80件中 31 - 40件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング777

    初期型の-100、-200の生産の後、エンジンを高バイパス比のターボファンに換装した-300、-400、-500が1980年代初頭に登場した。その小回りのよさなどから、現在でも主翼を改設計して効率を高め、777の技術を用いた-600型から-900型の「Next-Generation(ネクストジェネレーション/NG)」と、「737MAX」とよばれる最新鋭シリーズの生産が続けられており、2014年1月の時点で総受注機数11575機・総生産機数7900機のベストセラー機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング727

    リアエンジン3発式とされたボーイング社の前作ボーイング727とは異なり、エンジンは主翼の下に1発ずつ、計2発搭載されている双発仕様で、敢えて特殊なエンジンレイアウトを避け、整備性を重視した設計である。一方の胴体は設計費と生産単価の低減のため、先行した727と同じ設計(遡れば1958年就航の第一世代ジェット旅客機であるボーイング707以来の設計)を流用している。DC-9より太くてA320よりわずかに狭く、標準的なエコノミークラスであれば通路をはさんで横に6列の座席を配置できる。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング707

    リアエンジン3発式とされたボーイング社の前作ボーイング727とは異なり、エンジンは主翼の下に1発ずつ、計2発搭載されている双発仕様で、敢えて特殊なエンジンレイアウトを避け、整備性を重視した設計である。一方の胴体は設計費と生産単価の低減のため、先行した727と同じ設計(遡れば1958年就航の第一世代ジェット旅客機であるボーイング707以来の設計)を流用している。DC-9より太くてA320よりわずかに狭く、標準的なエコノミークラスであれば通路をはさんで横に6列の座席を配置できる。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング717

    なお、このシリーズの導入後にボーイングは、-600とほぼ同じ座席数を持つ717シリーズと、-900とほぼ同じ座席数(-200)と航続距離を持つ757シリーズの生産を取りやめた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た航空機

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た貨物機

    -200型は-100型より胴体が1.9m長い30.5mで、航続距離も長い(約4,000km)などの違いがあるが、基本的にはほぼ同じ機体である。-200型にはコンビ機(貨物機兼旅客機)モデルとして胴体左前部に貨物ドアを追加し、前方座席を簡単に取り外せるようにした-200C型(-200 Convertible)を用意していた。カナディアン・ノース航空やノリノール・エビエーションなどカナダの航空会社では地方路線として-200C型を導入しているが、設備の整っていない飛行場では硬い氷や砂利が滑走路上に残っていることが多いため、車輪が跳ね上げた砂利が機体に当たらないように前脚のカバーを強化しガードとなるタイプに変更したり、エンジンが異物を吸い込む前に吹き飛ばすため、エンジン下部に圧縮空気を吹き出すダクトを設置するなどの改造が行われている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たジェット機

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング737MAX

    初期型の-100、-200の生産の後、エンジンを高バイパス比のターボファンに換装した-300、-400、-500が1980年代初頭に登場した。その小回りのよさなどから、現在でも主翼を改設計して効率を高め、777の技術を用いた-600型から-900型の「Next-Generation(ネクストジェネレーション/NG)」と、「737MAX」とよばれる最新鋭シリーズの生産が続けられており、2014年1月の時点で総受注機数11575機・総生産機数7900機のベストセラー機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング757

    なお、このシリーズの導入後にボーイングは、-600とほぼ同じ座席数を持つ717シリーズと、-900とほぼ同じ座席数(-200)と航続距離を持つ757シリーズの生産を取りやめた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たダグラス DC-4

    1964年に、地方路線に数多く残っていたダグラス DC-4やコンベア440などのプロペラ旅客機や、ロッキード L-188などのターボプロップ旅客機を代替する100人乗りの小型の短距離用のジェット旅客機として、当時ライバル会社であったダグラスのDC-9に対抗すべく開発が始められた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

80件中 31 - 40件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード