376件中 41 - 50件表示
  • リトアニア航空

    リトアニア航空から見たボーイング737ボーイング737

    2008年7月現在、3機のボーイング737-300、6機のボーイング737-500、1機のボーイング757-200、3機のサーブ2000によって、ヴィリニュスとヨーロッパ各地を結んでいる。リトアニア航空 フレッシュアイペディアより)

  • スパイスジェット

    スパイスジェットから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737-800型機 : 25機 (189席)スパイスジェット フレッシュアイペディアより)

  • トルクメニスタン航空

    トルクメニスタン航空から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737-700 1機(+1機注文中)トルクメニスタン航空 フレッシュアイペディアより)

  • エア・ジンバブエ

    エア・ジンバブエから見たボーイング737ボーイング737

    エア・ジンバブエはローデシア共和国時代の1967年9月1日に中央アフリカ航空が解散したのに伴いエア・ローデシアとして設立された。1979年6月にエア・ジンバブエ・ローデシアと改称されたが翌1980年にジンバブエ共和国の建国に伴い4月1日にふたたびエア・ジンバブエに改称し、4月2日からはエア・ジンバブエとして初の路線をロンドンのガドウィック空港に就航させた。1983年には貨物航空会社のアフレットエアを買収している。当初はボーイング707やボーイング720を使用していたが1980年代からは近距離線を中心にボーイング737が導入されはじめ、707で運航されていた長距離線も1990年代前半からは707からボーイング767へ徐々に置き換えられていった。また1980年代に空軍からBAe146が提供されているが現在はほとんど使用されておらず、1995年にリースしたフォッカー50もジンバブエの気候に合わずに返却されている。現在は中国製航空機のMA60を近距離線に導入したりロシアのIl-96を注文したりと新しい機材の導入を行っている。(Il-96はキャンセル)。エア・ジンバブエ フレッシュアイペディアより)

  • イーグル・エア (アイスランド 1976年)

    イーグル・エア (アイスランド 1976年)から見たボーイング737ボーイング737

    アイスランドへの観光客が減少する冬季にはチャーター便の需要も低下することから、チャーター便の運航のみでは経営上も問題があり、その後同社は業務内容を拡大していった。1979年には運航を停止した別の航空会社の路線権を継承する形で、レイキャヴィークからアイスランド西部各地への定期路線の運航を開始した。1981年にはボーイング737機を導入して国際定期路線の運航を開始、アイスランドからアムステルダム、デュッセルドルフ、チューリッヒなどへの路線を運航した。1982年3月には貨物航空会社のイースカーゴ(Íscargo)を買収、貨物便の運航も行った。イーグル・エア (アイスランド 1976年) フレッシュアイペディアより)

  • COMAC C919

    COMAC C919から見たボーイング737ボーイング737

    中国はC919を長期的にエアバスとボーイングによる複占を崩しエアバスA320シリーズとボーイング737ネクストジェネレーションと競う位置づけである。COMAC C919 フレッシュアイペディアより)

  • C-40 (航空機)

    C-40 (航空機)から見たボーイング737ボーイング737

    C-40はアメリカ海軍及びアメリカ空軍が運用している人員輸送機。ボーイング737-700旅客機を軍用に導入したものである。高官/人員輸送及び兵站輸送に用いられている。A型が海軍、B/C型が空軍で運用されている。C-40 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ロッキード L-188

    ロッキード L-188から見たボーイング737ボーイング737

    アメリカでは1970年代にはその多くが旅客輸送を取りやめ、多くの航空会社が代替としてボーイング737やマクドネル・ダグラスDC-9を採用した。なお、その後払い下げられた多くの機体は、セミ・ワイドボディを利した貨物機として運用された。ロッキード L-188 フレッシュアイペディアより)

  • エア・アスタナ

    エア・アスタナから見たボーイング737ボーイング737

    エア・アスタナは2001年9月に設立され、2002年5月に3機のボーイング737をリースし営業を開始した。その後さらに3機のボーイング757が加わったほか、2004年にはフォッカー 50も導入され、国内線のネットワークが大きく拡大した。2004年2月に国営のカザフスタン航空が清算された後は全路線をカザフスタン航空から引き継ぐとともにカザフスタンのフラッグ・キャリアとなった。現在は1800人ほどの従業員を抱え、ルフトハンザドイツ航空との提携によってさらに航空網の拡大をしている。株式の51%をカザフスタン政府が所有し、残りの49%をイギリスの防衛航空宇宙企業BAEシステムズが所有している。エア・アスタナ フレッシュアイペディアより)

  • ライオン・エア

    ライオン・エアから見たボーイング737ボーイング737

    2008年6月6日よりバリ-シンガポール間ディリー就航を開始、機材はボーイング737-900ER型。ライオン・エア フレッシュアイペディアより)

376件中 41 - 50件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス