119件中 31 - 40件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たCFMインターナショナル

    -300型はUSエアの要望を受けて、1984年に登場した改良型である。エンジンをそれまでの低バイパス比のJT8Dから高バイパス比のCFMインターナショナル製CFM56-3Bシリーズに換装し、燃費を大幅に向上させるとともに騒音を抑える効果も得られている。地上高の低い737に大直径のエンジンを装備するため、パイロンで主翼前方に突き出すとともに、独特なおむすび型のエンジンカウルが導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たプラット・アンド・ホイットニー

    1967年から生産が開始された737最初のシリーズである。エンジンはプラット・アンド・ホイットニーのJT8D (:en:JT8D) を両主翼下に1基ずつ装備する。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たサハリン航空

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボンバルディア・エアロスペース

    売れ筋は-700型と-800型で、ボンバルディアやエンブラエルなどのリージョナルジェットと競合する-600型は、ライバルの同クラスの機体であるエアバスA318ともども苦戦していたが、2012年に生産を終了し、価格表からも削除された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たフィリピン航空

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たダグラス・エアクラフト

    JALエクスプレスの-400型の大半は当初日本航空(JAL)が導入したものを移管されたもので、JAL本体としてはダグラスDC-8以来の単通路機であった。各機体には導入月にちなんだ花の愛称が付けられ、737-400全体には「フラワージェット」の愛称が付いた。なお、植物の愛称が付いたJALフリートとしては過去にコンベアCV880があったが、CV880と同じ名をつけた機体はなかった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たコンベア

    JALエクスプレスの-400型の大半は当初日本航空(JAL)が導入したものを移管されたもので、JAL本体としてはダグラスDC-8以来の単通路機であった。各機体には導入月にちなんだ花の愛称が付けられ、737-400全体には「フラワージェット」の愛称が付いた。なお、植物の愛称が付いたJALフリートとしては過去にコンベアCV880があったが、CV880と同じ名をつけた機体はなかった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た統一航空機製造会社

    イルクート MS-2統一航空機製造会社(UAC)グループのイルクートとヤコブレフで開発中ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たUSエア

    -300型はUSエアの要望を受けて、1984年に登場した改良型である。エンジンをそれまでの低バイパス比のJT8Dから高バイパス比のCFMインターナショナル製CFM56-3Bシリーズに換装し、燃費を大幅に向上させるとともに騒音を抑える効果も得られている。地上高の低い737に大直径のエンジンを装備するため、パイロンで主翼前方に突き出すとともに、独特なおむすび型のエンジンカウルが導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たルフトハンザドイツ航空

    1965年に、地方路線に数多く残っていたダグラスDC-4やコンベア440などのプロペラ旅客機や、ロッキード L-188などのターボプロップ旅客機を代替する100-150人乗りの小型の短距離用のジェット旅客機として、当時ライバル会社であったダグラスのDC-9に対抗すべく開発が始められた。胴体は先に導入されていた727と同じ設計としている。1967年4月に初飛行、路線就航は1968年2月のルフトハンザドイツ航空より。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス