376件中 31 - 40件表示
  • 2007年

    2007年から見たボーイング737ボーイング737

    インドネシア・スラウェシ島付近で、乗客乗員合計102名を乗せたアダム・エアのボーイング737が消息を絶つ。(1月11日に海上で尾翼の一部発見、エンジントラブルが原因で墜落したものと思われる。)2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の運航機材

    日本航空の運航機材から見たボーイング737ボーイング737

    2006年度からボーイング737「ネクストジェネレーション」を49機新規導入しており、国際線にも随時投入している。2011年にボーイング787を4機新規導入し、その後も追加導入する。なお日本では保有機数は最多だが、エアバス社の航空機は1機も自社発注していない。なお、日本航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は46で、航空機の形式名は767-346, 777-346ER, 737-846,787-846 などである。日本航空の運航機材 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ空軍IFO-21便墜落事故

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故とは、1996年4月3日にクロアチアのドゥブロヴニクに向かっていたアメリカ空軍のCT-43(B737-200改造型)がドゥブロヴニク空港に着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故で、当時ビル・クリントン政権でアメリカ合衆国商務長官を勤めていたロナルド・ハーモン・ブラウンらを初めとする貿易使節団ら35名全員が死亡した。アメリカ空軍IFO-21便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • エール・オーストラル

    エール・オーストラルから見たB737ボーイング737

    ボーイング 737-500 1機エール・オーストラル フレッシュアイペディアより)

  • フラッシュ航空604便墜落事故

    フラッシュ航空604便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    フラッシュ航空604便墜落事故(フラッシュこうくう604びんついらくじこ)とは、2004年1月3日の午前4時40分(現地時間)にシャルム・エル・シェイク国際空港を離陸し、カイロ国際空港を経由してシャルル・ド・ゴール国際空港へ向かう予定だったフラッシュ航空604便(ボーイング737-3Q8、機体記号:SU-ZCF)が離陸後上昇中に操縦不能に陥った結果、海に墜落して乗員乗客148名全員が死亡した航空事故である。フラッシュ航空604便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・サウスウエスト航空

    パシフィック・サウスウエスト航空から見たボーイング737ボーイング737

    1960年代、ロッキード L-188をサンディエゴ⇔サンフランシスコ線に投入し、さらに60年代終盤にはボーイング727-214とボーイング737-214に入れ替えた。このロッキード L-188に関しては、当初は利益が見込めないと判断し退役させる予定だったが、パシフィック・サウスウエスト航空が受注したL-188は特殊な構造をしていたためサクラメント、サンノゼ、ロングビーチ、オンタリオといったカリフォルニア州の都市間ネットワークを拡充するのに使用された。1980年にL-188のハブがサンディエゴ国際空港からロサンゼルス国際空港に移された。パシフィック・サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • Project Open Sky

    Project Open Skyから見たボーイング737ボーイング737

    現在、エアバスA330、A340、ボーイング737、747、757、767、ボンバルディアCRJ、エンブラエルERJの優れたモデルを作成し、ダウンロード可能な状態となっている。また、各機体ごとの航空会社などの機体のペイントも豊富である。Project Open Sky フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー トライデント

    ホーカー・シドレー トライデントから見たボーイング737ボーイング737

    しかしながら、高度の先進性を備えていたにもかかわらず、パワー不足や営業力不足などにより、イギリスやパキスタン、セイロンなどのイギリス連邦諸国と中華人民共和国以外から受注を取ることはできず(また、イギリス連邦諸国内でも、比較的市場規模の大きいオーストラリアやインド、ニュージーランドからの受注はなかった)、総生産数は117機とあまり多くはない。採用された機体も1980年代後半以降には、ボーイング737やボーイング757といった新世代の旅客機に代替される形で退役していったが、1990年代にも中国のVIP輸送機として中国人民解放軍空軍(傘下の中国聯合航空所属)で運用されていた機体もあった。ホーカー・シドレー トライデント フレッシュアイペディアより)

  • Bmibaby

    Bmibabyから見たボーイング737ボーイング737

    Bmibabyは2002年1月に設立され、同年3月にイースト・ミッドランドとマラガを結ぶ路線に就航した。2006年秋にはハブ空港の一つであるマンチェスター空港を母港とするボーイング737型機を5機から8機に増やし新たに8路線の開設を行い、2007年にはバーミンガム国際空港にボーイング737型機を集約し同社最大のハブ空港化するなどそのネットワークを拡げていった。Bmibaby フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・ブルー

    パシフィック・ブルーから見たボーイング737ボーイング737

    ヴァージン・オーストラリア(ニュージーランド)(Virgin Australia New Zealand)はニュージーランドの航空会社。オーストラリアの航空会社ヴァージン・オーストラリアのニュージーランド法人で、クライストチャーチを中心にオセアニア地域で格安航空サービスを提供しており、同じヴァージン・オーストラリア系列のヴァージン・サモアの運航も行っている。ニュージーランドにおける拠点空港はクライストチャーチ国際空港とオークランド国際空港。180席のボーイング737型機で週に280便程度の運航をしている。パシフィック・ブルー フレッシュアイペディアより)

376件中 31 - 40件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード