年(平成15年)3月30日には、グアム発仙台行きのコンチネンタル航空931便(ボーイング737)が、エンジン片方停止により緊急着陸した。硫黄島航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリグ・ブラジル航空

    ヴァリグ・ブラジル航空から見たボーイング737ボーイング737

    1970年代に入ると中短距離用ジェット機であるボーイング727やボーイング737を導入し、サンパウロのコンゴーニャス空港とリオ・デ・ジャネイロのサントス・デュモン空港の間を結ぶシャトル便「ポンテ・アエーレア」を除く全ての主要国内線と近距離国際線の完全ジェット化を行った。なお同路線は、サントス・デュモン空港周辺の騒音問題と滑走路長の問題によりしばらくの間ジェット機の就航が認められなかった。ヴァリグ・ブラジル航空 フレッシュアイペディアより)

  • イラク航空

    イラク航空から見たボーイング737ボーイング737

    その上に、地上保存されていたボーイング747-SP型機やボーイング737-200型機などの所有機材の多くは、就航できない上に予算が枯渇したためには殆ど整備が行われなかっただけでなく、多くの部品が盗難にあってしまったために、大規模な修繕を行わない限り二度と飛行できない状態になってしまった。また、湾岸戦争以前の1980年代後半にエアバスA310を5機発注していたが、クウェート侵攻で宙に浮いてしまい、建造されないまま2007年にA310自体が製造中止となった。イラク航空 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・ブルー

    パシフィック・ブルーから見たボーイング737ボーイング737

    ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)(Virgin Australia New Zealand)はニュージーランドの航空会社。オーストラリアの航空会社ヴァージン・オーストラリアのニュージーランド法人で、クライストチャーチを中心にオセアニア地域で格安航空サービスを提供しており、同じヴァージン・オーストラリア系列のヴァージン・サモアの運航も行っている。ニュージーランドにおける拠点空港はクライストチャーチ国際空港とオークランド国際空港。180席のボーイング737型機で週に280便程度の運航をしている。パシフィック・ブルー フレッシュアイペディアより)

434件中 31 - 40件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード