434件中 51 - 60件表示
  • アメリカ空軍IFO-21便墜落事故

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    アメリカ空軍IFO-21便墜落事故とは、1996年4月3日にクロアチアのドゥブロヴニクに向かっていたアメリカ空軍のCT-43(B737-200改造型)がに着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故で、当時ビル・クリントン政権でアメリカ合衆国商務長官を勤めていたらを初めとする貿易使節団ら35名全員が死亡した。アメリカ空軍IFO-21便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー トライデント

    ホーカー・シドレー トライデントから見たボーイング737ボーイング737

    採用された機体も1980年代後半以降には、ボーイング737やボーイング757といった新世代の旅客機に代替される形で退役していったが、1990年代にも中華人民共和国のVIP輸送機として中国人民解放軍空軍(傘下の中国聯合航空所属)で運用されていた機体もあった。ホーカー・シドレー トライデント フレッシュアイペディアより)

  • サーハー航空

    サーハー航空から見たボーイング737ボーイング737

    サーハー航空(; Havāpeimāī-ye Sāhā)はイランのテヘランを拠点とする航空会社。3機のボーイング737による国内旅客便とボーイング747による不定期の貨物チャーター便を運航している。同社は1990年、イラン空軍の完全子会社の形で設立された。国内定期便はテヘランのメヘラーバード国際空港からのデイリー運航便を含むマシュハド、キーシュ島、アサールーイェへの便があり、またシーラーズへも定期的に飛来する。2013年5月に運行を停止。2017年よりボーイング737を使用して運行を再開した。サーハー航空 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍空軍

    中国人民解放軍空軍から見たボーイング737ボーイング737

    第100航空連隊(北京西郊) A319, B737-300/700/800, CRJ200/700(北京沙河鎮) AS332L-1, EC225中国人民解放軍空軍 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡空港

    静岡空港から見たボーイング737ボーイング737

    2008年4月22日、新千歳、沖縄便の運航計画、ダイヤ、機材が公表された。沖縄、札幌を1往復するスケジュールでありボーイング737-500型機(126席)、またはボーイング737-700型機(120席)でエアーニッポン(その後2012年にANA本体に吸収)による運航で就航している。静岡空港 フレッシュアイペディアより)

  • TAM航空3054便オーバーラン事故

    TAM航空3054便オーバーラン事故から見たボーイング737ボーイング737

    この空港では過去にも度々オーバーラン事故や周辺地への墜落事故が発生しており、2007年2月にはブラジルの裁判所はフォッカー 100とボーイング737NGなど4機種に対してブレーキ性能上問題があるとして飛行禁止を命令していた。だが、ブラジル航空当局とTAM航空は多くの利用者に影響を与えるとして異議を申し立て、上級裁判所において、経済効果を理由に逆転判決が出され、この命令は取り消されていた。TAM航空3054便オーバーラン事故 フレッシュアイペディアより)

  • サントス・ドゥモン空港

    サントス・ドゥモン空港から見たボーイング737ボーイング737

    リオ・デ・ジャネイロの市内中心地にあり、リオ・デ・ジャネイロにある定期民間定期便が乗り入れている空港の中では最も中心地に近い。しかし1,500メートルに満たない滑走路が2本しかない上に、立地上拡張も難しいことから、現在はボーイング737シリーズやエアバスA320シリーズ以下の大きさの旅客機による国内線のみが運行されている。 サントス・ドゥモン空港 フレッシュアイペディアより)

  • 山形空港

    山形空港から見たボーイング737ボーイング737

    高度経済成長期を迎えると航空業界はジェット機が主流の時代となった。県ではそれに沿って1970年に空港整備5ヵ年計画を策定し、ジェット機就航に向け滑走路や施設等の整備着手に入った。当初滑走路は2000mの建設を目指したが、諸般の情勢もあり、既設の1500m滑走路を日本初となるグルービング工法で整備して就航させることとなった。またジェット機就航に併せ、地元住民との騒音協定も締結した。これによって1976年12月1日、全日空のジェット機ボーイング737が就航。山形空港も待望のジェット機の時代に踏み出した。1983年には4往復化され、1985年にはボーイング767も併用して就航し、利用客も延べで30万人を超えた。山形空港 フレッシュアイペディアより)

  • ペガサス航空

    ペガサス航空から見たボーイング737ボーイング737

    1989年12月1日に設立。1990年4月15日に2機のボーイング737-400で運航を開始した。しかしながら、運航開始から4ヶ月後にイラクによるクウェート侵攻でトルコの観光業界に大きな影響を受け、それと同時に同社にも打撃を与えた。ペガサス航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング707

    ボーイング707から見たボーイング737ボーイング737

    その高い完成度から世界各国の民間航空会社や政府・軍の公用に広く採用され、1991年までの長期にわたって1,000機以上が生産される商業的成功を収めた。また派生形のボーイング720も開発されたほか、胴体設計の流用で、中型3発ジェット機727、小型双発ジェット機737をも産み出す母体となったことは特筆される。707に始まる一連のジェット旅客機シリーズの成功で、ボーイング社はその後半世紀以上に渡り世界的な旅客機メーカーとしての地歩を固めた。ボーイング707 フレッシュアイペディアより)

434件中 51 - 60件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード