前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たユナイテッド航空

    しかし、当時アメリカの主要航空会社の大半は既にDC-9あるいはBAC 1-11を発注しており、市場に残っていたのはユナイテッド航空とイースタン航空のみ、しかも後者はDC-9採用の意向を明らかにしていた。この状況から、ボーイング社はアメリカの航空会社の強い後押しがない状態での開発を余儀なくされた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアメリカン航空

    最初に発注したのはアメリカン航空の100機。この形式のローンチカスタマーはサウスウエスト航空であるが、うち737MAX-9についてはライオン・エアがローンチカスタマーとなる。その他、アビエーション・キャピタル・グループ、ノルウェー・エアシャトル、ユナイテッド航空、アエロメヒコ航空、アイスランド航空などからも大量発注を受けている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た日本航空

    2014年3月には日本航空グループ傘下のJTA(日本トランスオーシャン航空)が現在の主力機材737-400型機を737-800型機に2016年から置き換えを始めると発表したが、契約条項には発注を737MAX型に変更できる条文も含まれている。JTAは既に737-800型初号機の受領を完了しており、確定発注は「JA06RK」第6号機までとなっている為、日本初の737MAX型機を同社が発注する場合は第7号機目からとみられている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たサウスウエスト航空

    最初に発注したのはアメリカン航空の100機。この形式のローンチカスタマーはサウスウエスト航空であるが、うち737MAX-9についてはライオン・エアがローンチカスタマーとなる。その他、アビエーション・キャピタル・グループ、ノルウェー・エアシャトル、ユナイテッド航空、アエロメヒコ航空、アイスランド航空などからも大量発注を受けている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエアーニッポン

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もオーロラが日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た全日本空輸

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もオーロラが日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たスカイマーク

    日本の航空会社では、スカイマークが737-800の代替を目的として、2018年以降に導入されることが決まっている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た飛行機

    -100型は全シリーズを通して最も小さな機体で、胴体の長さは28.6m、航続距離は3,440 kmである。受注のほとんどが-200型に集中したため、生産機のほぼ全てがルフトハンザドイツ航空で運行された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た哨戒機

    1971年には離着陸性能を向上させ、機内インテリアのデザインにオーバーヘッドストウェッジを導入するなど最新型にグレードアップさせた改良型(-200 Advanced)が導入され1988年まで生産が続けられた。アメリカ空軍も、-200Advanced型を元にした航法練習機をT-43の名称で採用している他、インドネシア空軍は海洋哨戒機として改造した機体を「サーベイラー」の名称で運用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード