376件中 71 - 80件表示
  • 石垣空港

    石垣空港から見たボーイング737ボーイング737

    当空港は様々な問題を抱えており、新空港の建設が検討されてきた。1982年には南西航空(現 日本トランスオーシャン航空)のボーイング737-200が滑走路をオーバーランし、炎上する事故も起き住宅密集地の空港への危機感が高まった。同年発表された新空港案は石垣島東部の白保集落沖合いのサンゴ礁を埋め立てるもので地元や自然保護団体から強い反対を受け、1989年に撤回された。その後建設予定地は二転三転し、2000年に島東部の海沿いの陸地が新空港予定地として選定された。石垣空港 フレッシュアイペディアより)

  • エアーネクスト

    エアーネクストから見たボーイング737ボーイング737

    コストを引き下げて効率的な運航をすることを目的にエアーニッポン(ANK)により設立された。エアーニッポンが使用していたナローボディジェット旅客機・ボーイング737-500を運航していた。エアーネクスト フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリグ・ブラジル航空

    ヴァリグ・ブラジル航空から見たボーイング737ボーイング737

    1970年代に入ると中短距離用ジェット機であるボーイング727やボーイング737を導入し、サンパウロのコンゴニャス国際空港とリオ・デ・ジャネイロのサントス・デュモン空港の間を結ぶシャトル便「ポンテ・アエーレア」を除く全ての主要国内線と近距離国際線の完全ジェット化を行った。ヴァリグ・ブラジル航空 フレッシュアイペディアより)

  • KLMオランダ航空

    KLMオランダ航空から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング 737-700型機(13機発注中,7機オプション)KLMオランダ航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング757

    ボーイング757から見たボーイング737ボーイング737

    727型機の代替としてイースタン航空およびブリティッシュ・エアウェイズ向けに設計・開発され、1983年に引き渡しが開始された。初期の販売実績は低調であったが、1980年代後半以降に徐々に上向きになり、アメリカ国内をはじめヨーロッパや南アメリカでも727の代替機として導入されるようになり、最終的に1000機以上が販売された。しかし、2000年代に入り、単通路機としては安価な自社製737NGシリーズの市場と競合、売り上げが伸びていなかったため、2004年に販売を中止し、2005年4月に上海航空向けの機材(通算1049機目)を最後に生産終了した。ボーイング757 フレッシュアイペディアより)

  • エアバスA320

    エアバスA320から見たボーイング737ボーイング737

    エアバスA300の成功を受けて、次の計画としてエアバス社は150席程度の小規模な旅客機に需要があると見込んだ。1970年代における同規模の旅客機としては、ライバルメーカーのボーイングが製造していたボーイング727があった。727は初就航が1964年であり、これの更新需要も見込むものとした。開発当初はボーイング727規模の旅客機にする予定であったのだが、開発中にオイルショックにより原油価格の値上がりがあったため、ボーイング727よりも低燃費の旅客機を開発する必要があり、ボーイング737規模の旅客機となった。エアバスA320 フレッシュアイペディアより)

  • ガルーダ・インドネシア航空

    ガルーダ・インドネシア航空から見たボーイング737ボーイング737

    421便(ボーイング737-300)は2002年1月16日にロンボク島からジョグジャカルタまで飛行中、悪天候のためやむをえずソロ川に緊急着陸をした。スチュワーデス1名が死亡したが、59人の他の乗客と乗組員は無事だった。1ガルーダ・インドネシア航空 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロキプリア航空

    ユーロキプリア航空から見たボーイング737ボーイング737

    ユーロキプリア航空は1991年にキプロス初のチャーター便の航空会社として誕生した。1992年5月に最新鋭のエアバスA320を2機体制で運航を開始し、2001年にはチャーター便だけでなく定期便の運航も始めた。2003年、営業以来使用していたエアバス機にその後新たに加えていたエアバス機のA320の合計4機をキプロス航空に売却し、新たに購入した4機のボーイング737に置き換えた。ユーロキプリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の航空

    2011年の航空から見たボーイング737ボーイング737

    (本社移転) 株式会社ジャル エクスプレス (JEX)は、本日付けで、本社を大阪国際空港(伊丹空港)から東京国際空港(羽田空港)に移転した。移転の理由は、同社が保有するボーイング737-800型機 26機を東京国際空港を中心に運航しているためだという。2011年の航空 フレッシュアイペディアより)

  • 蔚珍飛行場

    蔚珍飛行場から見たボーイング737ボーイング737

    駐機場: 11000m²(ボーイング737級 2機分)蔚珍飛行場 フレッシュアイペディアより)

376件中 71 - 80件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード