376件中 51 - 60件表示
  • ボーイングY1

    ボーイングY1から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイングY1はアメリカ合衆国の航空機メーカーボーイングが737の後継として計画している、100〜200人乗り旅客機の計画名称で、737RS(Replacement Study)とも呼ばれる。ボーイングY1 フレッシュアイペディアより)

  • 全日空機事故

    全日空機事故から見たボーイング737ボーイング737

    1988年5月30日、全日空訓練機 ボーイング737-200(JA8455)が沖縄県下地島空港で片方のエンジンを停めた状態での離陸訓練をしていたが、離陸に失敗して滑走路を逸脱し、空港エプロン上で停止した。事故機は機体各部を損傷し、損傷した左主翼から燃料漏れを起こしたものの負傷者は出なかった。全日空機事故 フレッシュアイペディアより)

  • TAM航空3054便オーバーラン事故

    TAM航空3054便オーバーラン事故から見たボーイング737ボーイング737

    この空港では過去にも度々オーバーラン事故や周辺地への墜落事故が発生しており、2007年2月にはブラジルの裁判所はフォッカー 100とボーイング737NGなど四機種をブレーキ性能上問題があるとして飛行禁止を命令していた。だが、ブラジル航空当局とTAM航空は多くの利用者に影響を与えるとして異議を申し立て、上級裁判所において、経済効果を理由に逆転判決が出され、この命令は取り消されていた。TAM航空3054便オーバーラン事故 フレッシュアイペディアより)

  • ノルダヴィア

    ノルダヴィアから見たボーイング737ボーイング737

    保有する機体は、ロシアの多くの航空会社と同様に旧ソ連製の旧型機が多かったが、中距離旅客機をTu-154型機からボーイング737型機に更新した。これは親会社のアエロフロートがエアバスA320型機を導入しているのとは異なっている。ノルダヴィア フレッシュアイペディアより)

  • イラク航空

    イラク航空から見たボーイング737ボーイング737

    その上に、地上保存されていたボーイング747-SP型機やボーイング737-200型機などの所有機材の多くは、就航できない上に予算が枯渇したためには殆ど整備が行われなかっただけでなく、多くの部品が盗難にあってしまったために、大規模な修繕を行わない限り二度と飛行できない状態になってしまった。また、湾岸戦争以前の1980年代後半にエアバスA310を5機発注していたが、クウェート侵攻で宙に浮いてしまい、建造されないまま2007年にA310自体が製造中止となった。イラク航空 フレッシュアイペディアより)

  • イージージェット

    イージージェットから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737-700型機(149席) 30機イージージェット フレッシュアイペディアより)

  • ピードモント航空

    ピードモント航空から見たボーイング737ボーイング737

    1978年8月に航空自由化政策が行なわれてからも事業の拡大は続き、フロリダ州・テキサス州へも路線を展開し、1970年代後半で有償旅客マイル数は34%増加、収益は1160万ドルに達することになった。航空規制緩和で、他社は一気に事業拡大を行い、大型機の導入を行なうところも多かったが、ピードモント航空は堅実に1路線ずつ拡大し、機材もボーイング737程度の大きさの機材を主力として導入していた。ピードモント航空 フレッシュアイペディアより)

  • MRJ

    MRJから見たボーイング737ボーイング737

    ANA発注機については、同社の子会社で小型機(ボーイング737)やプロペラ機(デ・ハビランド・カナダ DHC-8)を運航しているANAウイングスで運航されることになっている。MRJ フレッシュアイペディアより)

  • MD-80/MD-90

    MD-80/MD-90から見たボーイング737ボーイング737

    こうしてボーイング717が誕生したものの、同様のサイズを持つボーイング737-600などとの直接競合を避けるためと、2001年のアメリカ同時多発テロの航空旅客一時激減などの影響を受けて、生産は2006年に終了し、生産機数は156機という少数にとどまった。MD-80/MD-90 フレッシュアイペディアより)

  • エアシナイ

    エアシナイから見たボーイング737ボーイング737

    シナイエアは1982年にエジプトとイスラエルの定期便を運航するために設立された。イスラエルへの直行便をアラブの国であるエジプトのキャリアフラッグが運航することは他のアラブ諸国の批判を招く恐れがあるため親会社であるエジプト航空からボーイング737-200をリースしイスラエル線の運航にあたり、その他に一部のリゾート路線もエジプト航空より引き継いだ。80年代にはフォッカーF27も使われていた。エアシナイ フレッシュアイペディアより)

376件中 51 - 60件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス