119件中 51 - 60件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たロッキード L-188

    1965年に、地方路線に数多く残っていたダグラスDC-4やコンベア440などのプロペラ旅客機や、ロッキード L-188などのターボプロップ旅客機を代替する100-150人乗りの小型の短距離用のジェット旅客機として、当時ライバル会社であったダグラスのDC-9に対抗すべく開発が始められた。胴体は先に導入されていた727と同じ設計としている。1967年4月に初飛行、路線就航は1968年2月のルフトハンザドイツ航空より。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たYXX

    ボーイングが日本と共同開発する予定だった小型機7J7(日本ではYXX)の受注に失敗した後、737シリーズを近代化してエアバスA320に対抗するために開発した機体。1997年より生産が開始された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たDC-8

    JALエクスプレスの-400型の大半は当初日本航空(JAL)が導入したものを移管されたもので、JAL本体としてはダグラスDC-8以来の単通路機であった。各機体には導入月にちなんだ花の愛称が付けられ、737-400全体には「フラワージェット」の愛称が付いた。なお、植物の愛称が付いたJALフリートとしては過去にコンベアCV880があったが、CV880と同じ名をつけた機体はなかった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た貨物機

    -200型は-100型より胴体が1.9m長い30.5mで、航続距離も長い(約4,000km)などの違いがあるが、基本的にはほぼ同じ機体である。-200型には目的に応じて貨物機としても旅客機としても使用が可能な-200C型(-200 Convertible)という派生型もあった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たリージョナルジェット

    売れ筋は-700型と-800型で、ボンバルディアやエンブラエルなどのリージョナルジェットと競合する-600型は、ライバルの同クラスの機体であるエアバスA318ともども苦戦していたが、2012年に生産を終了し、価格表からも削除された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たジェット機

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たコンベア880

    JALエクスプレスの-400型の大半は当初日本航空(JAL)が導入したものを移管されたもので、JAL本体としてはダグラスDC-8以来の単通路機であった。各機体には導入月にちなんだ花の愛称が付けられ、737-400全体には「フラワージェット」の愛称が付いた。なお、植物の愛称が付いたJALフリートとしては過去にコンベアCV880があったが、CV880と同じ名をつけた機体はなかった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たコンベア440

    1965年に、地方路線に数多く残っていたダグラスDC-4やコンベア440などのプロペラ旅客機や、ロッキード L-188などのターボプロップ旅客機を代替する100-150人乗りの小型の短距離用のジェット旅客機として、当時ライバル会社であったダグラスのDC-9に対抗すべく開発が始められた。胴体は先に導入されていた727と同じ設計としている。1967年4月に初飛行、路線就航は1968年2月のルフトハンザドイツ航空より。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たMD-80/MD-90

    -500型は胴体の長さを短くして-200型と同じ収容力にする代わりに、航続距離を伸ばしたタイプで、日本ではエアーニッポン(ANK)が導入した。ANKでは「スーパードルフィン」の愛称をつけている。同社の新造機はボーイングのカスタマーコード「4K」を持つ唯一の機種でもある。日本がボーイングと共同開発する予定だったYSXは、-500型をベースとして90席程度の機体に改造開発するものであったが、1997年にボーイングが同クラスのMD-95をボーイング717として生産することにしたため、実質中止となった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たYSX

    -500型は胴体の長さを短くして-200型と同じ収容力にする代わりに、航続距離を伸ばしたタイプで、日本ではエアーニッポン(ANK)が導入した。ANKでは「スーパードルフィン」の愛称をつけている。同社の新造機はボーイングのカスタマーコード「4K」を持つ唯一の機種でもある。日本がボーイングと共同開発する予定だったYSXは、-500型をベースとして90席程度の機体に改造開発するものであったが、1997年にボーイングが同クラスのMD-95をボーイング717として生産することにしたため、実質中止となった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード