119件中 61 - 70件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たDC-4

    1965年に、地方路線に数多く残っていたダグラスDC-4やコンベア440などのプロペラ旅客機や、ロッキード L-188などのターボプロップ旅客機を代替する100-150人乗りの小型の短距離用のジェット旅客機として、当時ライバル会社であったダグラスのDC-9に対抗すべく開発が始められた。胴体は先に導入されていた727と同じ設計としている。1967年4月に初飛行、路線就航は1968年2月のルフトハンザドイツ航空より。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング727

    ボーイング社の前作ボーイング727とは異なり、エンジンはこの主翼の下に1発ずつ、計2発搭載されている。客室断面はボーイング707以来のものを使用しており、DC-9より太くてA320よりわずかに狭く、標準的なエコノミークラスであれば通路をはさんで横に6列の座席を配置できる。また、ボーイング製の旅客機として初めて2人乗務が可能となった機体でもある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング7J7

    ボーイングが日本と共同開発する予定だった小型機7J7(日本ではYXX)の受注に失敗した後、737シリーズを近代化してエアバスA320に対抗するために開発した機体。1997年より生産が開始された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たジェット旅客機

    生産機数が多い(約7400機でジェット旅客機では世界一。2位のエアバスA320シリーズは約5300機)。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイングY1

    将来は現在構想中の完全な新設計となる、操縦桿方式のフライ・バイ・ワイヤを採用した新単通路機ボーイングY1がその後継となる予定であるが、実現は2020年代以降であり、当分は737の生産を続けるとしている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボーイング717

    -500型は胴体の長さを短くして-200型と同じ収容力にする代わりに、航続距離を伸ばしたタイプで、日本ではエアーニッポン(ANK)が導入した。ANKでは「スーパードルフィン」の愛称をつけている。同社の新造機はボーイングのカスタマーコード「4K」を持つ唯一の機種でもある。日本がボーイングと共同開発する予定だったYSXは、-500型をベースとして90席程度の機体に改造開発するものであったが、1997年にボーイングが同クラスのMD-95をボーイング717として生産することにしたため、実質中止となった。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たエアバスA318

    売れ筋は-700型と-800型で、ボンバルディアやエンブラエルなどのリージョナルジェットと競合する-600型は、ライバルの同クラスの機体であるエアバスA318ともども苦戦していたが、2012年に生産を終了し、価格表からも削除された。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た航空機

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアロハ航空243便事故

    また、ユナイテッド航空585便墜落事故、USエアウェイズ427便墜落事故、アロハ航空243便屋根部分剥離事故など、明白な機体の欠陥もあり、150人以上が命を失っている。また2005年8月14日に起きたヘリオス航空522便墜落事故では121名が一度に亡くなっている。他にも与圧系統にトラブルがあったことが報告されていることもあり、この事故では737クラシックの与圧系統の構造的欠陥説も指摘されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たハイジャック

    絶対数を見れば、航空事故やハイジャックが他機種に比べ非常に多い。その理由は、ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス