434件中 71 - 80件表示
  • ミャンマー

    ミャンマーから見たボーイング737ボーイング737

    2012年10月15日から、ANAが週3便で、東京/成田線 - ヤンゴン線の直行便を12年ぶりに再開。2013年9月30日から、機材をボーイング737型機からボーイング767型機へ大型化、ビジネスクラスを新設して週5便となった。ミャンマー フレッシュアイペディアより)

  • 石垣空港

    石垣空港から見たボーイング737ボーイング737

    当空港は様々な問題を抱えており、新空港の建設が検討されてきた。1982年には南西航空(現 日本トランスオーシャン航空)のボーイング737-200が滑走路をオーバーランし、炎上する事故も起き住宅密集地の空港への危機感が高まった。同年発表された新空港案は石垣島東部の白保集落沖合いのサンゴ礁を埋め立てるもので地元や自然保護団体から強い反対を受け、1989年に撤回された。その後建設予定地は二転三転し、2000年に島東部の海沿いの陸地が新空港予定地として選定された。石垣空港 フレッシュアイペディアより)

  • ルフトハンザドイツ航空

    ルフトハンザドイツ航空から見たボーイング737ボーイング737

    1973年12月17日、パンアメリカン航空110便がローマのフィウミチーノ空港でハイジャックされた事件で、パレスチナ人のハイジャック犯たちが数人の人質を連れて、偶然同空港に居合わせたルフトハンザ機(ボーイング737、D-ABEY)に押し入り、アテネ、ダマスカス、クウェートへの飛行を強制した。犯人たちはクウェート国際空港で拘束された。詳細は英語版記事参照。ルフトハンザドイツ航空 フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス MD-90

    マクドネル・ダグラス MD-90から見たボーイング737ボーイング737

    本項では以下、ダグラス、マクドネル・ダグラス、ボーイングおよびエアバス製旅客機については社名を省略して英数字のみで表記する。たとえばダグラスDC-9は「DC-9」、ボーイング737は「737」、エアバスA320は「A320」とする。マクドネル・ダグラス MD-90 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング

    ボーイングから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング707は高速を生かして長距離国際線用に使用され、一般人の海外旅行をより容易にすることに役立った。続いて1963年に中距離用のジェット旅客機ボーイング727を開発した。この機体は三重隙間フラップ等の強力な高揚力装置を装備して離着陸性能を改善し、中規模空港でも運用が出来るようにした。この結果、それまでバイカウント等のターボプロップ機が運航していた中距離路線にもジェット機が進出するようになった。さらに、より小型の短距離機ボーイング737を開発して、航空輸送のジェット化を著しく推し進めた。ボーイング フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たボーイング737ボーイング737

    777-300ERの翼幅、胴体長は747-400よりも大きく、双発機としては世界最大である。直径が737の胴体に匹敵するほど大きく強力なジェットエンジンを備えている。着陸装置としては、2本の主脚にボーイングの旅客機部門としては初めてタイヤが6輪ずつ装備されたボギー式の着陸装置が採用されているが、タキシング時に前輪の操向装置が大きい操向角を取ると、主脚に大きな横方向の荷重とタイヤの横滑りが発生するため、操向角が10度以上になるとコンピュータ処理によりボギー最後端の車軸を左右に最大8度まで操向させる、主輪操向装置を装備している。太い胴体の中央部を1階の客室に充てたため、その下の貨物室も広く確保できたが、客室天井と機体上辺との間のかまぼこ型の空間には、前部と後部にそれぞれコックピット・クルー用とキャビン・クルー用の休憩室を設けることができるため、長距離便でも交代乗務員用に客室や貨物室内に座席等を割り当てる必要がない。このように旅客と貨物の両面で収益が得られるよう考慮された飛行機であり、夜間に貨物専用便として運航されることもある。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島 (東京都)

    硫黄島 (東京都)から見たボーイング737ボーイング737

    実際に、2003年3月30日にはグアム発仙台行きのコンチネンタル航空931便(ボーイング737)がエンジン片方停止により、2014年11月9日には関西国際空港発グアム行きのデルタ航空294便(ボーイング757-200)が左エンジンの不具合によりそれぞれ緊急着陸している。2016年3月4日には、ソウル/仁川発、サイパン行きのチェジュ航空3402便(ボーイング737-800)が右エンジンの不具合により緊急着陸した。硫黄島 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737MAX

    ボーイング737MAXから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737 MAX(、ボーイング737マックス)は、アメリカ合衆国の航空機メーカーボーイング社が製造するボーイング737の第4世代の小型ジェット旅客機である。ボーイング737MAX フレッシュアイペディアより)

  • マクドネル・ダグラス DC-9

    マクドネル・ダグラス DC-9から見たボーイング737ボーイング737

    当時すでに就航が開始されていたボーイング727や、開発が進んでいた737への対抗上、DC-8で得られた既知技術を極力流用するのみならず、デ・ハビランド・カナダ (DHC) 以下、生産分担予定のパートナーに開発費用まで含む設計を委託し、驚異的とも言える短期間で分散共同開発が進められた結果、試作機は1965年2月に初飛行し、その年の12月にデルタ航空で就航した。マクドネル・ダグラス DC-9 フレッシュアイペディアより)

  • 日航機事故

    日航機事故から見たボーイング737ボーイング737

    1982年(昭和57年)8月26日。南西航空611便ボーイング737-200 (JA8444) が石垣空港への着陸時にオーバーランして滑走路終端付近の雑木林に突入、乗員乗客の降機後に爆発炎上。乗員乗客のうち3人が負傷。着陸進入中の操縦士が適切な制動操作を行わなかったのが原因とされる。同空港は滑走路が短いものの暫定的にジェット機が就航していたが、この事故などを機に空港の改築または新空港の建設への議論が高まった。日航機事故 フレッシュアイペディアより)

434件中 71 - 80件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード