119件中 81 - 90件表示
  • ボーイング737

    ボーイング737から見た早期警戒管制機

    737 AEW&C:-700型を基にした早期警戒管制機。オーストラリア空軍・トルコ空軍・大韓民国空軍が採用した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た航空事故

    絶対数を見れば、航空事故やハイジャックが他機種に比べ非常に多い。その理由は、ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たイタリア

    P-8(737 MMA:多用途海上航空機、737-800ERXをベース):現在アメリカ海軍が開発している、ロッキードP-3オライオンの後継となる次期対潜哨戒機。オーストラリア・イタリア・カナダがプロジェクトに参加している。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た開発途上国

    途上国の航空会社においては、経済的な理由から737NGシリーズやA320シリーズなどの最新鋭機を導入する余地があまりないため、他社で使い古した737(第1・第2世代)を中古で購入し、機齢が20年以上ある経年機も運航せざるを得なくなることがある。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たT-43 (航空機)

    T-43:-200型を基にしたアメリカ空軍の練習機。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たオーストラリア空軍

    737 AEW&C:-700型を基にした早期警戒管制機。オーストラリア空軍・トルコ空軍・大韓民国空軍が採用した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見た尾翼

    新鋭777の技術をふんだんに盛り込んだ最新鋭のハイテク機シリーズで、主翼が翼幅、翼面積ともに拡大された新設計のものに変えられ、これに応じて尾翼も大きくされている。コックピットも最新のものになっており、大型の液晶画面が装備され、後に左席のみオプションでヘッドアップディスプレイも装備できるようになった。操縦資格は同一の機種限定(日本の場合はボーイング式737型)で飛行可能。ベストセラー機である737シリーズの資格を持つ多くのパイロットが、最新型でも新たな国家資格取得が不要な為、運航会社はコストと手間を抑えることが出来る。この事をセールスポイントとしたボーイングの販売戦略が、737型機の販路を更に広げる事に成功した。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たローカル線

    内装を変えてビジネスジェットに用いられるなど、737=短距離用・ローカル線用機材の概念も崩れつつある。ただ、胴体断面はボーイング707以来ほとんど変わっておらず、そのため貨物室がコンテナに対応できないという問題点はそのままである。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たフライ・バイ・ワイヤ

    将来は現在構想中の完全な新設計となる、操縦桿方式のフライ・バイ・ワイヤを採用した新単通路機ボーイングY1がその後継となる予定であるが、実現は2020年代以降であり、当分は737の生産を続けるとしている。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング737

    ボーイング737から見たCFMインターナショナル CFM56

    エンジンはCFM56-7B型に統一されている。主翼端にはオプションでウィングレットを装備でき、離陸性能や燃費の向上が図れる(航行距離が長いほど燃費改善が大きく期待できる)。このウイングレットは翼端をそのまま上に持ち上げたような形状のため「ブレンデット・ウイングレット」と呼ばれている。このほか、燃料容量の増加もあって長距離飛行(最大航続距離がそれまでは3,000 - 4,000km前後だが、NG型は5,550 - 6,000km前後)が可能になったものもあり、名前は737のままだが、外観はともかく、内容はほとんど別の機体である。ボーイング737 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「ボーイング737」のニューストピックワード

  • ユニー・ファミリーマートホールディングス

  • 差」 経営分析の一歩は誰でも割り算で踏み出せる

  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス