前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
407件中 1 - 10件表示
  • 日本航空123便墜落事故

    日本航空123便墜落事故から見たボーイング747ボーイング747

    日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日18時56分に、日本航空(JAL、正式名はJAPAN AIRLINES)123便、東京(羽田)発大阪(伊丹)行、ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)に墜落した事故である。日本航空123便墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪国際空港

    大阪国際空港から見たボーイング747ボーイング747

    発着回数が年間13万5000回に制限された状態での空港運用となったが、空港利用者数は増加を続け、1980年代には年間利用者数2000万人を超えた。DC-10やボーイング747、ボーイング767などの新型機が導入されるなど、航空機の大型化がさらに進んだ。同時に航空機の低騒音化や防音設備の強化も進められるなど、1980年代は周辺住民との和解に向けて前進をはじめた時期でもあった。大阪国際空港 フレッシュアイペディアより)

  • 旅客機

    旅客機から見たボーイング747ボーイング747

    1962年から始まったアメリカ空軍の新輸送機開発開発プロジェクトによって高バイパス比ターボジェットエンジンが開発された。従来のバイパス比が1から1.5程度だったものを一気に5から6程まで上げることで、燃料消費率が大きく向上した。ボーイング747に代表されるワイドボディ機の登場も乗客あたりの運航経費を引き下げることに寄与した。また、第二次世界大戦後の欧米や日本では、安価な原油価格の下で経済成長が進む。旅客機 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール航空

    シンガポール航空から見たボーイング747ボーイング747

    1980年12月1日 シンガポール-成田-ロサンゼルス線を開設。当時の使用機材はBoeing747-200だった。シンガポール航空 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング777

    ボーイング777から見たボーイング747ボーイング747

    日本では全日本空輸と日本航空が開発決定直後に発注の上、1998年より導入し全機国内線で運航されている。全日本空輸は747-100SR型機の、日本航空は747-100SRおよび-300SRの後継機として導入した。海外の航空会社では国際線に投入されており、成田、羽田、関西などの空港で頻繁に目にすることができ、日本にはなじみの深い機体である。2006年4月からの四発機の規制により伊丹発着の幹線の主力となっている。ボーイング777 フレッシュアイペディアより)

  • ハイジャック

    ハイジャックから見たボーイング747ボーイング747

    1970年9月6日:トランス・ワールド航空のボーイング707型機、スイス航空(2001年破綻、スイスエアラインズが引継いでいる)のDC-8型機、エルアル・イスラエル航空のボーイング707型機、パンアメリカン航空のボーイング747型機の計4機の旅客機が同時にハイジャックされ、同乗していた私服警備員が犯人を銃撃戦の末取り押さえたエルアル航空機と、着陸できなかったパンアメリカン航空機以外の旅客機がヨルダンの砂漠にある元イギリス軍の空軍基地跡地に強制着陸させられ、その直後にはブリティッシュ・エアウェイズ機もハイジャックされて同じ空軍基地に強制着陸させられた。その後、全ての乗客が解放された後に3機が同時爆破された。収監されている同志の釈放を狙ってPFLPが起こした事件であった(PFLP旅客機同時ハイジャック事件)。ハイジャック フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747-400

    ボーイング747-400から見たボーイング747ボーイング747

    ボーイング747-400()は、アメリカのボーイング社が開発した大型旅客機、ボーイング747のモデルの一つ。いわゆる「ハイテクジャンボ」である。このモデル登場以降、これより前のモデルは「747クラシック」と呼ばれるようになった。ボーイング747-400 フレッシュアイペディアより)

  • YX

    YXから見たボーイング747ボーイング747

    この頃、DC-10と747の2機種が存在していた。加えて、更なる競合機としてL-1011とA300が開発中であったが、その開発費が高騰しており、莫大な開発費を要する大型機については、大口受注が無ければ開発に踏み切るのは危険であることから、綿密な市場調査を必要とし、そのために時間を要してさらに開発費を高騰させる原因となった。YX フレッシュアイペディアより)

  • CLUB ANA

    CLUB ANAから見たボーイング747ボーイング747

    45/47体制の崩壊により、日本航空が独占していた日本の航空会社による国際線事業に、全日本空輸が成田-ワシントン線などで初めて進出した1986年、後発航空会社のハンディを克服し収益率の高いビジネス客を獲得するため、他社のボーイング747型機では標準的であった横7列(2-3-2)の配列に対して、横6列(2-2-2)の「スーパーエグゼクティブクラス」を導入した。その後、横7列(2-3-2)の配列に戻すが、国際的にさらに競争力を持つためにサービス強化を図ることになった。CLUB ANA フレッシュアイペディアより)

  • DC-8

    DC-8から見たボーイング747ボーイング747

    DC-8には上記のもの以外にも独特の技術が数多く採用され、フラッシングトイレやコックピット座席シートに使われる布素材(ギャバジンと呼ばれるズボンが摩擦することで起こる光沢を防ぐ布)など、多岐にわたって分析・開発が行われた。また、技術革新に併せて多くの派生型が作られ、特に胴体長を標準型に比べ10メートル以上延長し、当時世界最大の250人以上の座席数を持つ-61/-63(と-71/-73)が、乗客数増大への対応を望んだ航空会社の人気を博した。これに対しライバルのボーイング707は主脚の長さが短く、胴体を延長すると離着陸時に尻もちをついてしまう上、設計上主脚を長いものに変更することが出来ないことから胴体延長が出来ず、販売上大きな打撃をこうむることとなった。この事が後に世界最大の旅客機となったボーイング747の開発理由の1つとなった。DC-8 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
407件中 1 - 10件表示

「ボーイング747」のニューストピックワード