119件中 91 - 100件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たカナダ

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアラブ首長国連邦

    2010年からは、737の機体に787の客室インテリアをもとに開発された、LED照明の採用や客室内騒音の低下などを図ったBSI(Boeing Sky Interior)仕様がリリースされており、2010年10月27日にアラブ首長国連邦のフライドバイが世界で初めて導入した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たターボファン

    初期型の-100、-200の生産の後、エンジンを高バイパス比のターボファンに換装した-300、-400、-500が登場した。その小回りのよさなどから、現在でも主翼を改設計して効率を高め、777の技術を用いた-600型から-900型の「Next-Generation(ネクストジェネレーション/NG)」とよばれる最新鋭シリーズの生産が続けられており、2009年2月の時点で総受注機数8,179機・総生産機数5,942機のベストセラー機である。同シリーズは2011年12月16日に、通算7,000機目の737(-800)をフライドバイへ引き渡した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たLED照明

    2010年からは、737の機体に787の客室インテリアをもとに開発された、LED照明の採用や客室内騒音の低下などを図ったBSI(Boeing Sky Interior)仕様がリリースされており、2010年10月27日にアラブ首長国連邦のフライドバイが世界で初めて導入した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たヘッドアップディスプレイ

    新鋭777の技術をふんだんに盛り込んだ最新鋭のハイテク機シリーズで、主翼が翼幅、翼面積ともに拡大された新設計のものに変えられ、これに応じて尾翼も大きくされている。コックピットも最新のものになっており、大型の液晶画面が装備され、後に左席のみオプションでヘッドアップディスプレイも装備できるようになった。操縦資格は同一の機種限定(日本の場合はボーイング式737型)で飛行可能。ベストセラー機である737シリーズの資格を持つ多くのパイロットが、最新型でも新たな国家資格取得が不要な為、運航会社はコストと手間を抑えることが出来る。この事をセールスポイントとしたボーイングの販売戦略が、737型機の販路を更に広げる事に成功した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエコノミークラス

    ボーイング社の前作ボーイング727とは異なり、エンジンはこの主翼の下に1発ずつ、計2発搭載されている。客室断面はボーイング707以来のものを使用しており、DC-9より太くてA320よりわずかに狭く、標準的なエコノミークラスであれば通路をはさんで横に6列の座席を配置できる。また、ボーイング製の旅客機として初めて2人乗務が可能となった機体でもある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たディスプレイ (コンピュータ)

    また、途中から757や767の技術を導入してグラスコックピット化が図られ、コックピットに4面のCRTディスプレイが登場し、コンピュータ制御による操縦が可能となっている。このほか、客室の内装も757スタイルのものに改められている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た高揚力装置

    設備が貧弱な地方の中小空港や、騒音規制の厳しい大都市の空港間を頻繁に離着陸する短距離路線において使用されることを想定し、短い滑走路での離着陸や、短時間での巡航高度への上昇を実現するために、主翼には比較的強力な高揚力装置が装備されている他、主脚は飛行中の外気導入による自動冷却効果を狙い機体の「くぼみ」にはめ込むタイプのため、引き込んだ状態でも車輪の側面が剥き出しになる。さらに、エアステア(機体内蔵タラップ)をオプションで装着できるなど、さまざまな技術、装備が導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た逆噴射装置

    このエンジンはパイロンを介さず直接主翼に取り付けられており、機体の地上高を低く抑えている。また、このエンジンは低バイパス比(バイパス比0.96 - 1.00)であるので、逆噴射装置(スラストリバーサ)はエンジン後方のノズルに蓋をするような構造になっている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たCFM56

    -300型はUSエアの要望を受けて、1984年に登場した改良型である。エンジンをそれまでの低バイパス比のJT8Dから高バイパス比のCFMインターナショナル製CFM56-3Bシリーズに換装し、燃費を大幅に向上させるとともに騒音を抑える効果も得られている。地上高の低い737に大直径のエンジンを装備するため、パイロンで主翼前方に突き出すとともに、独特なおむすび型のエンジンカウルが導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス