434件中 41 - 50件表示
  • エア・ジンバブエ

    エア・ジンバブエから見たボーイング737ボーイング737

    エア・ジンバブエはローデシア共和国時代の1967年9月1日に中央アフリカ航空が解散したのに伴いエア・ローデシアとして設立された。1979年6月にエア・ジンバブエ・ローデシアと改称されたが翌1980年にジンバブエ共和国の建国に伴い4月1日にふたたびエア・ジンバブエに改称し、4月2日からはエア・ジンバブエとして初の路線をロンドンのガドウィック空港に就航させた。1983年には貨物航空会社のアフレットエアを買収している。当初はボーイング707やボーイング720を使用していたが1980年代からは近距離線を中心にボーイング737が導入されはじめ、707で運航されていた長距離線も1990年代前半からは707からボーイング767へ徐々に置き換えられていった。また1980年代に空軍からBAe146が提供されているが現在はほとんど使用されておらず、1995年にリースしたフォッカー50もジンバブエの気候に合わずに返却されている。現在は中国製航空機のMA60を近距離線に導入したりロシアのIl-96を注文したりと新しい機材の導入を行っている。(Il-96はキャンセル)。エア・ジンバブエ フレッシュアイペディアより)

  • ユーロキプリア航空

    ユーロキプリア航空から見たボーイング737ボーイング737

    ユーロキプリア航空は1991年にキプロス初のチャーター便の航空会社として誕生した。1992年5月に最新鋭のエアバスA320を2機体制で運航を開始し、2001年にはチャーター便だけでなく定期便の運航も始めた。2003年、営業以来使用していたエアバス機にその後新たに加えていたエアバス機のA320の合計4機をキプロス航空に売却し、新たに購入した4機のボーイング737に置き換えた。ユーロキプリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ノルダヴィア

    ノルダヴィアから見たボーイング737ボーイング737

    保有する機体は、ロシアの多くの航空会社と同様に旧ソ連製の旧型機が多かったが、中距離旅客機をTu-154型機からボーイング737型機に更新した。これは親会社のアエロフロートがエアバスA320型機を導入しているのとは異なっている。ノルダヴィア フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング717

    ボーイング717から見たボーイング737ボーイング737

    1995年10月にMD-95の正式開発が決定され、途中マクドネル・ダグラスがボーイングに吸収合併されるという出来事もあったが、合併後も唯一開発・生産が継続されたマクドネル・ダグラスの旅客機となった。717は1999年10月にエアトラン航空によって初就航し、従来ターボプロップ機のみを運航していた小さな航空会社でも採用された。ボーイングはボーイング737との売り分けを考えていたが受注は伸び悩み、2006年5月に最終機の引き渡しが行われて生産が終了した。717の総生産数は156機であった。2015年1月現在、717に関して5件の航空事故・事件が発生しているが、機体損失事故および死亡事故に至ったものはない。ボーイング717 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737 ネクストジェネレーション

    ボーイング737 ネクストジェネレーションから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737 ネクストジェネレーションは、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造するボーイング737の第3世代型となる小型ジェット旅客機である。ボーイング737 ネクストジェネレーション フレッシュアイペディアより)

  • パシフィック・サウスウエスト航空

    パシフィック・サウスウエスト航空から見たボーイング737ボーイング737

    1960年代、ロッキード L-188をサンディエゴ - サンフランシスコ線に投入し、さらに60年代終盤にはボーイング727-214とボーイング737-214に入れ替えた。このロッキード L-188に関しては、当初は利益が見込めないと判断し退役させる予定だったが、パシフィック・サウスウエスト航空が発注したL-188は後部にラウンジを設けた特殊なインテリアをしていたためサクラメント、サンノゼ、ロングビーチ、オンタリオといったカリフォルニア州の都市間ネットワークを拡充するのに中古機を含めた延べ9機が使用された。1975年にL-188のハブがサンディエゴ国際空港からレイク・タホ空港(Lake Tahoe Airport・英語版)に移され1979年に退役した1。パシフィック・サウスウエスト航空 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の航空

    2016年の航空から見たボーイング737ボーイング737

    2月20日 - (事故)ライオン・エアにより、スルターン・アジ・ムハンマド・スレイマン空港発のJT-263便として運航されたボーイング737-900ERが、到着地ジュアンダ国際空港でオーバーラン。ジュアンダ国際空港は、2時間閉鎖された。2016年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • イースタン航空

    イースタン航空から見たボーイング737ボーイング737

    2014年5月 - ボーイング737(B737-800 10機、B737MAX 10機)を発注。イースタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • コンゴーニャス空港

    コンゴーニャス空港から見たボーイング737ボーイング737

    また現在は、安全上の観点からボーイング737やエアバスA320のような、座席数150席程度のナローボディ機以上の大きさの機材の発着はできない。コンゴーニャス空港 フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード L-188

    ロッキード L-188から見たボーイング737ボーイング737

    アメリカでは1970年代中頃には、新造機を導入した大手航空会社の多くが旅客輸送を取りやめ、多くの航空会社が代替としてボーイング737やマクドネル・ダグラス DC-9を採用した。ロッキード L-188 フレッシュアイペディアより)

434件中 41 - 50件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード