434件中 61 - 70件表示
  • イラン航空

    イラン航空から見たボーイング737ボーイング737

    2010年代前半までの主力機材は革命前就航のボーイング747、ボーイング737、ボーイング727、エアバスA300であったが、革命後に少数のフォッカー 100、エアバスA300-600R、その他に中古のエアバスA310などを取得し、これらは現在も運用中である。イラン航空 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA319

    エアバスA319から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング・ビジネス・ジェット(BBJ)への対抗策として、A319をビジネスジェット仕様に改装したのがA319CJ(ACJ319という表記もあり、エアバス社公式サイトではこちらが使われている)である。CJはCorporate Jetの略で、「企業向けジェット機」を意味する。エアバスA319 フレッシュアイペディアより)

  • ガルーダ・インドネシア航空

    ガルーダ・インドネシア航空から見たボーイング737ボーイング737

    ガルーダ・インドネシア航空421便不時着事故 - セラパラン発アジスプチト行きのボーイング737-3Q8は2002年1月16日、雷雨のなかを飛行中両エンジンが停止し、ソロ川への不時着水を余儀なくされた。乗員乗客60人のうち死者わずか1名という奇跡的な結果になった。ガルーダ・インドネシア航空 フレッシュアイペディアより)

  • Bmibaby

    Bmibabyから見たボーイング737ボーイング737

    Bmibabyは2002年1月に設立され、同年3月にイースト・ミッドランドとマラガを結ぶ路線に就航した。2006年秋にはハブ空港の一つであるマンチェスター空港を母港とするボーイング737型機を5機から8機に増やし新たに8路線の開設を行い、2007年にはバーミンガム国際空港にボーイング737型機を集約し同社最大のハブ空港化するなどそのネットワークを拡げていった。Bmibaby フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737 クラシック

    ボーイング737 クラシックから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737 クラシックは、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造するボーイング737の第2世代の小型ジェット旅客機である。ボーイング737 クラシック フレッシュアイペディアより)

  • 南紀白浜空港

    南紀白浜空港から見たボーイング737ボーイング737

    2015年7月1日 - 2015年8月31日 B737-800による羽田便運航(日本航空の運航3便のうち2便)。南紀白浜空港 フレッシュアイペディアより)

  • 旅客機

    旅客機から見たボーイング737ボーイング737

    短距離航空路では、100 - 200人乗り程度のナローボディ機を使用する。長距離航空路と違って目的地までの距離が短い分、飛行時間も短縮されるためシートの配置に余裕をもたせない航空会社が多い。DC-9、ボーイング737、ボーイング757、エアバスA320などがある。旅客機 フレッシュアイペディアより)

  • ターキッシュ エアラインズ

    ターキッシュ エアラインズから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング777-300ERは自社発注した5機目(機体番号:TC-JJE)の新造機より新塗装で納入され、それ以降はボーイング737-800を含めた新造機ならびにリース導入分を含め全て新塗装で納入されている。最初に導入した旧塗装4機のB777-300ERは、2機ずつジェットエアウェイズとタイ国際航空へそれぞれ移籍した。ターキッシュ エアラインズ フレッシュアイペディアより)

  • ランサローテ空港

    ランサローテ空港から見たボーイング737ボーイング737

    File:Air Europa B737-800 EC-HGQ.jpg|エア・ヨーロッパのボーイング737-800ランサローテ空港 フレッシュアイペディアより)

  • ピープル・エキスプレス

    ピープル・エキスプレスから見たボーイング737ボーイング737

    機材はルフトハンザドイツ航空が手放したボーイング737型機を購入し、機材として用意した。ハブ空港にはニューアーク・リバティー国際空港を選定し、同空港の隅にある、長い間放置されていたターミナルを拠点として格安運賃で運航を始めた。ピープル・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

434件中 61 - 70件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード