119件中 41 - 50件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たノルウェー・エアシャトル

    最初に発注したのはアメリカン航空の100機。この形式のローンチカスタマーはサウスウエスト航空であるが、うち737MAX-9についてはライオン・エアがローンチカスタマーとなる。その他、アビエーション・キャピタル・グループ、ノルウェー・エアシャトル、ユナイテッド航空、アエロメヒコ航空、アイスランド航空からも大量発注を受けている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た香港ドラゴン航空

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエアバスA320

    マクドネル・ダグラスDC-9や、エアバスA320などと同じクラス(客席数100-200席)のジェット旅客機で、7000機以上が製造されているベストセラー旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング777

    初期型の-100、-200の生産の後、エンジンを高バイパス比のターボファンに換装した-300、-400、-500が登場した。その小回りのよさなどから、現在でも主翼を改設計して効率を高め、777の技術を用いた-600型から-900型の「Next-Generation(ネクストジェネレーション/NG)」とよばれる最新鋭シリーズの生産が続けられており、2009年2月の時点で総受注機数8,179機・総生産機数5,942機のベストセラー機である。同シリーズは2011年12月16日に、通算7,000機目の737(-800)をフライドバイへ引き渡した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング757

    また、途中から757や767の技術を導入してグラスコックピット化が図られ、コックピットに4面のCRTディスプレイが登場し、コンピュータ制御による操縦が可能となっている。このほか、客室の内装も757スタイルのものに改められている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たDC-9

    マクドネル・ダグラスDC-9や、エアバスA320などと同じクラス(客席数100-200席)のジェット旅客機で、7000機以上が製造されているベストセラー旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング707

    ボーイング社の前作ボーイング727とは異なり、エンジンはこの主翼の下に1発ずつ、計2発搭載されている。客室断面はボーイング707以来のものを使用しており、DC-9より太くてA320よりわずかに狭く、標準的なエコノミークラスであれば通路をはさんで横に6列の座席を配置できる。また、ボーイング製の旅客機として初めて2人乗務が可能となった機体でもある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た旅客機

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た日本

    なお、日本の航空会社では-200型と-200Advanced型が全日本空輸と日本近距離航空、南西航空が導入し、離島路線や地方路線のジェット化に貢献し、2003年まで使用された。また、香港ドラゴン航空やナウル航空、フィリピン航空などが日本乗り入れ機材として使用し、現在もサハリン航空が日本への乗り入れ機材として使用している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た航続距離

    -100型は全シリーズを通して最も小さな機体で、胴体の長さは28.6m、航続距離は3,440 kmである。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス