80件中 41 - 50件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たBAC 1-11

    しかし、当時アメリカの主要航空会社の大半は既にDC-9あるいはBAC 1-11を発注しており、市場に残っていたのはユナイテッド航空とイースタン航空のみ、しかも後者はDC-9採用の意向を明らかにしていた。この状況から、ボーイング社はアメリカの航空会社の強い後押しがない状態での開発を余儀なくされた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たジェット旅客機

    生産機数が多い(10000機以上生産されでジェット旅客機では世界一。2位のエアバスA320シリーズは約8000機以上)。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たマクドネル・ダグラス DC-9

    マクドネル・ダグラス DC-9/MD-80や、エアバスA320などと同じクラス(客席数100-200席)のジェット旅客機で、1967年の初飛行以来、半世紀にわたり連綿と改良を重ねながら2018年2月までに各種バリエーション累計10,000機以上が製造され、引き続き多数のバックオーダーを抱えて生産続行されている。ジェット旅客機の一シリーズとしては確実に史上最多、商用輸送機の歴史でも屈指のベストセラーかつロングセラーである。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアロハ航空243便事故

    また、ユナイテッド航空585便墜落事故、USエアー427便墜落事故、イーストウインド航空517便急傾斜事故、アロハ航空243便事故など、明白な機体の欠陥もあり、150人以上が命を失っている。また2005年8月14日に起きたヘリオス航空522便墜落事故では死者121名を出している。他にも与圧系統にトラブルがあったことが報告されていることもあり、この事故では737クラシックの与圧系統の構造的欠陥説も指摘されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たハイジャック

    絶対件数だけを見れば、航空事故やハイジャックが他機種に比べ非常に多い。その理由は、ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たサウスウエスト航空812便緊急着陸事故

    2011年4月1日、アリゾナ州フェニックスからカリフォルニア州サクラメントに向かっていたサウスウエスト航空812便が離陸後に天井に幅30cm、長さ1.5mほどの穴が開き、至近の米軍ユマ基地に緊急着陸する事故が発生した。乗客は全員無事であったが、客室乗務員1名が軽傷。直ちに同型機のうち79機を点検した結果、さらに数機について亀裂が発生していることが判明した米・国家運輸安全委員会(NSTB)の調査の結果ではサウスウエスト航空の検査体制には問題はなかったことから、連邦航空局(FAA)では全世界の同型機に対して検査命令を出した。また、ボーイングでは亀裂の発生の可能性について認識しており、それまでは飛行回数が6万回を超えた時点で詳細な検査をすることとしていたが、今回の事故を受けて、飛行回数が3万回を超えた時点で詳細な検査をするように基準を改めた。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故

    また、737クラシックでは、エンジンの欠陥でブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故などが発生し、飛行が差し止められたことがある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たヘリオス航空522便墜落事故

    また、ユナイテッド航空585便墜落事故、USエアー427便墜落事故、イーストウインド航空517便急傾斜事故、アロハ航空243便事故など、明白な機体の欠陥もあり、150人以上が命を失っている。また2005年8月14日に起きたヘリオス航空522便墜落事故では死者121名を出している。他にも与圧系統にトラブルがあったことが報告されていることもあり、この事故では737クラシックの与圧系統の構造的欠陥説も指摘されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボルト (部品)

    737NGシリーズの機体全損事故のうち死者無しの事故は、2007年8月20日に那覇空港で発生したチャイナエアライン120便炎上事故である。この事故では製造段階に於けるボルトの取り付けの不具合が原因と考えられている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たタラップ

    さらに、エアステア(機体内蔵タラップ)をオプションで装着できるなど、短距離路線での低コスト運航を実現するために、さまざまな技術、装備が導入されている。また、ボーイング製のジェット旅客機として初めて2人乗務が可能となった機体でもある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード