119件中 71 - 80件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアメリカ合衆国

    ボーイング737()は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ボーイング社が製造する小型ジェット旅客機である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故

    また、737クラシックでは、エンジンの欠陥でブリティッシュミッドランド航空092便墜落事故などが発生し、飛行が差し止められたことがある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たロッキード

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たヘリオス航空522便墜落事故

    また、ユナイテッド航空585便墜落事故、USエアウェイズ427便墜落事故、アロハ航空243便屋根部分剥離事故など、明白な機体の欠陥もあり、150人以上が命を失っている。また2005年8月14日に起きたヘリオス航空522便墜落事故では121名が一度に亡くなっている。他にも与圧系統にトラブルがあったことが報告されていることもあり、この事故では737クラシックの与圧系統の構造的欠陥説も指摘されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たアメリカ空軍

    T-43:-200型を基にしたアメリカ空軍の練習機。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たボルト (部品)

    737NGシリーズの機体全損事故のうち死者無しの事故は、2007年8月20日に那覇空港で発生したチャイナエアライン120便炎上事故である。この事故では製造段階に於けるボルトの取り付けの不具合が原因と考えられている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たオーストラリア

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たP-8 (航空機)

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たタラップ

    設備が貧弱な地方の中小空港や、騒音規制の厳しい大都市の空港間を頻繁に離着陸する短距離路線において使用されることを想定し、短い滑走路での離着陸や、短時間での巡航高度への上昇を実現するために、主翼には比較的強力な高揚力装置が装備されている他、主脚は飛行中の外気導入による自動冷却効果を狙い機体の「くぼみ」にはめ込むタイプのため、引き込んだ状態でも車輪の側面が剥き出しになる。さらに、エアステア(機体内蔵タラップ)をオプションで装着できるなど、さまざまな技術、装備が導入されている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たC-40 (航空機)

    C-40:C-40AはC-9Bの後継としてアメリカ海軍に導入された輸送機。C-40BおよびC-40Cはアメリカ空軍の高官輸送機。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス