376件中 81 - 90件表示
  • 上海航空機製造

    上海航空機製造から見たボーイング737ボーイング737

    もともとは1950年に設立された国営企業であったが、現在は資本主義化にともない中国航空工業グループに属している。中国政府のジェット旅客機国産化政策に基づきボーイング707を模倣してY-10を開発しようとした。同計画の失敗後、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社からMD-82/83を35機ノックダウン生産し、後にMD-90を2機ライセンス生産したほか、ボーイング737の部品(水平尾翼など)を下請け製造したり、航空機の整備を行っている。また国内線向け短距離旅客機であるARJ21の開発を進めている。上海航空機製造 フレッシュアイペディアより)

  • ATA航空

    ATA航空から見たボーイング737ボーイング737

    ATA は砂漠の嵐作戦向けの任務494回で108,000人の軍人を輸送する、1991年の湾岸戦争の間、アメリカ合衆国軍向けのサービスを果たした。ボーイング727-100型機は1993年に727-200型機に置き換えられた。1990年代中頃、ATA航空はシカゴを大きなハブ空港として運営しアメリカ大陸の至る所に定期便サービスを提供し、同じくハワイ路線及び軍のチャーター便契約を拡大させた。ATA航空及びシカゴ・エキスプレス (w:Chicago Express) はATA のシカゴ運営と共に地方の中西部都市へ連絡する、ATAコネクションを立ち上げた;シカゴ・エキスプレスは1999年に購入し子会社と分離して運営された。2000年に、ATA航空はミッドウェイ空港からの追加飛行向けの機材拡張のために新しいボーイング737-H型機及びボーイング757-300型機を購入する大きな発注を行った。この年、ここはメキシコへの定期便運航も開始しw:United States Department of Transportationによって主要航空会社 (w:major carrier) と指定された。ATA航空 フレッシュアイペディアより)

  • ヘリオス航空

    ヘリオス航空から見たボーイング737ボーイング737

    ヘリオス航空は1998年9月23日、キプロスの最初の独立系民間航空会社として創業された。2000年5月15日にイギリスのロンドン・ガトウィック空港にその最初のチャーター便を運航した。その後リースしたボーイング737を使用し、欧州各地にチャーター便を運航した。ヘリオス航空 フレッシュアイペディアより)

  • エア・スロバキア

    エア・スロバキアから見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング 737-300 - 4機エア・スロバキア フレッシュアイペディアより)

  • シーグル・エアー

    シーグル・エアーから見たボーイング737ボーイング737

    2007年、スロバキア航空の経営破綻にともない、同社の従業員の8割を承継。新たにボーイング737-300を購入し、ブラチスラヴァ空港発着のチャーター便運航を開始。のち同型機を増備し、コシツェ空港とチェコ国内のプラハ、ブルノ、パルドゥビツェ発着チャーター便の運航も始めた。また同年4月にはスロバキアの航空会社として初めてエアバスA320-200を導入した。シーグル・エアー フレッシュアイペディアより)

  • FJR710 (エンジン)

    FJR710 (エンジン)から見たボーイング737ボーイング737

    第一期で試作した FJR710 / 20 は1977年(昭和52年)にイギリスの国立ガスタービン研究所 (National Gas Turbine Establishment : NGTE) に持ち込まれ、擬似高度エンジン試験設備を使用して高空性能を測定した。この結果、FJR710 が極めて性能が良いことが確認され、かつ、試験中のエンジン不具合が皆無であった。この事実を高く評価したロールス・ロイス社は1978年(昭和53年)初頭、推力 10,000 kg クラスのターボファンエンジン(ボーイング 737-300などが想定機種)の共同開発を呼びかけ、1982年(昭和57年)には日英両国で各1機の試験用エンジンRJ500の完成に至った。FJR710 (エンジン) フレッシュアイペディアより)

  • アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件

    アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件から見たボーイング737ボーイング737

    アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件とは、2009年9月9日にアエロメヒコ航空576便カンクン発メキシコシティ行のボーイング737-852型機が、フェリペ・カルデロンメキシコ大統領との対話を求める犯人によってハイジャックされた事件である。乗客はメキシコシティ国際空港に到着後解放され、その後乗員も解放された。これによりメキシコ当局はハイジャック犯とみられた5人の拘束に成功したが、このうち犯人であると断定することができたのはたった一人であった。アエロメヒコ航空576便ハイジャック事件 フレッシュアイペディアより)

  • スパンタックス

    スパンタックスから見たボーイング737ボーイング737

    ところが、1982年にマラガ空港でDC-10の墜落事故を起こしてしまい、チャーター契約は激減してしまった。その後、ルクセンブルクの投資会社によって買収され、ボーイング737-300などを導入して経営の立て直しを行ったが業績は好転せず、結局1988年に倒産してしまった。スパンタックス フレッシュアイペディアより)

  • ADC航空53便墜落事故

    ADC航空53便墜落事故から見たボーイング737ボーイング737

    ADC航空53便墜落事故は、現地時間2006年10月29日正午ごろ、ナイジェリアの首都アブジャ郊外のンナムディ・アジキウェ国際空港から同国北部の都市ソコトに向う予定のADC航空53便(ボーイング737-200、機体記号5N-BFK)が離陸直後に墜落、炎上した事故である。乗客・乗員104人中97人死亡、7人負傷。ADC航空53便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • ウエスタン・パシフィック航空

    ウエスタン・パシフィック航空から見たボーイング737ボーイング737

    ボーイング737-300が主力機として使用されたが、必要に応じてボーイング727をリースして使用することもあった。ウエスタン・パシフィック航空 フレッシュアイペディアより)

376件中 81 - 90件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード