434件中 81 - 90件表示
  • エアバス

    エアバスから見たボーイング737ボーイング737

    エアバスの製品群は、1970年代初期に運航が開始された世界初の2列通路の双発航空機「エアバスA300」から始まった。A300の短胴型はエアバスA310として知られる。西ドイツとフランス政府の全面的な支援を受けたエアバスは、革新的なフライ・バイ・ワイヤ制御システムを備えたエアバスA320の計画を立ち上げた。1980年代後半に運航が開始されたA320は大手航空会社のみならず格安航空会社でも多数が導入され、商業的に大成功をおさめる。その後もビジネスジェット機需要の高まりを受け、エアバスA318及びエアバスA319等、短胴派生型(エアバス・コーポレイト・ジェット)を開発。延長型はエアバスA321として知られている。これらの新型機によってボーイング737型機の後期モデル(737-300・400・500の第2世代および737-600・700・800・900の第3世代=737NGシリーズ)は、激しい競争を強いられるようになった。エアバス フレッシュアイペディアより)

  • 日本トランスオーシャン航空

    日本トランスオーシャン航空から見たボーイング737ボーイング737

    1978年7月17日:初のジェット旅客機となるボーイング737-200を導入(同日那覇空港に到着、24日から日本航空の那覇 - 福岡線にウェットリースという形で就航( - 10月15日))。日本トランスオーシャン航空 フレッシュアイペディアより)

  • 日本トランスオーシャン航空

    日本トランスオーシャン航空から見たB737ボーイング737

    2016年1月21日:JTAの次期新機材となるB737-800初号機を北米ボーイング・フィールドのデリバリーセンターで受領した。日本トランスオーシャン航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング757

    ボーイング757から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイングでは、1963年に短中距離向けのナローボディの3発ジェット機として727を初飛行させていた。727はジェット旅客機としては好調な売れ行きを記録し、胴体延長型のも含めて最終的には1,832機の販売実績を有するベストセラーとなるが、より小型だが運航乗務員が2人で済み、さらに双発エンジンのため燃費にも優れる737-200やマクドネル・ダグラス DC-9-40/50シリーズとの競合もあり1974年頃には売れ行きは鈍化していた。ボーイングは727を改良することでさらに販売機数を伸ばせると考え、改良型としての開発に着手した。このは、胴体を延長した上でエンジンを低騒音化し、降着装置も4輪式にするなどの改良が加えられる計画で、これにより、座席あたりの燃費を13パーセント低減すると同時に、年ごとに厳しくなる騒音規制をクリアすることができると考えられた。ボーイング757 フレッシュアイペディアより)

  • 大島町

    大島町から見たボーイング737ボーイング737

    かつては全日本空輸が東京国際空港(羽田空港)とを結ぶ便を運航していた。YS-11の退役による小型ジェット機への機材転換が必要となり、2002年に小型ジェット機が離着陸可能な滑走路長1,800メートルに延長された(当初の計画としてB737-500が1日3往復。大島空港拡張事業環境影響評価書より)。しかし、観光客の減少、高速船の運航等により乗客数を確保できなくなり、2009年10月からは、ボンバルディアDash 8 Q300型機での1日1便運航となった。その後同機材の退役により、2014年3月30日から再度、ボーイング737-700によるジェット化がなされたが、2015年10月24日をもって廃止された。大島町 フレッシュアイペディアより)

  • エンブラエル E-Jet

    エンブラエル E-Jetから見たボーイング737ボーイング737

    リージョナルジェットに分類されるが、シリーズ中最大のエンブラエル195は座席数を124席まで設定可能であり、機体サイズの面でボーイング737の最小モデルやエアバスA318と匹敵するとの見方もある。エンブラエル E-Jet フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たボーイング737ボーイング737

    2006年度からボーイング737「ネクストジェネレーション」を50機導入しており、国際線にも随時投入しているほか、2012年からは燃費効率の優れた最新鋭のボーイング787の導入・運航を開始している。2014年には次期主力大型機として欧州エアバス製最新鋭機A350を発注した。2014年の機材更新計画発表を世界のメディアが当時の日航の選択を賞賛した。ゴーイングコンサーンとしての信念を押し通して導入を決めた欧州エアバス社製大型旅客機を、パートナーとして選んだ事でこの先25年間は同社のフラッグシップ機として世界の空を飛ぶ事になる。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • プーケット航空

    プーケット航空から見たボーイング737ボーイング737

    エアーニッポンから購入した日本航空機製造YS-11、日本航空やKLMオランダ航空などから購入したボーイング747-200のほか、747-300、737-200を所有している。なお、全ての機材が中古機であった。プーケット航空 フレッシュアイペディアより)

  • アイダホフォールズ地域空港

    アイダホフォールズ地域空港から見たボーイング737ボーイング737

    ホライゾン航空は2003年にアイダホフォールズ・シアトル便を70人乗りのQ400で運航していたが、搭乗実績が芳しくなかったため、翌2004年には廃線となった。デルタ航空はソルトレイクシティからのボーイング737による便を運航していたが、2002年に廃線となった。アイダホフォールズ地域空港 フレッシュアイペディアより)

  • アリアナ・アフガン航空

    アリアナ・アフガン航空から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737-700型機 4機(2009年受領予定)アリアナ・アフガン航空 フレッシュアイペディアより)

434件中 81 - 90件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード