119件中 11 - 20件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たスカイマーク

    また、スカイマークが2006年から-800型の導入を開始し、2009年には保有機をすべて-800型に統一した他、スカイネットアジア航空も-800型2機の2011年導入を発表、初号機は「ソラシドエア」へのブランド変更後の同年7月15日に就航した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たJALエクスプレス

    -400型は-300型の胴体延長型で、日本では日本トランスオーシャン航空(JTA)やスカイネットアジア航空(SNA)、JALエクスプレス(JEX)に導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たユナイテッド航空

    最初に発注したのはアメリカン航空の100機。この形式のローンチカスタマーはサウスウエスト航空であるが、うち737MAX-9についてはライオン・エアがローンチカスタマーとなる。その他、アビエーション・キャピタル・グループ、ノルウェー・エアシャトル、ユナイテッド航空、アエロメヒコ航空、アイスランド航空からも大量発注を受けている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング767

    また、途中から757や767の技術を導入してグラスコックピット化が図られ、コックピットに4面のCRTディスプレイが登場し、コンピュータ制御による操縦が可能となっている。このほか、客室の内装も757スタイルのものに改められている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たビジネスジェット

    内装を変えてビジネスジェットに用いられるなど、737=短距離用・ローカル線用機材の概念も崩れつつある。ただ、胴体断面はボーイング707以来ほとんど変わっておらず、そのため貨物室がコンテナに対応できないという問題点はそのままである。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たビジネス機

    ボーイング・ビジネス・ジェット(BBJ:Boeing Business Jet):-700型をベースに-800型の主翼と降着装置を使用して離陸重量を増加し、内装をビジネス機仕様に改修した機体。のちに-800型ベース(BBJ2)や-900型ベース(BBJ3)の機体も製造されている。近年、小型化が進んでいる政府専用機としても多数採用されている。なおBBJは777や787ベースでも製作される。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た対潜哨戒機

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たライオン・エア

    航続距離を延長したERタイプもあり、-700ER型は燃料タンク増設などにより最大で10,000kmを越える航続距離を持つ。最大航続距離が5,900kmの-900ER型も初飛行に成功した。-900ER型では、非常口を増設することで最大座席数は201席となった。737-900ERのローンチカスタマーは、インドネシアのライオン・エアで、標準型の-900は生産を終了した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た日本トランスオーシャン航空

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たイルクート

    イルクート MS-2統一航空機製造会社(UAC)グループのイルクートとヤコブレフで開発中ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード